青色申告制度を利用する場合であっても、小規模事業者の場合には、現金主義会計を選択することが可能です。今回は、その手続きと現金主義会計と発生主義会計の違いについて解説していきます。

青色申告での手続

青色申告において、小規模事業者が現金主義会計を選択する場合には、その年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請(兼)現金主義の所得計算による旨の届出書」を、納税地を所轄する税務署長に提出することが必要です。小規模事業者とは、その年の前々年分の事業で得られた収入および不動産による収入の合計額が300万円以下の事業者をいいます。

現金主義会計

現金主義会計とは、現金の支出と収入によって企業の会計状況を知ろうとするものです。現金の収入から現金の支出を差し引いた差額を利益と考えます。現金の移動という客観的事実に基づいて記帳されるため、確実性が高く、会計不正が行いにくいというメリットがあります。

しかし、機械や建物などのように長期間にわたって事業に使用される資産性のあるものについても、購入時点でしか記録がなされず、現状を把握できません。また、実務上は掛け売りや掛け仕入をすることも多いと思いますが、その場合でも収益や費用を計上しないので、期間損益を正確に把握できないというデメリットがあります。

したがって、資産や負債がほとんどなく、かつ、取引のほとんどが現金取引をしているような小規模事業者でないかぎり、適切な会計処理はできません。

発生主義会計

発生主義会計とは、費用と収益の認識を現金収支ではなく、取引が発生したタイミングで収益または費用の計上をするものです。たとえば、2カ月に1度水道料金の支払いがあった場合、現金主義では、水道料金の支払月だけ費用が多く発生することになります。それに対して、発生主義の場合、支払いは2カ月に1度であっても、各月の水道料金を発生した月に正しく割り当て計上することにより、月々の正しい損益を把握することができます。

現金主義会計と発生主義会計の違い

具体的に数字で見た方がわかりやすいので、同じ取引で現金主義会計と発生主義会計がどのように違うかを比較してみましょう。

説例
5,000円の商品を50個仕入れ、現金で250,000円を支払った。その後、30個を1個8,000円、合計240,000円で販売し、現金で代金を受け取った。

【現金主義会計】
  収入 240,000円(現金が増加した分)
  費用 250,000円(現金が減少した分)
  損失  10,000円(収入と費用の差額)

【発生主義会計】
  収入 240,000円(実際に売り上げた分)
  費用 150,000円(売り上げた商品にかかる原価:5,000円×30個)
  利益  90,000円(収入と費用の差額)
  資産 100,000円(在庫商品:5,000円×20個)

これを見てわかるように、同じ取引でも現金主義会計では損失が発生することになり、発生主義会計では利益が発生することになるのです。実体的な感覚としては、すでに仕入れで250,000円も払い、売上が240,000円しかなかったのだから、今月は赤字だなというのも理解はできます。

しかし、在庫は現実的に残っているので、当月に売り上げた分に対応する仕入れ分はあくまで出ていった分に限られるべきです。したがって、当月にどれだけ利益が出たかという観点からすると、発生主義会計の方が適正な期間損益を把握できることがわかると思います。そのため、原則的な会計処理としては、発生主義が採られているわけです。

会計をあまり知らない人にとっては現金主義の方がわかりやすいと思いますが、会計の世界では発生主義が原則になっている理由が少しはわかっていただけたのでないかと思います。



青色申告をラクにするクラウド型青色申告ソフト
青色申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、サポート充実の青色申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。

Pocket