• 更新日 : 2020年6月10日

仕入割引とは

仕入割引とは、会社の売上品の数量が不足し、品質に問題があるなどの理由で、本来の価格から控除される金額のことであり、通常仕入高から該当の金額が差し引かれる。

また、仕入割引は、品物の仕入れに必要な支払い金額に対する利息とみなされるため、会計上では金融上の収益として計上される。仕入割引を計上するのは、商品の仕入れ代金を支払う時点で行なわれる。

仕入れ割引により控除される金額や、決められていた期日よりも前に支払ったことによる割引代金などは、一般的には仕入割引の勘定科目で計上する。

仕入割引は、仕入れに対して支払った費用の返還であるため、仕入取引自体に税金がかかる場合には、仕入割引にも税金がかかる。仕入値引や支払い期日前の仕入割引などと区分して、分類することで正確に反映することができる。

支払日の期日よりも前もって支払った場合、一部の費用が免除されるが、品物の仕入側は仕入れ割引として計上処理する。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。