マネーフォワード クラウド連結会計使い方ガイド

「セグメント構成」画面の使い方

概要

このガイドでは、「セグメント構成」画面の使い方についてご説明します。

「セグメント構成」画面では、会社ごとに使用するセグメントやその識別キーの設定が可能です。

対象ページ

連結決算準備>セグメント構成

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド連結会計を「連結担当者」権限でご利用中のお客さま

目次

画面の説明

セグメント構成」画面の各項目についてご説明します。

番号項目名項目の説明
会社対象の会社の略号と名称が表示されます。
セグメント対象の会社で設定しているセグメントの略号と名称が表示されます。
セグメントを設定していない場合は「未設定」と表示されます。
セグメント識別キー対象の会社で設定しているセグメントの略号と名称が表示されます。
セグメントを設定していない場合や、対象のセグメントにセグメント識別キーを設定していない場合は空欄で表示されます。
更新日時対象の会社で最後に更新を行った際の日時が表示されます。
詳細クリックすると、対象の会社のセグメント構成を確認・編集できます。
詳細クリックすると、異なる連結決算単位のセグメント構成を引き継げます。
対象の連結決算単位において、「連結決算単位」画面で「連結グループ範囲」の「単体決算報告」にチェックを入れた会社のみが「セグメント構成」画面に表示されます。

新規でセグメント構成を設定する場合

  1. 「連結決算準備」>「セグメント構成」画面を開き、セグメント構成を設定する会社の右側にある「詳細」をクリックします。
  2. 対象の会社の「セグメント構成」画面が表示されますので、「+構成にセグメントを追加する」をクリックします。
  3. セグメント」画面で追加した「セグメント」がプルダウンで表示されます。該当のセグメントを選択してください。
  4. 「セグメント識別キー」を入力します。セグメントを検索する際に使用する文字列を入力してください。
  5. 対象の会社に複数のセグメントを設定する場合は、手順2~手順4の操作を繰り返します。
  6. セグメントの設定が完了したら、「保存する」をクリックします。
  7. 【「●● ▲▲ セグメント構成」を保存しました。】というメッセージが表示されたことを確認します。
    ※●●には会社略号、▲▲には会社名が表示されます。

ご注意

「セグメント構成」の設定について

「セグメント構成」の設定は、連結決算単位ごとに行います。

「セグメント」のプルダウンについて

「セグメント」のプルダウンに表示されるのは、「セグメント」画面で追加済みのセグメントです。
設定するセグメントをあらかじめ「セグメント」画面で追加してください。

「セグメント識別キー」について

1つのセグメントにつき「セグメント識別キー」を複数設定することが可能です。
1つ目の「セグメント識別キー」の入力が完了した際にEnterキーを押して確定すると、2つ目の「セグメント識別キー」を入力できます。

設定時のエラーについて

セグメント構成の設定時にエラーメッセージが表示された場合は、こちらをご確認ください。

異なる連結決算単位のセグメントを引き継ぐ場合

  1. 「連結決算準備」>「セグメント構成」画面を開き、画面右上の「引継」をクリックします。
  2. 引き継ぎ元の決算単位をプルダウンから選択します。
  3. 引き継ぎ元セグメント構成がプレビュー表示されます。問題なければ「この構成を引き継ぐ」をクリックします。
  4. 【「●●●●」のセグメント構成を引き継ぎしました。】というメッセージが表示されたことを確認します。
    ※●●には引継ぎ元の連結決算単位名が表示されます。
    「セグメント構成」画面に、問題なくセグメント構成が引き継がれていることを確認します。

ご注意

「引継」ボタンが有効になる条件について
以下の条件を満たす場合、「引継」ボタンが有効になります。

  • 対象の連結決算単位が「確定」していない
  • 対象の連結決算単位で、セグメント残高にデータが入っていない

引き継ぎ元として選択可能な連結決算単位について
セグメント構成が設定されている連結決算単位のみプルダウンに表示されます。

編集

  1. 「連結決算準備」>「セグメント構成」画面を開き、セグメント構成を編集する会社の右側にある「詳細」をクリックします。
  2. 各項目を編集します。
  3. 編集が完了したら、「保存する」をクリックします。
<ご注意>
以下の場合、セグメント構成を編集することができません。

  • 対象の連結決算単位が「確定」している場合
  • 「セグメント残高」画面ですでに対象の会社のセグメント残高データをインポートしている場合

削除

  1. 「連結決算準備」>「セグメント構成」画面を開き、セグメント構成を削除する会社の右側にある「詳細」をクリックします。
  2. 削除するセグメント行の右側にある「削除」をクリックします。
  3. 削除が完了したら、「保存する」をクリックします。

並び替え

連結パッケージ」画面の「セグメント」タブや、「セグメント精算表」画面における表示順は、「セグメント構成」の表示順に準じます。

「セグメント構成」の表示順は、以下の手順で変更できます。

  1. 「連結決算準備」>「セグメント構成」画面を開き、セグメント構成を削除する会社の右側にある「詳細」をクリックします。
  2. セグメント行の右側にある「≡」のアイコンをドラッグ&ドロップし、順番を並び替えます。
  3. 並び替えが完了したら、「保存する」をクリックします。

主なエラーリスト

No.エラーメッセージ原因と対処方法
1セグメント:●● ▲▲は既に使用されています。重複なく選択してください。対象の会社で同一のセグメントが2つ以上選択されていることが原因です。
重複しないようにセグメントを再度選択してください。
2セグメント識別キー:■■は既に使用されています。重複なく入力してください。対象の会社で同一のセグメント識別キーが2つ以上入力されていることが原因です。
重複しないようにセグメント識別キーを再度入力してください。
320個以内で入力してください。セグメント識別キーの登録数が20個を超えていることが原因です。
登録数が20個以内となるように再度入力してください。
420文字以内で入力してください。セグメント識別キーの文字数が20文字を超えていることが原因です。
セグメント識別キーを20文字以内で再度入力してください。

※1 ●●にはセグメント略号、▲▲にはセグメント名が表示されます。
※2 ■■にはセグメント識別キーが表示されます。

更新日:2024年05月09日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: