建設仮勘定

Pocket

建設仮勘定とは、有形固定資産の建設や製作において、建設事業のために供した支出や建設目的で充当した材料の経費のことである。

建設仮勘定とは、固定資産へ振り返る以前における経費を計上する金額のことであり、建設仮勘定の勘定項目で管理できる。建設仮勘定として計上される経費には、建物や構築物、機械装置や船舶などの有形固定資産の建設や製作のために必要な費用が含まれる。

建設仮勘定では他にも、工事の完成や建物の引渡までの支払い、あるいは前払いした工事費や材料費、労務費などの経費が会計管理される。

建設仮勘定には、建設目的で購入した機械設備で保管しているものや、建設請負工事の内金や手付金なども計上される。また車両運搬具や工具器具備品などを取得するための前払金も、建設仮勘定の勘定項目で会計管理できるのだ。

建設仮勘定として計上される有形固定資産は、未だ事業に使用されていないため、非減価償却資産として区分されるが、使用された部分に関しては減価償却する必要がある。

<関連記事>
仮払金の仕訳はどうする?財務諸表での位置付けと取り扱い

【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料


マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる