1. 給与計算ソフト「マネーフォワード クラウド給与」
  2. 給与計算の基礎知識

給与計算の基礎知識

給与計算の方法や社会保険、健康保険、雇用保険等の各種保険、年末調整について説明します。

控除カテゴリ

社会保険 (広義)
社会保険 (狭義) について
健康保険 厚生年金保険 介護保険
労働保険 について
労災保険 雇用保険
その他
税金 について
所得税 住民税

新着記事

源泉徴収税額表の見方を会社員と個人事業主の場合別に解説!

源泉徴収税額表の見方を会社員と個人事業主の場合別に解説!

会社員の給与から毎月一定の所得税額が天引きされる源泉徴収制度。この源泉徴収額はどのように決められているのでしょうか? 今回は、源泉徴収制度の基本と徴収額を算出する際に必要な源泉徴収税額表の見方について、会社員と個人事業主、それぞれの場合を解…
2021年の年末調整の変更点は?令和3年度税制改正のポイントを徹底解説!

2021年の年末調整の変更点は?令和3年度税制改正のポイントを徹底解説!

年末調整は毎年のように税制改正の影響を受け、改正されていきます。2021年についても令和3年度税制改正により、さまざまな変更がありました。 ここでは、令和3年度税制改正における2021年の年末調整の変更点について解説します。 2021年の年…
年末調整手続きの電子化とは?方法やメリットについてわかりやすく解説!

年末調整手続きの電子化とは?方法やメリットについてわかりやすく解説!

年末調整といえば、従業員から紙で書類や控除証明書を受け取る必要があるなど、多くの労力がかかるものでした。しかし、今は、年末調整も電子化がされており、年末調整にかかる手間が削減できます。 ここでは、年末調整の電子化や「そのメリットとは何か?」…
コロナの影響で住民税納税が難しい人向け 徴収猶予の「特例制度」

コロナの影響で住民税納税が難しい人向け 徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウイルスの影響で事業に支障が出ている個人事業者の方、中小企業の経営者の方もおられるでしょう。政府のコロナ対策としては、中小企業者や個人事業者向けの持続化給付金、フリーランスを含む個人事業者向けの実質無利子・無担保の融資など、金銭的…
2020年度の労働保険の年度更新は期間延長!やり方と気を付けることを解説

2020年度の労働保険の年度更新は期間延長!やり方と気を付けることを解説

従業員を雇用している事業所が年に1回必ず行わなければならないのが、労働保険の年度更新です。年度更新の際には、前年度の確定保険料と今年度の概算保険料を計算しなければならず、手間がかかります。期限の直前にあわてないよう、手続きのやり方を知ってお…
在宅勤務で給料減?正しく評価されるための働き方とは

在宅勤務で給料減?正しく評価されるための働き方とは

新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務を導入する企業が増えていますが、その際に気になるのが給料の削減ではないでしょうか。 在宅勤務によって残業代のカットはあり得ますが、基本給のカットは原則ありません。しかし、その後の評価によって減給される…
年末調整で申請できない控除は?確定申告が必要なケースを解説

年末調整で申請できない控除は?確定申告が必要なケースを解説

年末調整で所得税が還付になり、12月の給料が楽しみという方も多いのではないでしょうか。1年間に生じた収入や支出によって、「控除」を受けられると聞いたことがあるかもしれません。控除には様々なものがあり、年末調整で申請できないケースや、確定申告…
2020年版(令和2年)の年末調整の仕方を解説!変更点や注意点はある?

2020年版(令和2年)の年末調整の仕方を解説!変更点や注意点はある?

2020年(令和2年)の年末調整に関する主な改正事項は、給与所得控除額の引き下げ、基礎控除額の引き上げ、所得金額調整控除の創設、扶養控除や配偶者控除の合計所得金額要件の変更及び、ひとり親控除の創設など、例年に比べ改正事項が多くなっております…
源泉徴収税額表の見方を解説!会社員と個人事業主の場合別

源泉徴収税額表の見方を解説!会社員と個人事業主の場合別

会社員の給与から毎月一定の所得税額が天引きされる源泉徴収制度。この源泉徴収額はどのように決められているのでしょうか? 今回は、源泉徴収制度の基本と徴収額を算出する際に必要な源泉徴収税額表の見方について、会社員と個人事業主、それぞれの場合を解…
所得控除の一覧まとめ 種類、対象者、計算方法をわかりやすく解説

所得控除の一覧まとめ 種類、対象者、計算方法をわかりやすく解説

年末調整や確定申告をする際に、1年間の所得金額から一定額を差し引くことができる所得控除。もし申請できる所得控除があれば税負担を軽減できます。今回は、所得控除の基本とその種類、試算シミュレーションなどを紹介します。 所得控除とは? 所得税を計…
「4月5月6月の給料で税金が決まる」は間違い!社会保険料と標準報酬月額を正しく理解

「4月5月6月の給料で税金が決まる」は間違い!社会保険料と標準報酬月額を正しく理解

先日電車に乗っていたら、会社の先輩後輩らしき二人組の会話が聞こえてきました。 先輩「私、5月にいっぱい残業したんだけど、このままじゃ多分今年の税金が高くなっちゃうんだ〜」 後輩「え、残業が増えると税金高くなるんですか?」 先輩「1年間の税金…
ボーナスを貰ってから転職したい人は「賞与基準日」を意識せよ

ボーナスを貰ってから転職したい人は「賞与基準日」を意識せよ

ボーナスの時期になりました。みなさんの懐は暖まりましたか? ぼくがいた東京国税局では、「期末手当」という名のボーナスが貰えます。給与の約4.3月分が6月と12月の2回に分けて支給されますが、夏の方がちょっぴり少なかったと記憶しています。 会…
新入社員でもわかる「給与明細の見方」 保険料は何のためにいくら引かれる?

新入社員でもわかる「給与明細の見方」 保険料は何のためにいくら引かれる?

この4月から働き始めた新入社員のみなさんにとって、待ちに待った初任給を受け取る時期が近づいてきました。期待に胸を膨らませながら給与明細を見てみると……総支給額からいろいろと差し引かれた手取り額に落胆するかもしれません。どの項目が、何のために…
2021年版|源泉徴収票の見方とチェックすべき項目を解説!

2021年版|源泉徴収票の見方とチェックすべき項目を解説!

年末になると、会社から発行される源泉徴収票。その中身を理解しているかと聞かれたら、自信がない方が多いと思います。 サラリーマンの大半は、自分自身で税金の計算を行う場面がほとんどないのが現状です。なぜなら、給与から所得税が差し引かれる源泉徴収…
【2018年】年末調整の変更点 夫の年収いくらだと「配偶者控除」受けられない?

【2018年】年末調整の変更点 夫の年収いくらだと「配偶者控除」受けられない?

年末調整のシーズンがやってきました。毎年11月頃になると勤務先から書類の提出を求められますが、後回しにしてまだ手続きをしていない方もいることでしょう。 今年の年末調整は2017年度の税制改正の影響を受け、「配偶者控除」の仕組みが変わります。…
医療費控除で住民税も安くなる

医療費控除で住民税も安くなる

医療費が多くかかった年は、確定申告で所得税が安くなることをご存知の方も多いでしょう。実は、医療費控除では住民税も安くなります。所得税の確定申告をすれば、住民税のために追加で手続きをする必要はありません。 医療費控除とは 医療費控除とは、所得…
賞与の所得税は自分でもチェックできる

賞与の所得税は自分でもチェックできる

賞与から天引きされる所得税は、給与のときとは違った方法で計算されます。この記事では、賞与から天引きされる所得税の計算方法を、計算例もあわせて詳しくお伝えします。 賞与は給与に比べて金額が高いだけに、天引きされる所得税が正しく計算されているか…
続柄の書き方は大丈夫?記載方法の基本をチェックしよう

続柄の書き方は大丈夫?記載方法の基本をチェックしよう

公的な書類を記入する時、「続柄」の書き方で迷うことはありませんか?ここでは、住民票をはじめ、年末調整や確定申告の際に記すことがある続柄の基本的な記載方法について解説します。 そもそも、続柄は何を表している? 公的な書類で記入することがある「…
年末調整の仕訳と勘定科目をわかりやすく解説

年末調整の仕訳と勘定科目をわかりやすく解説

年末調整は、毎月従業員から預かった源泉所得税について年間の精算を行う重要な業務です。 この年末調整の仕訳を間違うことなく計上できるようになれば、源泉所得税の一連の流れを理解できるようになったといえるでしょう。毎月の給与での預かり源泉所得税と…
退職後の健康保険 国民健康保険と任意継続保険を比較

退職後の健康保険 国民健康保険と任意継続保険を比較

会社員の場合、事業主の手続きにより健康保険に加入していますが、退職した場合の健康保険はどうなるのかご存知でしょうか。 「そのうち再就職するのだから、国民健康保険には加入しない」と考える人もいるかもしれません。 実際は転職が決まっていたとして…