所得税の計算方法については、青色申告も白色申告も基本的には同じです。今回は事業所得者の白色申告の計算方法と収支内訳書の書き方についてみていきます。なお、計算が複雑になるので、復興特別所得税は省略しています。

白色申告の所得税額計算のしかた

所得税は、1年間で得た収益にたいして課税されるものなので、まず1年間の売上合計を計算します。そこから、その収益を得るのにかかった経費を差し引きます。経費を差し引いた額を税法上「所得金額」といいます。計算式で表すと次のようになります。

売上合計 − 経費 = 所得金額

(例)1年間の売上合計が1,000万円で経費が400万円かかった場合

1,000万円 − 400万円 = 600万円

所得金額は、事業での純粋な利益になりますが、政策上の理由から、その収入から控除してもよい金額が定められています。具体的には、誰でも控除することが認められている基礎控除(38万円)や生命保険料を支払っている場合に受けられる生命保険料控除などです。これらを税法上「所得控除」といい、所得から差し引くことができることを指します。

一方で、所得控除を差し引かれた金額は「課税所得」と言われ、この数字を基準に税額が決まっていきます。ここまでを計算式で表すと次のようになります。

所得金額 − 所得控除 = 課税所得

(例)基礎控除38万円と生命保険料控除として5万円受けられる場合

600万円 − 43万円(38万円+5万円) = 557万円

課税される所得金額が計算できたら、それに税率を掛けて税額を計算します。税率は、累進課税といって、所得金額によって変わります。税率の算定の計算式は次の通りです。なお、課税所得金額は1,000円未満は切り捨てて考えます。

1,000円〜194万9,000円 課税所得 × 0.05
195万円〜329万9,000円 課税所得 × 0.1 − 97,500円
330万円〜694万9,000円 課税所得 × 0.2 − 42万7,500円
695万円〜899万9,000円 課税所得 × 0.23 − 63万6,000円
900万円〜1,799万9,000円 課税所得 × 0.33 − 153万6,000円
1,800万円以上 課税所得 × 0.4 − 279万6,000円

 

(例)課税される所得金額が557万円の場合

557万円 × 0.2 − 42万7,500円 = 68万6,500円

本件事例では、税額は68万6,500円と計算されました。では計算は、これで終わりなのかというとそうではありません。ここからさらに配当控除や寄付金控除といった税額控除をすることが認められています。これも政策的に決められているのですが、税金から直接控除が認められているため、この項目の金額が大きい場合、節税効果が高くなります。

課税される所得に対する税額 – 税額控除

(例)配当控除が6,500円 寄付金控除が30,000円ある場合

68万6,500円 − 36,500円(6,500円+30,000円) = 65万円

税額控除をして求めたこの650,000円を「差引所得税額」といいます。さらに源泉徴収されている税額や予定納税している場合には、それを差し引きます。

差引所得税額 – 源泉徴収税額 – 予定納税額

(例)源泉徴収税額が10万円、予定納税額が20万円ある場合

65万円 − 10万円 − 20万円 = 35万円
この35万円が所得税の納税額となります。控除される金額はいろいろとあって、ここでは紹介しきれませんが、基本的な計はこれですべてです。

収支内訳書の書き方

次に、白色申告の収支内訳書の書き方について簡単に解説します。

収支内訳書1ページ目の大きな構成は、(1)収入金額、(2)売上原価、(3)経費、(4)専従者控除、(5)所得金額の5つです。計算式で表すと次のようになります。

収入金額 − 売上原価 − 経費 − 専従者控除 = 所得金額

ここで、聞き慣れない言葉としては「専従者控除」があると思います。家族に給料を支払っても原則として経費にはなりませんが、一定の要件を満たし場合には、白色申告であっても配偶者であれば86万円、配偶者でなければ50万円、もしくは事業所得額を専従者の数に1を足した数で割った金額、のどちらか低い方の金額を控除することが認められています。

収支内訳書2ページ目の構成は、売上と仕入れの内訳、減価償却費の計算、地代家賃、利子割引料の内訳となっています。記入するうえでとくに難しいところはありませんが、減価償却費のところは、資産毎に償却方法を選択できるので、その点は注意してください。また、自宅で事業を行っているような場合、事業に使っている割合を事業専用割合の欄に記入する必要があります。

参考:平成25年分 収支内訳書(一般用)の書き方|国税庁

以上のとおり、順番を追って計算していけば税額の計算は決して難しいものではありません。白色申告であってもきちんと計算して、正しく記入することを心がけましょう。また、会社員など自身で確定申告をする必要のない方でも計算方法を覚えておくことで、節税へとつなげることができるでしょう。



MFクラウドExpo2018 2018.10.5 FRI開催


記帳義務化に対応の白色申告フリーソフト
白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や白色申告はサポート充実の白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。

Pocket