• 作成日 : 2022年11月18日

接待が多い場合の法人カードの選び方について解説

接待が多い場合の法人カードの選び方について解説

接待が多い場合は、接待に適した付帯サービスを提供している法人カード(法人向けクレジットカード)を選ぶと良いでしょう。例えば、特別な雰囲気のお店を紹介してくれるコンシェルジュサービスや、飲食店で優待を受けられるサービスなどが付帯した法人カードなどがあります。

今回は、接待に注目した法人カードの選び方について解説します。

広告

接待の際に活用できる法人カードのサービスは?

法人カードには、接待に活用できるサービスが付帯しているものもあります。法人カードによって対応しているサービスの種類が異なるので、利用したいサービスがあるか確認してから申し込むようにしましょう。

よくあるサービスとしては、飲食店や切符、レンタカーなどの手配を頼める「コンシェルジュデスク(サポートデスクサービス)」があります。接待に利用できるレストランを教えてもらったり、予約が取りづらいレストランや料亭などの席を確保してもらったりできることもあるので、店選びに自信がない方でもスムーズな接待を実現できるでしょう。

またカード会員のみの特別なお店を利用できるサービス、新車を社用車として乗れるサービス、打ち合わせの場を借りられるサービス、空港ラウンジをゲスト込みで利用できるサービスなどを提供しているクレジットカード会社もあります。ただし、充実した内容のサービスは、プラチナカードなどの上位カードだけというケースも多いので注意しましょう。

法人カードを接待で利用する機会が多いなら、ポイントやマイルが貯まりやすいかどうかもカード選びの重要な要素になります。ポイント還元率や有効期限、ポイントをどのように使うのか(現金として還元されるのか、カタログから商品を選ぶのかなど)も確認しておくと、より満足度の高い法人カードを選べます。

法人カードのポイントやマイルの還元率については、下記記事で解説しています。

カードのランクによってサービスは異なる

同じクレジットカード会社が提供している法人カードでも、ランクによって対応しているサービスが異なる点に注意しましょう。

例えばプラチナカードであれば、サポートデスクサービスに24時間いつでも専門のスタッフが待機し、時間を問わず電話対応が可能なこともあります。しかし一般カードでは、平日の日中しかスタッフによる対応が提供されていないことも少なくありません。

空港ラウンジサービスも、一般カードで入れるラウンジとプラチナカードで入れるラウンジに違いがあることも多いです。どのようなグレードのサービスを求めるのかによっても、最適な法人カードは異なります。

接待の際にはコンシェルジュデスクの活用が便利

コンシェルジュデスクとは、個人秘書サービスのようなものです。すべての法人カードに付帯しているサービスではなく、プラチナカードなどの一定ランク以上についていることが一般的です。

コンシェルジュデスクを利用すると、ホテルやレストランの予約を取ってもらったり、接待に適した飲食店を教えてもらったりできます。海外のレストランにも対応していることがあるので、その場合は海外での接待などにも活用できるでしょう。

また一部の人気レストランではカード専用の枠があるため、比較的予約が取りやすいこともメリットです。演劇のチケットや航空券などにも対応しているだけでなく、旅行プランの相談などもできます。ビジネスをスマートかつスムーズに進めるアシスタントとして、コンシェルジュデスクを活用すると良いでしょう。

広告

飲食店での優待を接待に活用する

法人カードには、飲食店で利用できるさまざまな優待サービスを提供しているものもあります。例えば、複数人でレストランに行きコース料理を頼むと、1人分が無料になるサービスを提供している法人カードもあります。
上手に優待サービスや割引サービスを活用すれば、接待費を抑えることもできるでしょう。

クレジットカード会社が、予約が取りにくいレストランや一見さん不可の料亭に優先枠を持っていることもあります。なかなか経験できないサービスを取引先に提供することで、質が高く印象的な接待を実現することもできるでしょう。

接待にも法人カードを利用する可能性が高い場合は、契約前に飲食店関係の優待サービスの内容を詳しくチェックしておくと良いでしょう。

イベントの優待を接待に活用する

法人カードの優待サービスは、飲食店関係のものに限られているわけではありません。例えば、著名人の講演会の枠などを提供していることもあります。

法人カードによっては、カード会員の交流イベントも実施しています。イベントを通して知り合いや取引先が増え、ビジネスがさらに広がるかもしれません。

その他にも、美術館やテーマパークの貸切イベントなどを提供している法人カードもあります。いずれも無料あるいは優待価格で利用できるので、接待だけでなく福利厚生代わりにも活用できます。

プライオリティ・パスを活用できる場面も

取引先と一緒に海外へ行く機会が多いのであれば、プライオリティ・パスが付帯している法人カードも選択肢に入れると良いでしょう。

基本的には、プライオリティ・パスはプラチナカード以上のハイステージカードのみに付帯しているサービスです。その分、年会費が上がることや追加費用がかかることもあるので、申し込む前に確認しておきましょう。

プライオリティ・パスを利用できる場合は、海外の空港でカード保有者本人と同伴者がプライオリティ・パス会員向けのVIPラウンジを利用できるようになります。ただし、原則としてカード保有者は無料で利用できますが、同伴者は無料のことや1人あたりいくらかの費用が発生することもあります。

VIPラウンジではドリンクや軽食が無料で提供されます。出発前の食事の場、休憩する場としても活用できるので、取引先と有意義な時間を過ごせるでしょう。また、一般のラウンジは混雑していても、プライオリティ・パス会員向けのVIPラウンジは比較的空いているため、くつろいで過ごせることもメリットです。

プライオリティ・パスについては以下の記事でも解説しているので、あわせて確認ください。

サービス内容に見合った年会費かどうかもチェックしよう

法人カードでは、接待に活用できるさまざまなサービスを提供しています。上手に活用することで接待費用を節約したり、より質の高い接待を取引先に提供したりできるでしょう。

ただしサービスの内容や質が充実していると、プラチナカードなどのハイランクのカードを選ぶことになり、年会費が高くなることもあるので注意が必要です。接待で利用することが多い場合は、十分に元は取れますが、あまり活用しない場合には年会費に見合わない可能性もあります。

法人カードに申し込むときは、サービス内容に見合った年会費か、サービスを十分に活用できるのか、よく確認しておきましょう。

広告

よくある質問

法人カードの付帯サービスで接待に活用できるものはありますか?

コンシェルジュデスクや飲食店優待サービス、プライオリティ・パスなどを活用できるものがあります。クレジットカード会社がレストランの予約優先枠を持っていることもあるため、質の高い接待に活用できるケースもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

コンシェルジュサービスは接待に使えますか?

コンシェルジュサービスでは旅行プランを立ててくれたり、予約困難なレストランの席や観劇のチケットをおさえてくれたりすることがあります。満足度の高い接待を提供したいときにも活用できます。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード Pay for Business

法人カード(ビジネスカード)に関するお役立ち情報を提供します。
法人カードならマネーフォワードの「マネーフォワード ビジネスカード」。初期費用・年会費無料で、スマホアプリからも申し込み可能。マネーフォワード クラウドとの連携で決済データをリアルタイムで確認できます。

関連記事