マネーフォワード クラウド連結会計使い方ガイド

セグメント残高のインポート方法

概要

このガイドでは、「連結パッケージ」画面でセグメント残高をインポートする方法についてご説明します。
セグメント残高は、「ファイルインポート」または「財務諸表インポート」を利用してインポートできます。

残高試算表をインポートする場合は以下のガイドをご参照ください。
残高試算表のインポート

対象ページ

単体決算報告>連結パッケージ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド連結会計を「連結担当者」または「グループ会社担当者」権限でご利用中のお客さま

目次

ファイルインポート

「ファイルインポート」は、対象の会社で複数のセグメントを利用している場合に適したインポート方法です。
複数のセグメントの残高データを一度に取り込むことができます。

事前準備

「ファイルインポート」でセグメント残高をインポートするためには、あらかじめ「ファイルインポート設定」画面で設定種別が「セグメント残高」のインポート設定を追加する必要があります。

インポート設定の追加方法については、以下のガイドをご参照ください。
「ファイルインポート設定」の使い方

操作手順

  1. 「単体決算報告」>「連結パッケージ」画面を開き、対象のセグメントの「残高」列に表示されているアイコンをクリックします。
  2. 「セグメント残高」画面右上の「インポート」をクリックし、「ファイルインポート」を選択します。
  3. 「ファイルインポート」画面で「インポート設定」のプルダウンをクリックし、事前に追加したインポート設定を選択します。
  4. 「ファイル」の「ファイルを選択する」をクリックし、インポートするファイルを選択します。
    選択できるファイルは、拡張子が「.xlsx」形式で容量が100MB以下のファイルのみです。
  5. 画面右上の「取込」をクリックします。
  6. 【連結パッケージ「●●●●.xlsx」のインポートを受付しました。】というメッセージが表示され、セグメント残高のインポート処理が行われます。
  7. 【連結パッケージ「●●●●.xlsx」のインポートを受付しました。】というメッセージが表示されたことを確認します。

ご注意

  • インポートのたびにセグメント残高データは上書きされます。
  • ファイル内で関数が使用されている場合、関数の結果を値としてインポートします。ただし、関数でエラーが発生している場合はインポートできません。
  • ファイル内の値で小数点以下の端数が存在する場合、「会社」画面で設定されている「小数点桁数」に応じて四捨五入されます。
  • インポート時は、残高試算表のインポート時の変換ルールをもとに連結科目への変換が行われます。
    そのため、セグメント残高のインポートの際に連結科目の変換ルールを別で設定することはできません。
  • インポート操作時にエラーメッセージが表示される場合は、エラーメッセージに従ってファイル内容を修正し、再度インポートしてください。主なエラーリストはこちらをご確認ください。

主なエラーリスト

No.エラーメッセージ原因と対処方法
1拡張子がxlsx以外のファイルはアップロードできません拡張子が「.xlsx」形式以外のファイルを選択したことが原因です。
「.xlsx」形式のファイルを選択してください。
2指定のシートが存在しませんファイルインポート設定」画面で指定したシート名のシートが選択したファイル内に存在しないことが原因です。
インポート設定のシート名を修正したあとに、再度インポートを行ってください。
3勘定科目名称は200字以内で入力してください勘定科目名称の文字数が200字を超えていることが原因です。
ファイル内の勘定科目名称を200字以内で入力し、再度インポートを行ってください。
4勘定科目コードは200字以内で入力してください勘定科目コードの文字数が200字を超えていることが原因です。
ファイル内の勘定科目コードを200字以内で入力し、再度インポートを行ってください。
5期末残高は金額で入力してください期末残高の金額が半角数字以外の文字で入力されていることが原因です。
ファイル内の金額を半角数字で入力し、再度インポートを行ってください。
6セグメント識別キーは20文字以内で入力してくださいセグメント識別キーの文字数が20文字を超えていることが原因です。
ファイル内のセグメント識別キーを20字以内で入力し、再度インポートを行ってください。

財務諸表インポート

「財務諸表インポート」は、対象の会社でセグメントを1つのみ利用している場合に適したインポート方法です。
「財務諸表」画面でインポート済みのデータに対して特定のセグメントを割り当て、そのセグメントの残高データとして取り込むことができます。

事前準備

「財務諸表インポート」でセグメント残高をインポートするためには、あらかじめ以下2つの操作が必要です。

残高試算表をインポートする

連結パッケージ」>「財務諸表」>「残高試算表」画面で対象の会社の残高試算表をインポートします。
以下のガイドの手順で残高試算表のインポート操作を行ってください。
Excelファイルでインポートする方法(残高試算表)
連携サービスからインポートする方法(残高試算表)

セグメント構成を設定する

セグメント構成」画面で対象の会社のセグメント構成を設定します。
以下のガイドの手順でセグメント構成を設定してください。
「セグメント構成」画面の使い方

操作手順

  1. 「単体決算報告」>「連結パッケージ」画面を開き、対象のセグメントの「残高」列に表示されているアイコンをクリックします。
  2. 「セグメント残高」画面右上の「インポート」をクリックし、「財務諸表インポート」を選択します。
  3. 「財務諸表インポート」画面で「セグメント」のプルダウンをクリックし、対象のセグメントを選択します。
  4. 画面右上の「取込」をクリックします。
  5. 「セグメント残高」画面にセグメント残高が表示されたことを確認します。

ご注意

  • セグメント残高データはインポートのたびに上書きされます。
  • インポート時は、残高試算表のインポート時の変換ルールをもとに連結科目へ変換されます。セグメント残高のインポート時に連結科目の変換ルールを別で設定することはできません。
  • インポートするセグメント残高データは、個別修正・換算・換算修正を行う前のデータです。換算処理はインポート後に行われます。

関連ガイド

「セグメント残高」画面の使い方
「セグメント損益」画面の使い方
残高試算表のインポート

更新日:2024年05月31日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: