1. 確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」
  2. 確定申告の基礎知識

確定申告の基礎知識

確定申告とは?という疑問に対する説明や、確定申告の期間や時期、必要書類の書き方などの基礎知識をご説明します。

新着記事

確定申告と支払調書の関係とは?

確定申告と支払調書の関係とは?

確定申告の時期が来ると、報酬や配当金などの支払いを受けていた場合、支払った側から「支払調書」が送られてきます。支払調書には、支払金額と源泉徴収税額が記載されることになっています。 この支払調書はそもそも何のためにあるのでしょうか。また、確定…
預金利息の取扱い

預金利息の取扱い

銀行の預金利息も所得税の課税対象になることをご存知ですか。確定申告は年間所得金額に応じて所得税を申告しますが、預金利息はどのように取り扱われるのでしょうか。また、どのような場合に確定申告が必要なのか、その額や控除制度について紹介します。 預…
売却損がある人の確定申告

売却損がある人の確定申告

土地建物、株式などの資産を売却したときに、購入時よりも価格が下がってしまった場合、確定申告のときには所得金額から売却損分を控除してもらうことが可能です。ここでは、確定申告において損益通算の対象となる所得や特例を受けるための要件などを説明しま…
老人扶養控除をする人の確定申告

老人扶養控除をする人の確定申告

確定申告の時に基本的な控除として大きな金額を占めるのが、扶養控除です。会社員であれば、年末調整時に用紙を配られて記入した経験のある人もいるでしょう。会社員は通常確定申告をする必要はありませんが、老人扶養控除は扶養控除の中でも特例措置的な控除…
農業所得の確定申告

農業所得の確定申告

今回は農業所得がある人の確定申告について説明します。 平成25年までは、前々年分あるいは前年分の事業所得等の合計額が300万円を超えた人のみが、白色申告の記帳・帳簿等の保存が義務つけられていましたが、平成26年1月から、すべての白色申告者に…
所得税の予定納税

所得税の予定納税

通常は、申告する所得にたいして、翌年の2月16日から3月15日の期間内に確定申告を行い、支払うべき所得税が決まり、納税します。その支払う所得税について、おそらく前年と同じくらいだろうと予想して、所得税の一部を前払いする制度があります。これを…
ふるさと納税の確定申告

ふるさと納税の確定申告

確定申告をすることにより節税効果が高くなるふるさと納税ですが、確定申告が面倒だと思われる方も多いのではないでしょうか。手続き方法は意外と簡単です。所得税と住民税の税額が減ることに加え、品物の特典も多くあります。この特典の受給は一時所得扱いに…
マイホームの税金について

マイホームの税金について

マイホームを購入、または売却したときに一定の要件を満たせば、確定申告をすることにより所得税の控除が受けられます。ここでは、確定申告のときに控除を受けられるケース、控除額の計算方法や必要な手続きなどを紹介します。 マイホームの購入などで控除が…
障害者の控除について

障害者の控除について

障がいのある方、いわば所得税法上の「障害者」に該当する方は、確定申告において、さまざまな障害者控除を受けられる仕組みになっています。 特例には、障害者本人が受けるもの、障害者を扶養している者が受けるもの、障害者を雇用している者が受けるものな…
役員報酬の確定申告

役員報酬の確定申告

会社役員も確定申告を行う必要があるのでしょうか? 役員報酬は、給与所得となるため、事業主が年末調整で所得税額を確定し、納税を済ませていますから、通常は確定申告の必要はありません。ただし、役員にかぎったことではありませんが、給与所得者であって…
高額療養費について

高額療養費について

医療費を一定の金額以上支払った場合には、請求することにより高額療養費が支給されます。今回は高額療養費の内容と確定申告での取扱いについて解説していきます。 高額療養費の内容 高額療養費とは、1カ月にかかった医療費の自己負担分が一定額以上になっ…
確定申告はいつからいつまで?

確定申告はいつからいつまで?

確定申告は、一定期間の所得状況等を税務署に申告して税金を納める手続きです。この手続きは決められた期間内に行わなければいけません。期限日を過ぎた場合はペナルティが課せられますので、いつから確定申告を行うのかを把握しておくこと、そして期限を守る…
傷病手当金の取り扱い

傷病手当金の取り扱い

皆さんは傷病手当金というものがどういうものかご存じでしょうか。じつは、ケガや病気が理由で会社を休まなければならず、休んでいる間は給与が支払われない場合に、健康保険組合等から傷病手当金が支給されます。今回は、傷病手当金制度の内容や確定申告にお…
確定申告の対象者

確定申告の対象者

確定申告の対象者といえば、フリーランスや個人事業主として働いている方というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、条件によっては給与収入のサラリーマンやパート収入の主婦でも対象者となる場合があります。 どのような条件が確定申…
租税公課について

租税公課について

「租税公課」とは国や地方に納める税金(租税)と公共団体へ納める会費や罰金など(公課)を合わせた名前です。そして租税公課には、確定申告の際に経費算入が認められるものと、経費とは認められないものがあり、この経費算入が可能か否かということは直接損…
確定申告に必要な領収書 レシートも有効?

確定申告に必要な領収書 レシートも有効?

確定申告の提出に必要な領収書とは 領収書の要件 確定申告において提出または提示しなければならない書類は、所得税法施行令第262条にて定められています。 所得税施行令第262条 確定申告書に関する書類の提出又は提示 ・第1号 雑損控除の支出を…
基礎控除について

基礎控除について

確定申告や年末調整において、所得税額を計算するときに所得から差し引くことができる金額を「所得控除」といいます。所得控除は全部で14種類あります。 その中で、無条件に差し引くことができる「基礎控除」についてご存じですか? 基礎控除は他の控除の…
雑費の取り扱いについて

雑費の取り扱いについて

収入を得るために要した費用は、申告すれば確定申告において経費として認められます。所得税や住民税、国民健康保険料の金額は、収入から経費や各種控除額を差し引いた金額から算出されます。そのため、経費として計上できるものとできないものを正しく知り、…
アフィリエイターの確定申告|アフィリエイト副業収入の税金、申告しない場合について

アフィリエイターの確定申告|アフィリエイト副業収入の税金、申告しない場合について

自分のウェブサイトやメールマガジンに広告を掲載し、その広告を通して広告主のサイト上で商品購入などの取引が発生した場合、広告主から報酬を受け取るアフィリエイト。最近では副業としてアフェリエイトに取り組んでいる方も多く、そう珍しいことではなくな…
雑損控除について

雑損控除について

所得控除のひとつに「雑損控除」があります。これは、地震や火事、台風や害虫被害など、自然現象や生物、人の行為が原因となる災害や盗難、横領などによって、資産が損なわれた場合に適用される控除です。 雑損控除を受けられる資産の所有者は、「納税者」ま…
相続がある場合

相続がある場合

相続とは、ある人が死亡したときなどに、その人の財産を受け継ぐことです。財産とは銀行などにある預貯金や土地・建物などの不動産といった「正の」財産だけでなく、借入金や未納の税金など支払わなければならない負の財産も含まれます。 そして、相続や遺贈…
失業保険を受給している場合

失業保険を受給している場合

失業保険は課税対象にならない 会社を退職してから再就職までに一定の期間が空く場合には、失業保険を受給することができます。失業保険は、最低限の生活を保障するために支給されるものですから、課税の対象にはなりません。税金がかかってしまうと、最低ラ…
確定申告で控除の対象になる寄附とは?

確定申告で控除の対象になる寄附とは?

一定の寄附をすると寄附金控除が適用され、確定申告時に所得控除や税額控除を受けることができます。ここでは、確定申告時の寄附金控除の適用の範囲や控除のしくみについて説明します。 寄附金控除制度とは 欧米では、自己の財産・資産を社会に還元したいと…
確定申告書を解説!控除や税額の計算方法まで理解しよう

確定申告書を解説!控除や税額の計算方法まで理解しよう

確定申告を行う場合、多くの人は「確定申告書B」という書類を使用することになります。今回はそんな確定申告書Bの記載内容をもとに、納めるべき税金を計算する方法について解説します。 確定申告書Bとは 確定申告書には複数の種類がありますが、自分がど…
確定申告の提出先が知りたい!納税地の定義と調べ方

確定申告の提出先が知りたい!納税地の定義と調べ方

確定申告の提出先は、どこの税務署に提出しても良いわけではありません。各税務署には管轄があり、確定申告書を提出する時の納税地を管轄している税務署に提出します。 ただし、住まいが2ヵ所ある場合や引越しをした場合など、納税地の判断が難しいこともあ…
住所変更した場合の提出先

住所変更した場合の提出先

引越しや事務所の移転があった年の確定申告の提出先について、変更前の納税地に出すのか、それとも変更後の納税地に出すのかご存じですか? 海外に移転・移住した場合や、住民票がある住所地以外の場所を納税地にした場合の提出先はどうなるのでしょうか。ま…
一時所得を受け取った場合

一時所得を受け取った場合

「一時所得」とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。今回はこの一時所得が発生した場合の確定申告の方法について説明します。 一時…
海外転勤になった場合

海外転勤になった場合

国内に勤務する方が海外に転勤になり、一時的に日本に住まなくなった場合にも不動産所得など一定の所得は課税の対象になります。ここでは、出国するまでの税務上の手続きや海外勤務中の確定申告の方法について説明します。 「非居住者」になるまでに所得税の…
確定申告の書類を郵送する場合

確定申告の書類を郵送する場合

確定申告は自分で税務署まで持っていかなくても、郵送によっても申告が可能です。とても便利な制度ですが、しかしあらためて郵送しようとすると知らないことも多く、あれこれ悩んでしまうという方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、郵送で確定申告…
確定申告を修正する時の注意点|申請が間違っていた場合の対応方法

確定申告を修正する時の注意点|申請が間違っていた場合の対応方法

特に経験の少ない方にとって、確定申告は複雑に感じるかも知れません。そのため、提出後になってはじめて計算ミスや控除申請の漏れに気づくなんていう方もいるのではないでしょうか。 そんな時は「もう提出後だから」と諦めずに、きちんと修正の手続きを行う…
申告分離課税

申告分離課税

所得の合計金額に課税する総合課税とは別に、特定の所得に対してそれぞれ単独の計算式で課税をしていくのが分離課税です。この分離課税の中にも天引きの源泉分離課税と確定申告が必要な申告分離課税があります。この申告分離課税について確認してみましょう。…
保険料控除とは

保険料控除とは

個人や法人が納税額を確定させるために、申告手続きを行う確定申告。確定申告の際に、一定の条件を満たしている場合、生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除といった各種の保険料控除が受けられる制度が整えられています。その年の1月から12月に…
二箇所から給与をもらっている場合

二箇所から給与をもらっている場合

最近では、ワークシェアリングのようにさまざまな働き方があり、パートの掛け持ちをする人も増えてきました。会社の役員を兼務したり、会社員や契約社員とパートをかけもちしたりするなど、二箇所以上から給与所得がある場合は原則として確定申告が必要です。…
生命保険料控除について

生命保険料控除について

サラリーマンは毎月の給料から、所得税および復興特別所得税が源泉徴収(天引き)され、12月に会社が行ってくれる年末調整で所得税の精算が行われますので、税金の手続きは会社が代行してくれます。生命保険料控除についても同様で、生命保険料控除証明書を…
サラリーマンでも確定申告が必要な場合とは?年末調整していても副業がある会社員は注意

サラリーマンでも確定申告が必要な場合とは?年末調整していても副業がある会社員は注意

サラリーマンは通常、確定申告は必要ないと思い込みがちです。しかし、サラリーマンでも確定申告が必要な場合や、した方がいい場合があります。それはどんな時なのか、実際の確定申告の方法と、注意すべき点をご紹介します。 確定申告が必要なサラリーマン …
【副業をしてる方向け】確定申告のやり方

【副業をしてる方向け】確定申告のやり方

副業とは、本業以外の収入が発生する仕事を指します。通常給与所得や事業収入のある人が、本業以外の収入を得たら、原則としてすべて確定申告の必要があります。フリーマーケットやアフィリエイトなど、お小遣い稼ぎのつもりで副業収入を得る人もいますが、条…
必要な持ち物

必要な持ち物

確定申告に必要な持ち物は、経験者でも意外と忘れてしまいがちです。ここではケースごとに必要な持ち物をおさらいしましょう。 確定申告時に必ず持って行く必要のある持ち物 申告用紙・印鑑 まずは申告用紙です。これがなければ始まりません。しかし万が一…
年末調整とは?年末調整と確定申告の違いを徹底解説

年末調整とは?年末調整と確定申告の違いを徹底解説

会社員として生活をしていると、納税という行為は会社が代わりに行ってくれるため、あまり意識をすることはないでしょう。しかし、条件によっては自身で確定申告を行うことで、払いすぎた税金が戻ってくることもあります。年末調整の仕組み、確定申告のやり方…
家賃収入がある場合

家賃収入がある場合

アパートやマンションの家賃収入がある場合、確定申告が必要です。転勤の期間中にマイホームを賃貸として出す場合でも家賃収入になります。ここでは、家賃収入がある方の不動産所得の計算方法、確定申告の方法について説明します。 不動産所得とは 不動産所…
クレジットカード利用時の注意点

クレジットカード利用時の注意点

商品やサービスを購入する時に、オンラインでクレジットカードでの支払いを利用する機会が多くなっています。会社の備品や消耗品の購入にオンラインショッピングを利用している経営者の方もいるのではないでしょうか。さらには、出張や外回りの際の乗車券・レ…
提出が遅れた場合

提出が遅れた場合

確定申告の提出が遅れた場合はどうなるのでしょうか?確定申告書の提出期限は、毎年3月15日(土・日曜および祝日の場合は翌日)です。 しかし、どうしても期限に間に合わなかったり、確定申告が必要だったのに忘れてしまったため、確定申告書の提出が遅れ…
土日の受付について

土日の受付について

確定申告は原則として、毎年2月16日から3月15日の確定申告書の提出期間内に行わなければいけません。平日は仕事が忙しくてなかなか提出にいけない、という方も多いのではないでしょうか?しかし、税務署は土日ともに閉庁しています。どうしても週末しか…
確定申告で配偶者控除が認められる条件

確定申告で配偶者控除が認められる条件

配偶者がパートやアルバイトをしている場合、配偶者控除を受けるためには一般的に年間の給与収入を103万円までに抑えなけえばならないと言われています。この金額を少しでも超えるとどうなるのでしょう? 確定申告で配偶者控除を受ける条件について説明し…
確定申告でアルバイトが注意すべきことは?アルバイトにかかる所得税

確定申告でアルバイトが注意すべきことは?アルバイトにかかる所得税

一見馴染みがないアルバイトにとっての確定申告。しかし場合によってはアルバイトでも確定申告が必要な場合があります。ここではアルバイトが確定申告で注意すべきことをまとめました。 パート・アルバイトでも確定申告が必要? 月額8万8,000円を超え…
申告内容の訂正方法

申告内容の訂正方法

確定申告制度は、税務署から税額を通知されるのではなく、納税者が自ら税額の計算を行い、申告・納税する制度です。したがって、確定申告書の提出後に申告内容の誤りや記載漏れに気付くこともあります。しかし、誤りの内容、訂正するタイミングによって、訂正…
パートの確定申告

パートの確定申告

パートやアルバイトの収入は給与所得と見なされ、所得税が掛かります。所得税は、雇用主から年末の給与が支払われるときに年末調整によって精算されるのが原則です。ただし、パートやアルバイトが年末調整の対象となっていない場合は、個人で確定申告をするこ…
還付手続

還付手続

1年間(1月1日~12月31日)に得たすべての所得については、所得税と復興特別所得税の金額を計算し、確定申告書を提出して申告・納税を行う必要があります。この手続きが確定申告です。確定申告の申告納税は、原則、翌年の2月16日~3月15日(年度…
代理人に依頼する場合

代理人に依頼する場合

確定申告書類の作成は、本人か税理士資格を持った人しかすることはできません。しかし、事情があれば、代理人に代わりに行ってもらうことが可能な場合もあります。今回は、確定申告を代理人にしてもらう場合の注意点について解説します。 確定申告ができるの…
確定申告の手順を解説!確定申告をしないとどうなる?

確定申告の手順を解説!確定申告をしないとどうなる?

確定申告をしないとどうなるかご存知でしょうか?確定申告をする義務がありながら、意図的に確定申告をしない悪質な脱税に対しては厳しい罰則があり、厳正な処分が下されます。そのためにも、確定申告に関する情報を少しでも知っておくことが大切です。 確定…
確定申告を忘れた場合はどうなる?知っておきたいペナルティ

確定申告を忘れた場合はどうなる?知っておきたいペナルティ

今回は確定申告に対して、万が一忘れた場合にどう対応すべきか、また確定申告を忘れた場合にどういったペナルティが発生するのかという点についてまとめました。 確定申告の期限はいつまで? 確定申告は毎年原則として2月16日から3月15日までの間に、…

Facebook

明細データを自動で取得し、自動で仕訳。手作業を大幅にカットして、確定申告をラクにできます。

詳しくはこちら