• 作成日 : 2022年8月5日

フリーランスがビジネス用クレジットカードを作る際のポイント

フリーランスがビジネス用クレジットカードを作る際のポイント

フリーランスや個人事業主は収入が変動しやすいため、ビジネス用クレジットカード(法人カード)の審査に通過するのが難しいとされています。

審査に問題なく通過できるように、申し込み前にすべきことを押さえておきましょう。本記事では、フリーランスがビジネス用クレジットカードを作る際のポイントなどを解説します。

フリーランスがビジネス用クレジットカードを作るときのポイント

ビジネス用クレジットカードを作る際は、クレジットカード会社の審査に通過しなければいけません。審査の内容は明かされていませんが、審査通過の可能性を高めるためには、申し込み前に以下のポイントを押さえておくことが大切と言われています。

開業届を出しておく

ビジネス用クレジットカードを申し込む際は、前もって開業届を税務署に提出しておくことが重要です。開業届を出しておくと、個人事業主として事業を営んでいることを証明できるため、ビジネス用クレジットカードの審査に通過できる可能性が高くなります。

また、審査を有利に進めるためには屋号付き口座を開設しておくことも有効です。屋号は法人にとっての会社名にあたるもので、カード申し込み時の勤め先欄に記入するのが基本です。ビジネス用クレジットカードの申し込みに屋号付き口座を用いると、個人事業主としての信用性を高められます。

参考:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続丨国税庁

信用情報を確認しておく

ビジネス用クレジットカードの審査では、信用情報(クレジットヒストリー)をチェックされるのが一般的です。クレジットカードやローンを利用すると、取引状況や過去の履歴が信用情報機関に登録されます。支払い遅延は事故情報として扱われ、事故情報がある場合は審査が不利になる可能性が高いです。

自身の信用情報は、信用情報機関に問い合わせると確認できます。​カードを申し込む前に信用情報を確認し、自身のステータスでも審査に通過できそうなカード会社を選ぶのがおすすめです。

参考:信用情報とは丨CIC

キャッシング枠はゼロにしておく

ビジネス用クレジットカードの審査に通過できるか不安な場合は、キャッシング枠をゼロにしておくと良いでしょう。貸付金の未回収リスクが高まることから、キャッシング枠を資金繰りに利用することはクレジットカード会社にとって好ましいことではありません。

キャッシング枠をゼロまたは最低額に設定しておくと、事業資金に充てるためではないとアピールできるため、審査通過の可能性が高くなります。

固定電話も登録する

ビジネス用クレジットカードを申し込む際は、携帯電話だけではなく固定電話も登録すると良いと言われています。固定電話を登録しておくと、仕事環境が整っているとアピールできて好印象を与えられます。

また、もしものときに連絡がつきやすいため、携帯電話しか登録しない場合に比べて信用性がアップするでしょう。

フリーランスはクレジットカードの審査に通りづらい?

フリーランスがクレジットカードを作りたい場合、審査に通過できるのかどうか心配な人もいるでしょう。ここでは、個人用クレジットカードとビジネス用クレジットカードの審査について解説します。

なお、個人用クレジットカードとビジネス用クレジットカードの違いについては、下記記事で詳しく解説しています。

個人用クレジットカードの場合

個人用クレジットカードの審査では、雇用形態や勤続年数が重視されます。フリーランスは収入が変動しやすいことから、特定の勤め先がある会社員に比べて審査通過が難しいでしょう。

ただし、フリーランスだからといって必ずしも審査に落ちるとは限りません。「売上実績を積み重ねる」「限度額の設定を少なくする」などの工夫をすると、審査に通過できる可能性があります。

また、独立してフリーランスになろうと考えている人で、独立後に個人用クレジットカードを作れるかどうか不安な場合は、収入が安定している会社員のうちに申し込んでおくのが得策です。

ビジネス用クレジットカードの場合

ビジネス用クレジットカードは利用代金が大きくなりやすいことから、個人用クレジットカードよりも審査が厳しい傾向にあります。特にフリーランスは収入の安定性と返済能力を不安視されやすいため、ビジネス用クレジットカードの審査に通過するのは簡単なことではないでしょう。

ただし、なかにはフリーランスや個人事業主を対象とした小規模事業者向けのカードも存在します。審査通過の可能性を上げたい場合は、フリーランスや個人事業主でも比較的作りやすいと謳っているカードに申し込むのがおすすめです。

ビジネス用クレジットカードを持つメリット

フリーランスがビジネス用クレジットカードを持つメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  1. 事業用とプライベート用でカードを使い分けられる
  2. 経理業務や確定申告にかかる手間を削減できる
  3. 限度額を増やせる可能性がある
  4. 事業に役立つ付帯サービスを利用できる
  5. キャッシュフローの改善が期待できる

ビジネス用クレジットカードは事業の効率化に役立つため、フリーランスは1枚作っておくのがおすすめです。

ビジネス用クレジットカードを持つデメリット

ビジネス用クレジットカードはフリーランスにおすすめできるツールですが、以下のデメリットには注意が必要です。

  1. キャッシング枠を設定できないことがある
  2. 分割払いやリボ払いに対応していないことがある
  3. 事業用とプライベート用でカードを使い分けるとポイントが貯まりにくくなる
  4. 個人用クレジットカードに比べて年会費が高い傾向がある

メリット・デメリットを理解したうえで、自分にとって役立つ1枚を選びましょう。

工夫次第でフリーランスでもビジネス用クレジットカードを作れる

フリーランスは収入の安定性や返済能力を不安視されやすいことから、ビジネス用クレジットカードを持つのは難しいとされています。ただし、開業届の提出や固定電話の登録などの工夫をすれば、フリーランスでもビジネス用クレジットカードを作ることは可能です。

ビジネス用クレジットカードを持つと、事業を効率的に進めやすくなります。一括払いが基本である点や、年会費が高めである点には注意が必要ですが、フリーランスがビジネス用クレジットカードを持つメリットは大きいでしょう。

事業に役立つツールとして、ビジネス用クレジットカードの発行を検討してみてください。

よくある質問

フリーランスがビジネス用クレジットカードを作る際に気をつけたいポイントはありますか?

開業届の提出や固定電話の登録を済ませておくと、審査通過の可能性が高まります。信用情報に問題がないかを確認したり、キャッシング枠をゼロに設定したりすることも重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

フリーランスはクレジットカードの審査に通りづらいですか?

収入の安定性や返済能力を不安視されることから、審査通過は難しいとされています。ただし、いくつかの工夫をすれば、フリーランスでも審査に通過することは不可能ではありません。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード Pay for Business

法人カード(ビジネスカード)に関するお役立ち情報を提供します。
法人カードならマネーフォワードの「マネーフォワード ビジネスカード」。初期費用・年会費無料で、スマホアプリからも申し込み可能。マネーフォワード クラウドとの連携で決済データをリアルタイムで確認できます。

関連記事