マネーフォワード クラウド確定申告確定申告ガイド

「マイナポータル連携」機能の使い方

概要

このガイドでは、「マイナポータル連携」機能の使い方についてご説明します。

対象ページ

申告書>マイナポータル連携

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド確定申告をご利用中のお客さま

目次

<ご注意>

  • 「マイナポータル」の操作に関する詳細は、「マイナポータル」のお問い合わせ窓口 でご確認ください。
  • 証明書等のデータは、2024年10月以降に証明書発行元からデータが提供され次第取得できる予定です。

「マイナポータル連携」機能について

「マイナポータル連携」機能とは

「マイナポータル連携」機能とは、 「マイナポータル」経由で証明書等のデータを取得し、確定申告書の該当項目に自動で反映できる機能です。
「マイナポータル連携」機能を利用すると、一部データの入力を省くことができ、効率よく申告手続きが行えます。

「マイナポータル」は、政府が運営するオンラインサービスです。
詳細はこちらのサイトをご確認ください。

対応している証明書

「マイナポータル連携」機能は、以下の証明書データを取得できます。

  • 生命保険料控除証明書

※連携可能な証明書は順次拡充していく予定です。

連携の流れ・事前準備

「マイナポータル連携」機能で「マイナポータル」から証明書等のデータを取得するためには、以下の流れで事前準備を行う必要があります。

家族の控除証明書等を取得する場合、家族の「マイナポータル」でも以下の事前準備が必要となります。

1.マイナンバーカードなどの準備

「マイナポータル連携」機能を利用するためには、以下の準備が必要です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンまたはICカードリーダライタ
  • 「マイナポータル」アプリのダウンロード

※利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)および署名用電子証明書のパスワード(英数字6~16字)の入力が必要です。

2.マイナポータルの利用者登録

証明書等のデータを取得するためには、「マイナポータル」の利用者登録が必要です。
スマートフォンまたはPCで「マイナポータル」にログインし、画面の案内に沿って利用者登録を行ってください。
マイナポータル|デジタル庁

家族の控除証明書等を取得する場合、家族に関しても「マイナポータル」の利用者登録が必要です。

3.マイナポータルと民間送達サービスを連携

「マイナポータル」の「確定申告の事前準備」画面で証明書等の発行元の民間送達サービスと連携を行います。

詳細の操作は、以下国税庁ページのSTEP2・STEP3をご参照ください。
マイナポータル連携を利用するまでに行う事前準備|国税庁

連携する民間送達サービスは、取得する証明書等の発行元により異なります。
連携する証明書等の発行元が「マイナポータル連携」に対応しているか否かは、以下のページをご確認ください。
マイナポータル連携可能な控除証明書等発行主体一覧|国税庁

4.民間送達サービスと証明書を発行する企業を連携

民間送達サービスと証明書を発行する企業の連携を行います。
証明書を発行する企業によって操作手順が異なるため、詳細は連携先の企業へお問い合わせください。

クラウド確定申告とマイナポータルを連携

本人のデータを取得する場合、以下の手順を行います。

  1. 「決算・申告」>「確定申告書」>「申告書」画面で「マイナポータル連携」をクリックします。
  2. マイナポータル連携」画面で「本人のデータを取得」をクリックします。
  3. 「マイナポータルサイト」画面に切り替わったら、案内に沿って本人確認を行います。
  4. サービス提供確認画面で「次へ」をクリックします。
  5. 「マイナポータル等連携プラットフォーム」画面で「マイナポータル」から取得した情報を確認します。
  6. 確認が完了したら、「マイナポータル等連携プラットフォーム」画面上部の「上記<留意事項>を確認した」にチェックを入れます。
  7. 「マイナポータル等連携プラットフォーム」画面下部の「次へ」が緑色になったことを確認し、クリックします。
  8. .マネーフォワード クラウド確定申告の「マイナポータル連携」画面にある「取得したデータ一覧」に内容が反映されていることを確認します。
  9. 「マイナポータル連携」機能を利用したデータ取得操作は、証明書発行元からデータが提供される10月以降にご利用いただける予定です。
    そのため、ご利用できるまでの間は「本人のデータを取得」「家族のデータを取得」ボタンはグレーアウトし、選択できません。

    家族のデータを取得する場合

    家族のデータを取得する場合、家族の「マイナポータル」でもこちらの事前準備を行う必要があります。

    代理人の設定

    確定申告する方を代理人、家族の方を委任者として、「マイナポータル」で代理人登録を行ってください。
    詳細は以下国税庁のページをご参照ください。
    (参考)マイナポータルにおける代理人の設定|国税庁

    家族のデータの取得の流れ

    事前準備・代理人設定を行った上で、以下の手順を行います。

    1. 「決算・申告」>「確定申告書」>「申告書」画面で「マイナポータル連携」をクリックします。
    2. マイナポータル連携」画面で「家族のデータを取得」をクリックします。
    3. 「マイナポータルサイト」画面に切り替わったら、案内に沿って本人確認を行います。
    4. サービス提供確認画面で「次へ」をクリックします。
    5. 「マイナポータル等連携プラットフォーム」画面の「被代理人の選択」で控除証明書等を取得する被代理人にチェックを入れます。
    6. 画面下部で選択人数を確認し、問題がなければ「証明書等の取得へ」をクリックします。
    7. 「控除証明書等の取得」画面で「マイナポータル」から取得した情報を確認します。
    8. 内容を確認し、画面下部の「次へ」をクリックします。
    9. マネーフォワード クラウド確定申告の「マイナポータル連携」画面にある「取得したデータ一覧」に内容が反映されていることを確認します。

    取得したデータの削除方法

    1. マイナポータル連携」画面で削除するデータにチェックを入れます。
    2. 左上に表示された件数を確認し、問題がなければ「削除」をクリックします。
    氏名の左にあるチェックボックスにチェックを入れると、すべてのデータにチェックが入ります。

    主なエラーリスト

    エラーメッセージ対処方法
    取得したデータから、自動反映できないものを除外しました。マイナポータル連携で取得したデータに以下のいずれかに該当する証明書データが含まれている場合に表示されます。

    • 「マイナポータル連携」機能で未対応の証明書
    • すでに取得しているものと重複した証明書
    • 解析エラーになる証明書(取り込めない形式や金額がマイナスの場合など)

    該当の証明書データは自動で除外されますので、別途操作は必要ありません。

    操作がキャンセルされました。「マイナポータル」で操作がキャンセルされた場合に表示されます。
    再度「マイナポータル連携」画面からデータ取得を行ってください。
    予期せぬエラーが発生しました。何らかのシステムの不具合によって連携に失敗した場合に表示されます。
    しばらく時間を置いてから操作を行ってください。
    取得できるデータがありません。「マイナポータル」で取得できる証明書が1件もない場合に表示されます。
    取得できる証明書があるか一度「マイナポータル」でご確認ください。
    ブラウザが複数起動しているため、処理を続行することができません。
    再度処理をして同じエラーが表示される場合は、ブラウザを全て閉じて再起動してからやり直してください。
    国税庁の「マイナポータルサイト」画面を複数の画面で表示している場合に表示されます。
    ブラウザの再起動、もしくはパソコンの再起動を行ってください。

    ※国税庁の「マイナポータルサイト」画面で表示されるエラーです。


    更新日:2024年07月11日

    ※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。