「2025年の崖」とは?要約すると?問題や対策すべきことをわかりやすく解説!

読了まで約 6

「2025年の崖」とは、経済産業省の「DXレポート」で提示されたキーワードです。経済産業省によると、2025年には現在多くの日本企業が抱えている諸問題が顕在化し、国際競争力を失って大きな経済的損失になると予測しています。この課題に対し、日本の企業はなにをすればよいのでしょうか。ここでは、経済産業省が警鐘を鳴らす「2025年の壁」について、その問題と対策について解説します。

「2025年の崖」とは?DXレポートとの関係とは?

「2025年の崖」とは、経済産業省が「DXレポート」にて提示した、日本の近い将来に対する警鐘です。2018年に発表された同レポートでは「日本企業がDXを推進しなければ、2025年以降の5年間で、最大で年間12兆円の経済損失が生じる」と記され、多くの企業に衝撃を与えました。
参考:DXレポート~IT システム「2025 年の崖」の克服と DX の本格的な展開~|経済産業省

これ以降、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進に取り組む企業が増えましたが、多くの企業はまだDXの前段階といえる「デジタル化」にとどまっており、本格的にDXを推進できている企業は少ないようです。

DXとは、業務プロセスだけでなく企業活動の全体をデジタル化することで、企業のあり方そのものを変え、顧客に新しい価値を提供する大きな変革を意味します。DXの詳細は
「DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?ビジネスにおける定義やデジタル化との違いをわかりやすく解説!」
を参考にしてください。

「2025年の崖」を要約すると?

「2025年の崖」では、次のような問題が提示されています。これらの問題は、現在、日本企業の多くが抱えている課題といえます。

既存のITシステムのレガシー化

多くの企業では、既存のITシステムが老朽化して非効率的なものになっています。また、長年メンテナンスを繰り返し行ったことでパッチワーク状になりシステムは複雑化。さらに既存のシステムは、単独の業務を管理するものが多く、データ連携がスムーズに行えないものがたくさん残っています。

このようにレガシーシステムとなった既存のITシステムは、非効率的なだけでなく、時代に合わなくなってきているのです。

レガシーシステムを維持するエンジニアが足りない

レガシーシステムの維持には、大きなコストや、古いシステムについて知見のあるエンジニアが必要です。しかし、どの業界でもエンジニアが足りていません。なかでも、レガシーシステムに対応できるようなエンジニアやDX人材は特に不足しています。

レガシーシステム保守の予算もかさんでいる

レガシーシステムは、扱えるエンジニアが少なく、保守の回数も多いため、保守運用に大きなコストがかかります。そのうえ、エンジニアが不足することで、メンテナンス費用はさらに上がると予測されます。

新しい技術に対応できない

レガシーシステムのままでは、AIやIoTなど新しい技術に対応することが難しくなります。そのため、新しいビジネスモデルや新商品開発にも支障がでてきます。

アプリケーションのサポート切れ

使用しているアプリケーションのサポート切れにより、セキュリティホールがあっても修正プログラムが提供されなくなります。それによってセキュリティリスクが増大するだけでなく、サイバー攻撃で狙われる可能性が高まります。

このように、レガシーシステムを使い続けていれば、業務効率化も進まず、新しいビジネスモデルにも対応できません。また保守運用にもコストがかかり、セキュリティ上のリスクも増大してしまいます。

この状態を維持したままでは、企業の競争力は低下し、国全体に大きな経済損失をもたらすと考えられます。この危機的状況が「2025年の崖」と呼ばれるものです。

なぜ2025年なのか?「2025年の崖」に指摘される現状の問題をわかりやすく解説

なぜ2025年に問題が起こるのでしょうか?2025年には、次のような要因が重なるからです。

エンジニア不足の激化

レガシーシステムを保守運用しているエンジニアの多くが、2025年には定年などで職場を離れてしまいます。それによって、レガシーシステムの維持管理はさらに難しくなり、さらにブラックボックス化してしまうことで、コストの高いものになってしまいます。

アプリケーションのサポート切れ

2025年には、SAP、Windows7など、これまで多くの企業が導入し、さまざまな業務をささえてきたシステムやアプリケーションのサポート期間が終了されるといわれています。新しいシステムに入れ替えるには、大きな費用がかかりますが、それに対応できなければセキュリティのリスクが増大してしまいます。

レガシーシステム化の進行

現在でも、多くのシステムがレガシーシステムとなっています。しかし2025年になると、エンジニア不足とアプリケーションのサポート切れにより、レガシーシステムはますます非効率で保守運用がしにくいものになっていきます。このシステムを利用したままでは、企業競争力を高めることはできません。

市場のデジタル化の進行

市場のデジタル化は避けられない流れであり、これからはさらに加速することが予想されます。そのため、レガシーシステムを維持したままの企業は、新しい技術やサービスに対応できなくなり、競争力を失って取り残されてしまう可能性がでてきます。

こうした課題に対する遅れが2025年に一気に顕在化してくるとされているのです。

「2025年の崖」を放置するとどうなる?その解決とは

「2025年の崖」を放置するとどうなるのでしょうか?また、その未来はどうすれば回避できるのでしょうか。

「2025年の崖」を放置した場合

「2025年の崖」を放置すると「なぜ2025年なのか?」の章で説明したとおり、企業の競争力が大きく低下します。このまま放置すると「DXレポート」で予測されているとおり、2025年~2030年の間の5年間で、最大12兆円の経済損失が起こるでしょう。

参考:DXレポート~IT システム「2025 年の崖」の克服と DX の本格的な展開~|経済産業省

「2025年の崖」に対処した場合

「2025年の崖」に対処する方法は、各企業がDXを推進することです。具体的には、次の2つを推進する必要があります。

  • レガシーシステムの刷新とシステムの再構築
  • 業務プロセスの見直しからの業務効率化

まずはこの2つを実施することで、デジタル化が進むビジネスに対応しながら業務効率化が進み、顧客のニーズに応える新たな価値を創り出すことができるようになります。その結果、競争上の優位性を確立して「2025年の崖」を克服することができるのです。

まとめ

「2025年の崖」とは、経済産業省が「DXレポート」で提示した、日本企業が直面しようとしている危機的状況を表したキーワードです。

日本企業の多くがこのまま非効率的な古いITシステムを使い続けることで、保守運用に大きな費用と手間がかかり、また新しい技術に対応することや新しいビジネスモデルを開発することができなくなります。このままでは、企業競争力が低下し、国全体でも大きな経済的損失が発生してしまいます。これが「2025年の崖」です。

この問題を克服するためには、各企業がレガシーシステムを刷新し、業務プロセスの見直しから業務効率化を行うDXに取り組んでいくことが必要です。DXを推進することで、デジタル化が加速するグローバルな市場でも企業競争力を維持し、成長していくことができるのです。

よくある質問

「2025年の崖」とは?

2025年に、現在日本企業の抱えている問題が顕在化し、国際競争力が低下して大きな経済的損失が発生するという予測です。

「2025年の崖」を放置するとどうなる?

2025年~2030年の間の5年間で、最大12兆円の経済損失が起こると予測されています。

「2025年の崖」に対応するにはどうすればよい?

各企業がDXを推進し、レガシーシステムを刷新して業務効率化を進め、新しいビジネスモデルを創り出す必要があります。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

Bizpedia編集部

「Money Forward Bizpedia」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。 マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。