マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 法人税等調整額

概略

法人税等調整額とは、税効果会計の費用によって生じる法人税等の額を調整する科目である。
※税効果会計とは、企業会計上の資産または負債の金額と課税所得計算上の資産または負債には違いがあり、この違いに関わる法人税等の額を適切に期間配分するための会計処理。

主な取引内容

貸倒引当金計上(損金不算入)、賞与引当金計上(損金不算入)、税務上の特別償却準備金計上、棚卸資産評価損計上(損金不算入)、利益処分方式による減価償却資産の圧縮記帳

仕訳例

場面別の仕訳

決算時に、将来加算一時差異100,000円が認識された。実効税率は40%である。

借   方貸   方
法人税等調整額40,000円繰延税金負債40,000円

決算時に、棚卸資産6,000,000円について、税法上は損金算入されない棚卸資産の評価損600,000円が生じ、将来減算一時差異が認識された。実効税率は40%である。

借   方貸   方
繰延税金資産240,000円法人税等調整額240,000円

前期末に、税法上損金算入されなかった棚卸資産の評価損2,000,000円のうち、半分を廃棄処分にしたため、税法上損金算入が認められた。実効税率は40%である。

借   方貸   方
法人税等調整額400,000円繰延税金資産400,000円

更新日:2021年08月27日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。