個人事業主は、開業届けを出していても、いなくても、あるいは、儲かっていてもそうでなくても、確定申告をする必要があります。そして、申告方法には2通りの方法があります。「白色申告」と「青色申告」です。起業して間もないから、売上がそれほど多くないから、面倒のない白色申告で十分、と思っている人も多いようですが、本当にそうなのでしょうか?

ここでは、白色申告のメリットとデメリットについて考えてみました。

白色申告の概要

日本の所得税は、納税者が正しい所得と税額を計算して申請し、納税する「申告納税制度」が採用されています。

正しい所得額および税額を導き出すためには、売上などの入金額や、かかった経費など、日々の売買、取引の成り行きを記録しておく必要があります。こうしたことから、青色申告では、しかるべき帳簿や書類をつけ、保管するように決められています。

一方、白色申告では、平成25年までは前々年分または前年分の所得の合計が300万円を超えない場合、記帳と帳簿書類の保管は義務づけられていませんでした。ところが平成26年1月から制度が変わりました。

平成26年からの記帳と帳簿等の保存について

白色申告者は、前年度や前々年度の所得が300万円未満であっても、平成26年1月からは記帳と帳簿等書類を保管しなければならなくなりました。

対象となるのは、事業所得、不動産所得や山林所得の生じるすべての人です。赤字などで所得税の申告をしなくて良い人であっても、記帳と帳簿の保管は必要になります。

記帳する内容は、日々の売上、収入金額、仕入れや経費に該当する事項、取引の行われた年月日、売上先や仕入先など取引相手の名前、金額等です。ひとつひとつの取引ごとではなく、日々の合計金額をまとめるなど簡易な方法で記帳してもかまいません。

注意しなければならない点としては、これにともなって帳簿の保存期間が変更になる人が出てくるという点です。

平成25年までは、所得が300万円未満の人は記帳制度対象者にはあたらなかったため、帳簿の保存期間は5年で済みました。ですが、平成26年からは全ての人が記帳制度対象者になるため、帳簿の保存期間は7年になります。

一部の人は保存期間が2年延びることになるので、注意が必要です。

白色申告の数少ないメリットが消滅

白色申告の場合、「開業したので白色申告にします」などと税務署へ申請する必要がありません。青色申告の申請をしなければ自動的に白色申告になります。

また、青色申告のように複式簿記で帳簿をつける必要がありません。

青色申告のような特別控除はなく、専従者の給料の全額は経費として計上できませんし、基本的には赤字を繰り越せないなどのデメリットはありましたが、シンプルで簡単な点が白色申告の最大のメリットだったといえます。

青色申告への変更の好機

青色申告でも複式簿記ではなく簡易簿記の帳簿付けが可能です。その場合は青色申告の最大のメリットとも言える「65万円の特別控除」は受けられませんが、10万円の控除と、その他青色申告特有の控除は受けられます。

平成26年からの記帳と帳簿の保管制度は、「売上が少ないから青色申告にする必要がない」と思って白色申告にし続けている人にとって大きな転機といえそうです。

税金対策のさまざまな特別控除もある青色申告、どのみち帳簿をつける必要があるのですから、これを機会に青色申告に変更して、業務を見直し、将来について考える機会にするという手もありそうです。

白色申告から青色申告に変更しようと考えている人は、まず、管轄する税務署に「青色申告承認申請書」を出す必要があります。また、青色申告をするための帳簿なども記帳していくことが必要です。こうした手続きや準備についても、あらかじめ確認をしておきましょう。その段階で、自分の事業の規模や状況と照らし合わせ、どの方法で申告するのが適切なのかの判断をすることが大切です。

青色申告に変更しようと考えている方は「青色申告に必要な開業届」を確認してみてください。

白色申告・青色申告はMFクラウド確定申告をご活用ください

白色申告や青色申告に対応した「MFクラウド確定申告」は、自動仕訳や自動取得で確定申告をラクにします。面倒な記帳作業はMFクラウド確定申告を活用して、お得な青色申告65万円特別控除にチャレンジしましょう!30日無料でお使いいただけます!まずはお試しください。
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」



記帳義務化に対応の白色申告フリーソフト
白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や白色申告はサポート充実の白色申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。

Pocket