マネーフォワード クラウド連結会計使い方ガイド

連携サービスからインポートする方法(残高試算表)

概要

このガイドでは、「連結パッケージ」画面において、連携サービスから残高試算表をインポートする方法についてご説明します。

「連結パッケージ」画面の使い方については、以下のガイドをご参照ください。
「連結パッケージ」画面の使い方

残高試算表をExcelファイルでインポートする場合は以下のガイドをご参照ください。
Excelファイルでインポートする方法(残高試算表)

対象ページ

単体決算報告>連結パッケージ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド連結会計を「連結担当者」または「グループ会社担当者」権限でご利用中のお客さま

目次

インポート方法

事前準備

連携サービスから残高試算表をインポートするためには、あらかじめ「連携サービス」画面で連携サービスを追加する必要があります。
設定方法の詳細は以下のガイドをご参照ください。
「連携サービス」画面の使い方

インポート手順

  1. 「単体決算報告」>「連結パッケージ」画面で、対象の会社の「残高試算表」列に表示されているアイコンをクリックします。
  2. 「残高試算表」画面右上の「インポート」ボタンをクリックし、取り込む連携サービス名のメニューを選択します。
  3. 連携サービスが「マネーフォワード クラウド会計」の場合、「会計年度」を入力して「月」を選択し「プレビュー」ボタンをクリックします。

    また、連携サービスが「マネーフォワード クラウド会計Plus」の場合は、「連携範囲」を選択して「プレビュー」ボタンをクリックします。
  4. 連携サービスから取り込んだ勘定科目の情報や過去のインポート時の変換設定をもとに、連結科目が自動提案されます。
    こちらを参照し、必要に応じて変換先の変更や「貸借反転」へのチェックを行い、「取込」ボタンをクリックします。
  5. 【●●から残高試算表データを取り込みました】というメッセージが表示されたことを確認します。
    ※●●には連携サービスのサービス名が入ります。

ご注意

  • インポートのたびに残高試算表データは上書きされます。
  • 「マネーフォワード クラウド会計Plus」からデータを取り込む場合、「承認済み」の仕訳の金額のみインポート可能です。
  • 「貸借対照表」のデータと「損益計算書」のデータは一括でインポートされます。
  • 連携サービスインポートで取得する金額は、「貸借対照表」の場合、選択期間の「期末残高/期間残高」の金額です。一方で、「損益計算書」は選択期間の「期末残高/期間残高」の金額から「前期残高/前月残高」の金額を差し引いた金額です。
  • 連携先のサービスにおける「補助科目」の情報はインポートされません。
  • 連携先のサービス上で登録されている複数の会計年度をまたいだインポートはできません。
  • インポート操作時にエラーメッセージが表示される場合は、エラーメッセージに従ってファイル内容を修正し、再度インポートしてください。主なエラーリストはこちらをご確認ください。

連結科目の変換画面について

科目変換設定プレビュー

「科目変換設定プレビュー」では、以下の項目が表示されます。
必要に応じて変換先の変更等を行ってください。

番号項目名項目の説明
科目コード変換元の勘定科目コードが表示されます。
勘定科目名変換元の勘定科目名称が表示されます。
連結科目変換先の連結科目コードと連結科目名が表示されます。
ファイルから取り込んだ勘定科目の情報や、過去のインポート時の変換設定をもとに、変換先の連結科目が自動で提案されます。
提案された連結科目から変更する場合や、提案が行われなかった連結科目については、プルダウンから変換先とする連結科目を選択してください。
プルダウンの詳細についてはこちらをご参照ください。
貸借反転チェックを入れると、対象の連結科目の金額について貸借を反転させて取り込むことができます。
+追加
+変更
対象連結科目の変換設定を新しく追加する場合は「+追加」、過去のインポート時の変換設定から変更する場合は「+変更」と表示されます。
追加・変更のみ表示チェックを入れると、「+追加」または「+変更」と表示されている連結科目行のみ表示します。
取込クリックすると、設定した内容に応じて取り込みが開始されます。
  • 「連結科目」のプルダウンでは、変換先の連結科目名を指定せずに取り込む場合は「未選択(変換設定なし)」を、該当の連結科目が登録されていない場合は「変換不要」を選択してください。「未選択(変換設定なし)」や「変換不要」を選択した場合もその科目の金額は取り込まれ、選択情報が保存されます。
  • 連携先のサービスで「科目コード」が未設定の場合も、勘定科目名称をもとに「連結科目」が自動提案されます。
  • 連携先のサービスで「勘定科目コード」を設定していない勘定科目を取り込む場合、「科目コード」欄には勘定科目名が自動的に反映します。

「連結科目」のプルダウン

「連結科目」のプルダウンメニューでは、以下の項目が表示されます。
適切な変換先の連結科目を選択してください。

番号項目名項目の説明
検索フォーム変換先の連結科目を検索できます。
BSチェックを入れると、変換先の連結科目として表示する候補を貸借対照表科目のみに絞り込むことができます。
PLチェックを入れると、変換先の連結科目として表示する候補を損益計算書科目のみに絞り込むことができます。
もしかして…ファイル内の「科目コード」や「勘定科目名」をもとにAIが提案した変換先の連結科目の候補が表示されます。
変換先の連結科目の候補がない場合は、「該当する科目が見つかりませんでした」と表示されます。
連結科目リスト変換先の連結科目として設定できる連結科目の一覧が表示されます。
  • 検索フォームでは、入力したワードを「連結科目」画面に登録されている連結科目の「連結科目名(日)」もしくは「連結科目名(英)」から部分一致で検索します。
  • 連結科目リストの最上部には、検索や絞り込みの状況に関わらず「未選択(変換設定なし)」と「変換不要」が表示されます。

主なエラーリスト

「マネーフォワード クラウド会計」からデータを取り込む場合

No.エラーメッセージ原因と対処方法
1指定された会計年度が存在しないか、会計期間外の月が選択されています。設定されている内容を選択してください。「会計年度」「月」で指定した期間が、以下のどちらかに該当していることが原因です。

  • 連携先のサービス上の会計年度として存在しない
  • 連携先のサービス上で登録されている複数の会計年度をまたがっている

再度「会計年度」「月」を指定してください。

2事業者が存在しません。●●の契約状況を確認してください。連携先のサービス●●において、対象の事業者で一度も「マネーフォワード クラウド会計」にログインしていないことが原因です。
対象の事業者で「マネーフォワード クラウド会計」にログインしたあと再度インポート操作をお試しください。
3アクセスが集中しています。時間をおいてから再度アクセスしてください。対象の会社において、複数のユーザーが同時にインポート操作を行ったことが原因です。
1名のみがインポート操作を行うようにしてください。
4エラーが発生しました。連携サービスからマネーフォワード クラウド会計の連携設定を確認してください。本エラーメッセージが表示された場合は、こちらの事項を記載・添付し、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
5システムエラーが発生しました。再度時間をおいてアクセスしてください。それでも解決しない場合は、お手数ですがマネーフォワード クラウドコンタクトセンター、もしくはメールにてお問い合わせください。本エラーメッセージが表示された場合は、こちらの事項を記載・添付し、お問い合わせ窓口までご連絡ください。

「マネーフォワード クラウド会計Plus」からデータを取り込む場合

No.エラーメッセージ原因と対処方法
6指定された会計年度が存在しません。設定されている会計年度を選択してください。「連携範囲」で選択した期間が、以下のどちらかに該当していることが原因です。

  • 連携先のサービス上の会計年度として存在しない
  • 連携先のサービス上で登録されている複数の会計年度をまたがっている

再度「連携範囲」を選択してください。

7認証情報が間違っています。連携サービス設定を確認してください。本エラーメッセージが表示された場合は、こちらの事項を記載・添付し、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
8データを取得できませんでした。●●の契約状況を確認してください。連携先のサービス●●において、対象の事業者に現在有効な契約がないことが原因です。
連携先のサービス●●のご契約状況をご確認ください。
9システムエラーが発生しました。再度時間をおいてアクセスしてください。一度時間を置いてから再度操作を行ってください。
時間を置いてもエラーが解消しない場合は、こちらの事項を記載・添付し、お問い合わせ窓口までご連絡ください。
10指定された期間で、マネーフォワード クラウド会計Plusに残高試算表のデータが登録されてません。データが登録されている期間を選択してください。「連携範囲」で選択した期間において、マネーフォワード クラウド会計Plus上に「承認済み」の仕訳が登録されていないことが原因です。
再度「連携範囲」を選択してください。

記載事項

エラーが解消しない場合は、以下の事項を記載・添付し、お問い合わせ窓口までご連絡ください。

  • 対象の「事業者」の事業者番号:xxxx-xxxx
  • 【「連結パッケージ」画面で「連携サービスインポート」を行おうとした際にエラーが発生した】旨
  • 操作を行った「会社」の名称(例:株式会社テスト)
  • 連携先サービスの名称(例:マネーフォワード クラウド会計Plus)
  • 連携サービスの「事業者」の名称(例:株式会社テスト 連結会計)
  • 連携先サービスが「マネーフォワード クラウド会計」の場合、「会計年度」「月」の指定内容(例:「2023」年度、「4」月-「3」月)
  • 連携先サービスが「マネーフォワード クラウド会計Plus」の場合、「連携範囲」での選択内容(例:2023/4/1~2024/3/31)
  • エラーメッセージ全文が確認できる画像の添付
更新日:2024年03月21日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: