1. 給与計算ソフト「マネーフォワード クラウド給与」
  2. 労務の基礎知識

労務の基礎知識

給与計算の方法や社会保険、健康保険、雇用保険等の各種保険、年末調整について説明します。

控除カテゴリ

社会保険 (広義)
社会保険 (狭義) について
健康保険 厚生年金保険 介護保険
労働保険 について
労災保険 雇用保険
その他
税金 について
所得税 住民税

新着記事

年末調整書類の記入例

年末調整書類の記入例

年末調整に関する書類は記入項目がたくさんあるため、毎年記入している人も初めて記入する人も、なんとなく自信がないまま提出することになりがちです。 しかし年末調整書類の記入例があれば、苦手な書類作成をスムーズに行うことができます。今回は年末調整…
年末調整で受けることのできる控除まとめ

年末調整で受けることのできる控除まとめ

給与所得者が納税額を低く抑えるために適用できる控除は、全部で14種類あります。 これら14種類の控除は、 年末調整時に適用される控除 年末調整後に適用される控除 の2つに分類されます。 今回は、年末調整時と年末調整後に適用される控除をそれぞ…
手取りは「天引き後」の給与!どこから何が差し引かれているか知っておこう

手取りは「天引き後」の給与!どこから何が差し引かれているか知っておこう

「手取り」「年収」「額面」など、給与額を表現する言葉には様々なものがあります。しかし実はそれぞれの言葉がどんな数字を意味するのかを、よくわからない人も多いのではないでしょうか。 ここではそれぞれの言葉の意味を説明するとともに、手取りがどうや…
サラリーマンの節税|サラリーマンが知っておくべき節税ポイント

サラリーマンの節税|サラリーマンが知っておくべき節税ポイント

サラリーマンが支払う所得税は、給与収入から「給与所得控除」や各種「保険料控除」、「医療費控除」「配偶者控除」「特定支出控除」などの金額を差し引き、そこに収入に応じた税率をかけることで算出します。 一部の控除項目は給与を受け取る時点で計算に含…
所得税の税率改定で何が変わる?

所得税の税率改定で何が変わる?

平成25年度の税制改正で、平成27年から適用される所得税の最も高い税率が40%から45%に引き上げられることになりました。今回は、所得税の税率改定で何が変わるかについて解説していきます。 所得税の計算方法 税率が変更されることで、何が変わる…
給与所得控除が認められる条件と計算方法

給与所得控除が認められる条件と計算方法

所得税や住民税を計算するとき、自営業者なら必要経費を収入から差し引きして計算をしますが、サラリーマンをはじめとした給与所得者は、必要経費となるものはないのでしょうか? 答えはNOです。給与所得者が所得税や住民税を計算するときにも、自営業者の…
所得税で認められる寄付金控除の範囲とは?

所得税で認められる寄付金控除の範囲とは?

納税者である個人が、国や地方公共団体などに対して寄付をした場合、つまり特定寄付金を支出した場合は、所得税の所得控除(寄付金控除)を受けることができます。 また指定寄付金のうち、政治活動関連への寄付金や、認定NPO法人、公益社団法人などへの寄…
所得税が非課税になる場合とは

所得税が非課税になる場合とは

所得税は基本的にすべての所得に対して課税されます。しかし、宝くじのように例外として所得税が非課税になるケースも定められています。ここでは、それらの非課税の事例について解説します。 所得税が非課税の場合 所得税が非課税の場合はすべて法定化され…
所得税と住民税の違いとは?

所得税と住民税の違いとは?

「所得税」と「住民税」はどちらも給料から天引きされていて、所得に応じて納める金額が変わってくるなど、似ている要素を持っていますが、計算方法などはそれぞれ違います。 ここではこの2つの税金について、比較しながら解説をしていきたいと思います。 …
みなし残業のメリットや残業代を支給給与に含む意味を解説!

みなし残業のメリットや残業代を支給給与に含む意味を解説!

みなし残業とは、会社が従業員の正確な残業時間を把握できない場合に、従業員の残業時間をあらかじめ見込んでおくことをいいます。 みなし残業代が設定されている状況で毎日会社を定時に退社することができれば、理論的には残業がないことになるため、給与は…
住民税<普通徴収と特別徴収の違いとは?>

住民税<普通徴収と特別徴収の違いとは?>

普段は意識しないことですが、税金には国に納める「国税」と地方に納める「地方税」の2種類があります。 住民税は地方税の普通税に該当し、地方自治体が地方税法に則って徴収しています。 地方税法そのものは総務省が所管していますが、実際には都道府県や…
企業年金制度は3種類!それぞれの特徴を解説

企業年金制度は3種類!それぞれの特徴を解説

企業年金制度は、年金制度の一つです。年金制度は大きく1階部分の「基礎年金」、2階部分の「被用者年金」、そして3階部分の「企業年金」に分けられます。 さらに、企業年金には「厚生年金基金」「確定給付企業年金」「確定拠出年金」の3種類の企業年金制…
退職金制度はどうやってつくる・廃止するのか 制度比較や注意点を詳細解説

退職金制度はどうやってつくる・廃止するのか 制度比較や注意点を詳細解説

昨今の企業では、退職金の制度は廃止される、または設置されない傾向にあります。 かつての終身雇用が当たり前だった世の中では、退職金は給与の一部として、後払いされるものという認識がありましたが、最近では認識が変わってきています。 一部では、労働…
事業主が知っておくべき雇用保険の基礎知識

事業主が知っておくべき雇用保険の基礎知識

従業員を雇う場合、雇用保険に加入することが義務付られています。今回は、雇用保険の内容や手続きについて解説します。 雇用保険とは 雇用保険とは、労働者が失業した場合に、生活と雇用の安定と就職の促進のために、一定の給付を行うようにするための保険…
マイナンバーが漏洩したらどうなるの?

マイナンバーが漏洩したらどうなるの?

「国民の行政利用の利便性向上」を旗印に平成28年1月から導入されるマイナンバー制度。 便利になることはいいことですが、事業者や総務などマイナンバーを管理する側には「漏洩」のリスクが常につきまといます。ここではマイナンバー漏洩に対する罰則や対…
マイナンバーの保管期間に関するまとめ

マイナンバーの保管期間に関するまとめ

国税関係帳簿や書類は一定の保管期間が義務付けられています。事業規模や書類の種類にもよりますが、7年の保管期間であれば問題ないと認識されている方が多いことと思います。 ではマイナンバーはどのように保管することが義務付けられているのか、またどの…
マイナンバーに関する税務関係実務~入社から退職まで~

マイナンバーに関する税務関係実務~入社から退職まで~

平成27年10月に個人番号と法人番号が通知され、平成28年1月からマイナンバー制度が始まりました。マイナンバーと税務に関連する実務を入社から退職までの手順を追いながら確認していきましょう。 新規雇用におけるマイナンバー実務 従業員を採用した…
マイナンバー制度っていつから?マイナンバー制度のスケジュールとは

マイナンバー制度っていつから?マイナンバー制度のスケジュールとは

マイナンバー制度っていつから始まったか知っていますか? 平成27年10月から個人への通知が始まり、平成28年1月1日から本格運用が始まりました。 1.基本方針の策定 できる限りすぐに基本方針の策定をしましょう。基本方針に定める事項としては、…
マイナンバー導入後に支払調書を作成する際の注意点

マイナンバー導入後に支払調書を作成する際の注意点

マイナンバー導入後に様式が新しくなる支払調書には、 ・報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書 ・不動産の使用料等の支払調書 ・不動産等の譲受けの対価の支払調書 ・不動産等の売買または貸付けのあっせん手数料の支払調書 があり、これらの支払調書を…
マイナンバーの通知カード、届く時期と届いた後の手続を教えます!

マイナンバーの通知カード、届く時期と届いた後の手続を教えます!

マイナンバー制度が実施されることをご存知の方は多いと思いますが、マイナンバーの通知カードが、いつ手元に届き、届いた後は何をすればいいかご存じでしょうか? マイナンバーの通知カードが届く時期は? マイナンバーの通知カードは今年10月以降、順次…