マイナンバー制度のメリットを徹底解説

マイナンバー制度のメリットを徹底解説

マイナンバー制度がついに始まります。個人への番号通知は10月から、本格運用は来年1月からと待ったなしの状況になっています。

マイナンバー制度が導入されることにより、私たちの生活はどう変わり、どのようなメリットがあるのでしょうか?徹底解説します。

メリット1:手続きの簡略化

日本に住む私たちには、実は既に様々な番号が割り振られています。

住民票 :「住民登録番号」
年金  :「基礎年金番号」
健康保険:「保険者番号」
税金  :「整理番号」

これらはすでに、個人ごとに割り振られ、個々の役所で使われています。ところが、番号がそれぞれ違うために、役所間での情報共有には不向きでした。そのため、私たちはこれまで、ある役所に書類を提出するために、別の役所から別の書類を取得し、添付するという不便さを味わっていました。

マイナンバー制度の導入により、社会保障、税分野において統一の番号ができ、役所間の情報共有が容易となります。これにより私たちにはどんなメリットがあるのでしょうか?

マイナンバー導入前の業務手続き
マイナンバー導入後業務手続きの簡略化

(出典:マイナンバー 社会保障・税番号制度が始まります!入門編pdf|内閣府

【具体的な例(Aさんが保険料免除申請書を提出する場合)】
Aさんが保険料免除申請書を年金事務所に提出する場合、今までは市町村や公共職業安定所などに必要な書類を申請・取得し、その後取得した書類を添付して年金事務所に提出する必要がありました。
[Aさんは少なくとも役所で3回の手続きを取る必要がありました]

マイナンバー導入後、Aさんは、マイナンバーが記載された保険料免除申請書を年金事務所に提出するだけで手続きが済むようになります。これは、年金事務所がマイナンバーを暗号化した符号を各機関に送ることによって必要な情報を確認することができるからです。
[Aさんは1度の手続きをするだけで済みます]

このように手間のかかる行政への手続が簡単になります。これが第一のメリットです!

メリット2:個人に合った情報が受け取れる

マイナンバー制度の導入に併せて、マイナンバー制度に関する個人のポータルサイト、「マイナポータル」が開設されます。「マイナポータル」でできることは次の通りです。

1.自己情報表示
 自治体などが保有する自分の特定個人情報の閲覧
2.情報提供等記録表示
 国や自治体などの間で交わされた特定個人情報のやり取りの記録の閲覧
3.お知らせ情報表示
 予防接種や年金、介護など、自治体からのお知らせの受け取り
4.ワンストップサービス
 引っ越しなどライフイベントに関する手続きの官民横断的なワンストップ化
5.電子私書箱
 行政機関や民間事業者が発行する支払証明書などの各種電子データの受領
6.電子決済サービス
 納税や社会保障などの決済をキャッシュレスで行えるサービス

このように、「マイナポータル」では、自分の情報がどう保有され、どう利用されているかを表示することができます。また、自分に合った必要な情報(予防接種、受給できる手当や年金、介護などに関する情報)を受け取ることができます。
これが第二のメリットです。

メリット3:災害時にも?

東日本大震災では、被災3県で15,786人(2012年3月11日時点)の死者が発生しました。そのうち60歳以上の高齢者は10,085人と、死者数の65.8%を占めています。

この教訓から学べることは、災害時における正確な要支援者情報の重要性であり、その前提となる要支援者リストの整備・維持の重要性です。

マイナンバー制度導入により、自治体は必要に応じて家族の状況、個人の健康保険や介護保険の利用状況などを確認。持病・障害等の把握ができるようになり、要支援者リストの整備を行いやすくなります。

また、災害後の被災者生活再建支援金などの給付においても、個人の資産状況、健康状態を把握、これまで以上に適切な給付ができるようになります。これが第三のメリットです。

まとめ

マイナンバー制度の導入は、社会保障・税制度の大きな転換点ともいえます。

これまでは、国民の共通番号がなく、また、役所間の情報共有もほとんどなかったため、一つの書類を役所に提出するため、別の複数の役所から添付書類を取り寄せなければいけませんでした。まさに「縦割り行政です」。

マイナンバー制度は、これらの不便から解放されるというメリットがあります。しかしながら、一方では、国による国民の個人情報の把握が強まる不安が指摘されているのも事実です。

マイナンバー制度には、行政手続きの簡略化や、必要な情報の把握、災害時での活用等、さまざまなメリットがあります。ですが、私たちも、自分の情報が適切に収集・利用されていることをマイポータルなどで、監視・監督する責任が出てくるのかも知れません。



強固なセキュリティ対策を施したクラウド型マイナンバー管理システム

マイナンバー管理システム「MFクラウドマイナンバー」

マイナンバーの収集・管理・破棄は、手元に番号を保管しないクラウド型のマイナンバー管理システム「MFクラウドマイナンバー」を是非ご利用ください。

マイナンバー制度で企業が対応すべきこと
マイナンバーソリューション「MFクラウドマイナンバー」の機能
マイナンバーのセキュリティ対策とは

Pocket