1. 確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」
  2. 確定申告の基礎知識

確定申告の基礎知識

確定申告とは?という疑問に対する説明や、確定申告の期間や時期、必要書類の書き方などの基礎知識をご説明します。

新着記事

成年被後見人の確定申告が必要なケースや書き方・記載例を解説!

成年被後見人の確定申告が必要なケースや書き方・記載例を解説!

認知症などにより判断能力を持たない方の財産を保護する目的で、2000年4月に成年後見制度が施行されました。保護される側である「成年被後見人」の財産を管理するのは「成年後見人」ですが、もし成年被後見人に何らかの所得があり確定申告が必要である場…
雑損控除で災害後の税負担を軽くする方法

雑損控除で災害後の税負担を軽くする方法

「所得控除」と聞くと、おそらく扶養控除や医療費控除、社会保険料控除などを思い浮かべる人が多く、雑損控除が第一に出てくる人は珍しいでしょう。しかし、実は、雑損控除は災害や盗難などの被害に遭われた人にとって、非常に心強い存在です。今回は、その中…
配偶者控除は廃止される?されない?現在の議論を整理しよう

配偶者控除は廃止される?されない?現在の議論を整理しよう

平成29年税制改正大綱にて、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正が盛り込まれました。現在、配偶者控除は専業主婦、もしくはパート主婦世帯にとって大きな節税手段となっています(主婦の基礎控除と配偶者としての配偶者控除の二重控除)。 しかしこの配偶…
フリーランス(個人事業主)デザイナーは必見!「文芸美術国民健康保険組合」徹底解剖!

フリーランス(個人事業主)デザイナーは必見!「文芸美術国民健康保険組合」徹底解剖!

会社を辞めると悩ましい「健康保険」事情 会社から独立しフリーランス(個人事業主)として働きはじめると、これまで会社が行ってくれていた様々な手続きを自分で行わなければなりません。 その際、保険や年金の加入は大抵は地元の市町村の役所で、国民健康…
e-Taxに必要なものを徹底解説!

e-Taxに必要なものを徹底解説!

皆さんは確定申告にe-Taxを利用していますか? e-Taxは2004年に開始した確定申告・納税のシステムです。インターネットを利用することで、自宅からでも申告手続きをすることができます。今年はe-Taxを始めてみよう! という方のために、…
できればお世話になりたくない、被災したら受け取れる災害弔慰金について解説

できればお世話になりたくない、被災したら受け取れる災害弔慰金について解説

いくら備えていても避けられないもの、それが自然災害です。 2011年の東日本大震災をはじめとして、熊本の地震や広島の豪雨、巨大台風など、近年は死者・行方不明者を出す自然災害が相次いでいます。もちろん被害に遭わなければそれに超したことはありま…
寡婦(寡夫)控除やひとり親控除を申告するには?

寡婦(寡夫)控除やひとり親控除を申告するには?

夫や妻に先立たれた、あるいは離婚した人で、その後婚姻していない場合、女性であれば寡婦、男性であれば寡夫といいます。 なかには、死別や離婚によって再就職や子育てといった負担が重なり、生活が困窮してしまう人もいます。寡婦(寡夫)を支援するために…
後期高齢者医療制度の保険料は確定申告で社会保険料控除の対象になる?

後期高齢者医療制度の保険料は確定申告で社会保険料控除の対象になる?

現在施行されている社会保障制度の1つに「後期高齢者医療制度」があります。75歳以上の被保険者は口座振替や公的年金からの天引などの方法により、後期高齢者医療保険料を納付しなければなりません。今回は、この後期高齢者医療制度の保険料が確定申告で所…
入院給付金を得た場合、確定申告で医療費控除を受けられる?

入院給付金を得た場合、確定申告で医療費控除を受けられる?

確定申告で医療費控除が受けられることは、よく知られています。 わが国では国民健康保険や健康保険などへの社会保険への加入を原則としますが、多くの人はそれ以外にさらに、生命保険会社などの医療保険に加入しています。 さて、入院によって生命保険会社…
非常勤の消防団員は確定申告が必要?

非常勤の消防団員は確定申告が必要?

非常勤の消防団員、いわゆる地域の消防団員は、出勤がある場合などに報酬を受け取ります。では、非常勤の消防団員は確定申告が必要なのでしょうか。実は、2022年4月の税制改正で確定申告の要不要が変わります。 そこで、ここでは非常勤の消防団員の確定…
養育費の支払いは扶養控除の対象として税金対策できる?確定申告は?

養育費の支払いは扶養控除の対象として税金対策できる?確定申告は?

扶養控除は、家族を扶養(経済的に助けて養うこと)する場合に受けられる控除です。同じ家計において、養う子どもや親族がいる場合に受けられます。一方で、離婚などにより別れて暮らす子どもの養育費は、教育や監督・保護のために必要な金額とされていますが…
資格取得費用は確定申告で経費にできる?

資格取得費用は確定申告で経費にできる?

仕事に関連して資格を取得することもあるかと思います。資格取得のための受験料など、資格取得費用は確定申告で経費にできるのでしょうか。資格取得費に関連して、会社員と個人事業主のケース別の考え方、個人事業主が押さえておきたい資格取得費の仕訳の方法…
郵送で青色申告の必要書類を提出する方法や期限について解説!

郵送で青色申告の必要書類を提出する方法や期限について解説!

青色申告を含む確定申告書の提出は、直接窓口に提出する方法のほか、郵送により提出する方法、e-Taxにより提出する方法があります。中でも、「e-Taxはなんだか難しそう」「窓口提出は確定申告で混んでいる時期なので避けたい」といった理由で郵送を…
矯正歯科治療の確定申告|歯列矯正は医療費控除の対象?

矯正歯科治療の確定申告|歯列矯正は医療費控除の対象?

噛み合わせの調整や審美のためなど、さまざまな目的で歯列矯正(歯科矯正)が行われています。一般的に、治療者が負担した医療費は所得税の所得控除である医療費控除の対象になりますが、歯列矯正も医療費控除に含めることができるのでしょうか。 この記事で…
確定申告の職業・業種欄の記載方法を個人事業主・フリーランス向けに解説

確定申告の職業・業種欄の記載方法を個人事業主・フリーランス向けに解説

税務署に提出する確定申告書の上部に、職業を記載する欄があります。個人事業主やフリーランスになってはじめての確定申告で、職業欄に何を書けば良いか悩む方もいるでしょう。 職業欄は、個人事業税の業種別の税率の適用にも関わってくる部分ですので、仕事…
確定申告で美容院代などの美容費は経費に計上できる?勘定科目は?

確定申告で美容院代などの美容費は経費に計上できる?勘定科目は?

確定申告において、美容院代などは必要経費になるのでしょうか? もし、必要経費となる場合の勘定科目はどうなるのでしょうか? この記事は、確定申告における美容に係る費用について解説します。 美容院代などの美容費は経費として落とせる? 「必要経費…
自由診療の確定申告|自費の診療は医療費控除の対象になる?

自由診療の確定申告|自費の診療は医療費控除の対象になる?

けがや病気などの診察や治療には、大きく分けて保険診療と自由診療の2つがあります。実は、保険診療と自由診療では費用の負担割合などのほか、医療費控除についても違っている点が多いです。 そこで、ここではそもそも自由診療とは何か、また自由診療は医療…
確定申告で自動車購入費用を経費にする方法や仕訳を個人事業主向けに解説!

確定申告で自動車購入費用を経費にする方法や仕訳を個人事業主向けに解説!

事業を営む個人事業主が、事業専用に車を購入したり、事業とプライベート兼用で車を購入したりすることもあるかと思います。 事業用に購入したものであれば、確定申告時に、事業経費として申告することが可能です。しかし、車購入額は一般的にある程度のまと…
フードデリバリー配達員の確定申告の必要性とその方法を解説

フードデリバリー配達員の確定申告の必要性とその方法を解説

近年、料理を自宅などの特定の場所まで配達するフードデリバリーのサービスがさまざまなエリアで提供されるようになりました。これにともない、フードデリバリー配達員のニーズも増加しています。 フードデリバリー配達員は、ピザ配達のように特定の会社に所…
確定申告で交通費を経費にできる条件とは

確定申告で交通費を経費にできる条件とは

会社を経営するうえで必ずといってよいほど発生する交通費は、確定申告の際に経費計上することが可能です。経費計上できれば計算上の所得が少なくなるため、所得税を抑えられるメリットがあります。 ただし、経費計上できる条件は個人事業主やアルバイト、会…
青色申告の現金主義の特例条件やメリット・デメリットを解説

青色申告の現金主義の特例条件やメリット・デメリットを解説

青色申告者である小規模事業者は、届出により現金主義による特例が適用され、現金主義による記帳を行えるようになります。現金主義は、現金の出入りを基準に簡単に記録ができるのがポイント。この記事では、現金主義とは何か、特例適用の条件、届出時の提出書…
確定申告書の第三表|分離課税の所得の申告について解説

確定申告書の第三表|分離課税の所得の申告について解説

所得税は、それぞれの所得を合算して所得税を課す総合課税が原則です。ただし総合課税が適当でないとして、総合課税とは別に課税される所得もあります。 確定申告書第三表は、総合課税とは別に計算する、分離課税の対象になる所得を申告するための書類です。…
住宅ローン控除の確定申告に必要な登記事項証明書の取得方法や種類を解説

住宅ローン控除の確定申告に必要な登記事項証明書の取得方法や種類を解説

住宅ローンの金利負担の軽減措置として、住宅ローン控除の制度があります。住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して自宅を購入した際に適用されるもので、確定申告をすることにより、所得税額の軽減を図れる制度です。 住宅ローン控除の適用を受けるためには…
マイナンバーカードがないと青色申告できない?e-Taxなら特別控除も受けられる!

マイナンバーカードがないと青色申告できない?e-Taxなら特別控除も受けられる!

平成27年にマイナンバー制度が施行されました。新型コロナウイルス感染症にかかる特別給付金をスムーズに受け取るために、マイナンバーカードを作成された方も多いのではないでしょうか。この記事では、電子証明書としての機能を持つマイナンバーカードにつ…
材料費は確定申告で必要経費にできる!仕訳や勘定科目も解説

材料費は確定申告で必要経費にできる!仕訳や勘定科目も解説

会計学における材料費とは、製品を製造するにあたり消費した物品の原価です。材料費は原価計算における製造原価の一部を占め、製造原価は材料費、労務費、経費で構成されます。材料費は材料の取得原価であり、仕入と同様、付帯費用も含めた金額が材料費となり…
入院費用は確定申告で医療費控除の対象になる?

入院費用は確定申告で医療費控除の対象になる?

病気やケガにより、やむを得ず入院することがあります。本人だけでなく、一緒に暮らす家族が入院することもあります。そのような場合、入院費用は確定申告において医療費控除の対象になるのでしょうか? この記事では、入院費用の医療費控除について解説しま…
控除とは何か、意味や種類まで徹底解説!

控除とは何か、意味や種類まで徹底解説!

医療費控除や基礎控除、所得控除、配偶者控除、寡婦控除、勤労学生控除などさまざまな控除がありますが、そもそも控除とはどのような意味の言葉なのでしょうか。控除を理解し使いこなすことは、節税にとっても不可欠なポイントです。控除の意味や種類、手続き…
青色申告特別控除で10万円控除を受ける要件とは?

青色申告特別控除で10万円控除を受ける要件とは?

青色申告特別控除とは、青色申告だけに認められるメリットです。控除額は最大65万円で、作成する帳簿や申告方法により65万円のほかに55万円、10万円の控除額が用意されています。 65万円の控除を受けるためには、複式簿記の帳簿を付け、e-tax…
ピアノ教室の確定申告はいくらから?必要書類や経費の扱いまで解説

ピアノ教室の確定申告はいくらから?必要書類や経費の扱いまで解説

個人事業主としてピアノ教室を経営している人は、確定申告が必要になるケースがあります。事業所得や副業、勤務先での収入がある場合は、必要書類を用意したうえで確定申告の手続きをしましょう。 今回はピアノ教室の経営者向けに、確定申告の基本と経費とし…
総合課税とは?申告分離課税との違いや所得税の計算方法を解説!

総合課税とは?申告分離課税との違いや所得税の計算方法を解説!

所得税は、所得の種類によって個別に計算を行った後、各種所得を合算して総所得金額を求め、総所得金額をもとに所得税を計算する総合課税がベースです。この記事では、総合課税は具体的に何かということから、計算方法、申告分離課税との違い、確定申告の仕方…
原稿料・講演料を受け取ったときの確定申告の書き方や必要経費を解説

原稿料・講演料を受け取ったときの確定申告の書き方や必要経費を解説

副業で、講演料を受け取ったり、記事を執筆して原稿料を受け取ったりすることもあるかと思います。このように、講演や原稿の執筆が仕事のメインではないケースでも、場合によっては確定申告が必要です。 本記事では、原稿料や講演料の所得区分をはじめ、雑所…
還付申告とは?確定申告との違い、受け取り方法や時期まで徹底解説!

還付申告とは?確定申告との違い、受け取り方法や時期まで徹底解説!

会社員であれば、年末調整の対象にならない医療費控除や初年度の住宅ローン控除など、確定申告の時期を過ぎた後に、所得や所得税から控除できることに気づくケースもあるでしょう。確定申告を必要としない人の場合、確定申告時期を過ぎていても、還付申告によ…
赤字でも確定申告すべき5つの理由

赤字でも確定申告すべき5つの理由

個人事業が赤字であれば、所得はゼロになり、納付すべき所得税も発生しません。したがって、所得税の確定申告の必要なくなります。しかし、事業が赤字でも確定申告をしたほうがよいこともあります。今回は、事業が赤字あっても確定申告したほうがよいケースと…
宝くじに当選したら確定申告は必要?

宝くじに当選したら確定申告は必要?

収入額から必要経費を差し引いたものを、「所得額」といいます。所得額をもとにした所得税の計算で、納付すべき所得税がある場合は、所轄の税務署で所得税の確定申告をしなければなりません。 例えば、宝くじを購入して高額当選した場合、購入費を差し引いた…
風邪薬の確定申告|医薬品の購入費用は医療費控除の対象?

風邪薬の確定申告|医薬品の購入費用は医療費控除の対象?

納税者自身や生計をともにする家族の医療費を一定以上負担したときは、所得税の確定申告時に医療費控除を受けることができます。医療費控除において注意すべき点は、控除の対象になるものと、対象にならないものがあることです。 例えば、市販の風邪薬を購入…
先物・オプション取引の利益は確定申告が必要?

先物・オプション取引の利益は確定申告が必要?

先物・オプション取引で一定以上の利益が出た場合は、申告分離課税が適用され確定申告をする必要があります。 税率は所得にかかわらず一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)が課税されます。また、先物・オプション取…
整骨院・接骨院の確定申告|施術費用は医療費控除の対象?

整骨院・接骨院の確定申告|施術費用は医療費控除の対象?

捻挫や急性の打撲、肉離れなど、整形外科ではなく整骨院や整体、接骨院にかかることがあります。あまり知られていませんが整骨院などでの施術代は、それが治療目的であれば医療費控除の対象になります。 この記事では、整骨院での「支払」についての医療費控…
自宅サロンで必要経費にできるものと確定申告方法を解説

自宅サロンで必要経費にできるものと確定申告方法を解説

ネイルサロンやリラクゼーションサロンなど、自宅兼サロンで開業するケースがあります。自宅サロンのメリットは、自宅と職場が同じであるため移動が必要ないことや、自宅の空いた部屋などを活用してサロンを開業できることなどが挙げられます。 しかし、職場…
高速代など交通費も確定申告で経費にできる?個人事業主も必見!

高速代など交通費も確定申告で経費にできる?個人事業主も必見!

電車、新幹線、飛行機など、現代ではさまざまな移動手段があります。公共交通機関を利用したり、時間効率や行き先などを考えて、公共交通機関の代わりに自動車で移動したりすることもあるでしょう。状況によっては、高速代を支払って高速道路で移動することも…
インストラクターに確定申告は必要?提出書類や経費になるものまで解説

インストラクターに確定申告は必要?提出書類や経費になるものまで解説

近年は、副業やフリーランスという形でインストラクター業に従事する人が増えてきました。事業がうまくいって収入が増えてくると確定申告が必要です。本記事ではインストラクターの確定申告に準備すべき必要書類や、経費に算入できるものは何かを詳しく紹介し…
フリーランスに確定申告は必要?フリーランスの確定申告まとめ | やり方から節税方法まで解説

フリーランスに確定申告は必要?フリーランスの確定申告まとめ | やり方から節税方法まで解説

会社に属さず、フリーで仕事を請け負う働き方を、フリーランスといいます。フリーランスの報酬は給与ではないため、契約先の会社で年末調整は行われません。そのため、確定申告が必要になることがあります。 この記事では、確定申告が必要なケースと不要なケ…
ひとり親控除を寡婦控除との違いからわかりやすく解説

ひとり親控除を寡婦控除との違いからわかりやすく解説

ひとり親控除は2020年(令和2年)から始まった新しい所得控除です。基本的な内容はこれまでの寡婦控除と似ていますが、現代のシングルマザー・シングルファザーの状況に合わせた、より使いやすい所得控除として創設されました。本記事ではひとり親控除と…
青色申告と白色申告の違いを解説!

青色申告と白色申告の違いを解説!

青色申告とは、確定申告の方法のひとつで、最高65万円の特別控除が受けられ、専従者給与を経費にできるなど、いくつものメリットがある点が特徴です。確定申告にはほかに白色申告がありますが、青色申告とは提出書類や帳簿の記帳方法が異なります。 本記事…
屋号とは?使い方や確定申告との関係を解説

屋号とは?使い方や確定申告との関係を解説

屋号とは、個人事業主やフリーランスが用いる会社名のようなものです。屋号を使うことで、事業内容がわかりやすくなったり消費者に覚えてもらいやすくなったりします。 屋号は確定申告の際に記載することができますが、必ず記載しなくてはいけないというもの…
インフルエンザの予防接種は確定申告で控除対象になる?

インフルエンザの予防接種は確定申告で控除対象になる?

確定申告には医療費控除と呼ばれる制度があります。病院受診によってかかった医療費が対象となりますが、インフルエンザの予防接種は控除の対象から外れることをご存じでしょうか。 しかし、その代わりにセルフメディケーション税制が利用できます。有効活用…
マンションを購入したら確定申告で節税!必要書類や手順を解説

マンションを購入したら確定申告で節税!必要書類や手順を解説

マンション購入の際には、確定申告をすることで住宅ローン控除を受けられることがあります。確定申告が必要かどうかの判断はどのように行うのか、中古マンションも控除が適用されるのか、手続きの際に必要書類は何かについて見ていきましょう。また、確定申告…
確定申告は過去分も申告して還付金をもらえるの?

確定申告は過去分も申告して還付金をもらえるの?

確定申告で申告した税額が本来の税額より多い、もしくは少ない場合は、過去分の申告をやり直す必要があります。申告の際、多めに納税をしていれば、還付を受けられる可能性もあるでしょう。 一方、申告期限を守れなかった場合や確定申告をしない場合には、ペ…
マイナンバー通知カード廃止で確定申告への影響は?

マイナンバー通知カード廃止で確定申告への影響は?

マイナンバー通知カードが廃止されたと知り、これまでと同様の手続きでは確定申告できないと不安になっている人もいるでしょう。本記事では、これまで通りマイナンバー通知カードが利用できる場面や、その条件について解説します。マイナンバーカードを取得せ…
確定申告が必要な場合・不要な場合と確定申告不要制度を解説!

確定申告が必要な場合・不要な場合と確定申告不要制度を解説!

納税義務者自らが年間の税金を申告する手続きを「確定申告」といいます。一般的には、所得税の確定申告を指すことが多いです。この記事では、確定申告=所得税の確定申告として話を進めていきます。 確定申告が必要な人と、必要でない人がいます。経営者や会…
健康診断と確定申告|人間ドックの費用は医療費控除の対象?

健康診断と確定申告|人間ドックの費用は医療費控除の対象?

健康管理のために、健康診断や人間ドックを自腹で受けている人もいるかと思います。通常、一定額以上の医療費負担があったときは、医療費控除として所得から控除を受けることができますが、健康診断や人間ドックも医療費控除の対象になるのでしょうか。 この…

Facebook