確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。

青色申告における申請手続き

青色申告を行なうためには、所得税法第144条、所得税法第166条により定められた規定に従い手続きを行なうことで、事前に承認を受ける必要があります。具体的に見ていきたいと思います。

申請要件

対象者:事業所得、不動産所得、山林所得のいずれかの収入があり申請期限までに所管の税務署長へ青色申告承認申請書を提出し、承認を受けた個人事業主や法人など

申請時期:青色申告書による申告を行なう年の3月15日まで。その年の1月16日以降に新規開業をした場合には、開業の日から2か月以内
※提出期限が土・日曜日・祝日などの場合には、その翌日が期限となります。

必要書類:青色申告承認申請書

提出方法

申請は、青色申告承認申請書を納税地の税務署長に対して提出することで行います。 具体的には、税務署の窓口への提出、税務署への郵送による提出の2通りの方法があります。

青色申告承認申請書は、税務署で受け取るものでも国税庁のホームページからダウンロードしたものでも問題なく使用できます。

申請後の流れ

申請の審査期間は、審査内容やそのときの処理件数などにより異なります。

申請書の提出後に税務署が行なう審査では、1年以内に青色申告の承認取消しの通知を受けていないか、青色申告の取りやめ届出書を提出していないかの2点が確認されています。

青色申告承認申請書を提出した後、申請の承認を受けると「所得税の青色申告決算書」と「所得税の確定申告書」の記入用紙が郵送されてきます。また、国税庁のホームページからダウンロード、印刷することも可能です。

また、e-Taxを選択すると、国税庁のホームページ上で「所得税の青色申告決算書」と「所得税の確定申告書」の作成が可能です。
※e-Taxによる作成を行なうためには、以下の3点の準備が必要となります。

・居住地における住基カードへの登録
・電子証明書及び電子署名の取得
・ICカードリーダライタの用意

また、青色申告承認申請書の提出を行なうと、税理士・青色申告会などによる記帳に関する指導を無料で受けられるようになります。

なお、青色申告の承認取消しの通知を受けた場合、通知を受けた日の翌日から2か月以内であれば、その処分を行なった税務署長に対して異議申立てを行なうことができます。

白色申告での申請手続きの有無

一方で、白色申告は、税法上の規定ではなく、青色申告以外の申告のことを指すものであり、青色申告の申請を行わなかった全ての方が行なう申告方法となります。そのため、白色申告による確定申告を行なう際には、青色申告のように事前に申請手続きを行う必要はありません。



記帳義務化に対応の白色申告フリーソフト
白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や白色申告はサポート充実の白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。

Pocket