マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

支払調書を出力するまでの流れ

概要

このガイドでは、支払調書を出力するまでの一連の流れをご説明します。

※「支払調書」機能のご利用には「コーポレート」オプションのご契約が必要です。

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債務支払を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

  1. 支払調書設定
  2. 経費科目の報酬区分設定
  3. 従業員一覧のマイナンバー閲覧権限設定
  4. 取引先・支払先の項目設定
  5. 支払依頼申請
  6. 集計
  7. 支払調書の作成
  8. 支払調書の出力

1.支払調書設定

「管理設定」>「債務機能設定」>「支払調書設定」画面にて、「区分名」の登録や金額を合算するかどうかなどの設定を行います。

設定方法は、以下のガイドをご参照ください。
「支払調書設定」の設定方法

2.経費科目の報酬区分設定

「管理設定」>「債務機能設定」>「科目」>「経費科目」画面にて、各経費科目に報酬区分を紐づける設定を行います。
表示される「報酬区分」は、「支払調書設定」で「表示する」と設定されている区分のみです。

経費科目の設定方法については、以下のガイドをご参照ください。
経費科目

3.従業員一覧のマイナンバー閲覧権限設定

「管理設定」>「従業員」>「従業員一覧」画面にて、「管理」権限者に対してマイナンバーの閲覧権限を付与するかどうかを設定します。
閲覧権限がない場合、マイナンバー記載のある支払調書データの出力は行なえません。

※「管理」権限者以外の従業員に対してマイナンバーの閲覧権限の付与は行えません。

従業員の設定方法は、以下のガイドをご参照ください。
従業員

なお、マイナンバーの閲覧権限設定を変更すると、「経理業務」>「履歴」>「設定変更」画面に設定変更の履歴が表示されます。

4.取引先・支払先の項目設定

取引先」画面で各項目の設定を行います。
支払調書の出力には、必須項目のほかに下記項目の設定が必要となります。

  • 取引先名称
  • 法人区分
  • 取引先住所
  • 国内外区分
  • マイナンバー / 法人番号

取引先の設定方法については、以下のガイドをご参照ください。
取引先の設定方法

<ご注意>
支払調書の出力対象は、法人区分が「個人事業主」となっている取引先のみです。
他の区分を選択した場合は、出力対象になりません。

5.支払依頼申請

各従業員が支払依頼申請を行います。
報酬区分が設定された「経費科目」を選択し、預かり源泉税額を入力して支払依頼申請してください。
承認者が承認することで、支払依頼申請が完了します。

支払依頼申請の操作方法は、以下のガイドをご参照ください。
支払依頼申請

6.支払集計

「経理業務」>「支払依頼」>「集計(支払処理)」画面にて、取引先への支払集計を実施します。
※支払調書の出力時に「金額集計方式」で「対象年度中に支払されたものが対象(未収・未徴収なし)」を選択するためには、集計を行う必要があります。

「集計(支払処理)」画面での操作方法は、以下のガイドをご参照ください。
集計(支払処理)

7.支払調書の作成

「経理業務」>「支払調書」画面で支払調書の集計を実行し、集計データを作成します。
支払調書データの内容確認を行い、必要に応じて修正を行ってください。
なお、集計後に「詳細」>「すべて出力」または「詳細」>「編集」>「出力」と操作することで対象の支払調書が出力できます。

「支払調書」の操作方法については、以下のガイドをご参照ください。
「支払調書集計」画面の操作方法

8.支払調書の出力

支払調書は、「支払調書」画面で出力を実施することでダウンロードが可能となります。
出力後、「経理業務」>「ファイル」「一時ファイル」画面で支払調書をダウンロードしてください。

なお、ダウンロードした支払調書は、税務署や取引先への提出に利用できます。

更新日:2022年06月10日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: