損失申告とは

青色申告では、年間で損失が発生した場合に確定申告を行うことで翌年以降最長3年間にわたって繰り越すことが可能となっています。これを損失申告といいます。

通常は年間で損失が出ている場合は、源泉徴収の有無に関わらず、確定申告の義務はありません。

簡単にいうと、損失分を利益で相殺することが可能となっています。たとえば、2014年が年間を通じて40万円の赤字になった場合で、翌年に100万円の黒字が出た場合、翌年の100万円-前年の40万円を差し引いた60万円が利益としてみなされます。

つまり本来であれば、100万円に対してかかった税金が60万円のみにかかることになります。

実際の計算式は下記の通りです。計算上、税率を20%と仮定します。

2014年度 年間利益 40万円の赤字

2014年度の確定申告を行う

2015年度 年間利益 100万円の黒字

100万円-40万円=60万円 ※年間利益が60万円としてみなされる

上記より2015年度は、40万円分が繰り越されて、60万円とみなされています。

2014年度に確定申告をせず2015年度利益+100万円で確定申告した場合

100×20%=20万円

2014年度に確定申告をして2015年度に利益+40万円で確定申告した場合

40×20%=8万円

上記より、損失の繰越で12万円も税金が安くなっていることがわかります。繰越は3年間できます。例えば

2014年度 年間の利益 300万円の赤字

2014年度の確定申告を行う(損失の繰越)

2015年度 年間の利益 10万円の赤字

2015年度の確定申告を行う(損失の繰越)

2016年度 年間の利益 90万円の黒字

相殺(繰越の適用)310+10-90=-230万円

2016年度の損失の繰越分は230万円となる

2017年度 年間の利益 350万円の黒字

相殺(繰越の適用)350-230=120万円

2017年度の売却益は損失の繰越により120万円となる。

確定申告時の損失申告に必要なもの

・申告書B(第一表・第二表)
申告書第四表(損失申告用)

損益の通算ができない損失も

上記で計算方法などを紹介しましたが、なんでも赤字であれば適用されるわけではなく、適用されないケースもあります。下記が一例になります。

1.青色申告をしていない場合
2.利子所得
3.雑所得
4.給与所得
5.一時所得
6.配当所得
7.退職所得
8.事業用を除いた競走馬や貴金属など、生活に必要ではないと認められるものの資産について生じた赤字
9.非課税所得のものに生じた赤字
10.先物取引にかかる雑所得等の金額の計算上に生じた赤字

などがあげられます。

手続きを忘れてしまった場合

損失の繰越控除の申告を、期限内に忘れた場合であっても、青色申告の要件を満たす場合には、期限後申告によって、繰越控除の適用を受けることができます。
しかしそうは言うものの、期限内の提出を心掛けることが皆様にとって、一番のメリットにつながると考えられます。

監修:土屋 英則 (税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

Pocket