マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

集計(支払処理)

概要

集計を行うと、「総合振込(FB)データ」の作成、「銀行振込API連携」が可能となります。

対象ページ

経理業務>支払依頼>集計(支払処理)

対象ユーザー

管理権限の方

手順

集計手順

1.「経理業務>支払依頼>集計(支払処理)」をクリックします。

2.「新規集計(支払処理)作成」をクリックします。

3.集計可能な申請一覧が表示されますので、集計に含めたい申請にチェックし、「登録する」をクリックします。
集計可能な申請は最終承認済みかつ、他の集計に含まれていない申請となります。
申請数が多い場合は、承認日や部門、支払先口座の金融機関などで申請の絞込検索が可能です。

タイトル
集計のタイトル名を編集できます。

支払日
支払日(予定)が登録できます。この日付が総合振込データの振込日となります。

支払元口座
「事業者設定>債務機能設定>支払設定>支払元口座」で設定した口座の中から、支払元口座を選択します。

金額
チェックした申請の合計金額が表示されます。

4.集計が作成されます。

※含まれる申請が多い場合、ステータスが「作成中」となり、編集等はできなくなります。
画面右上の通知欄より完了通知をご確認ください。

合算仕訳
集計に含まれる明細の合算仕訳が表示されます。

摘要
「マネーフォワード クラウド会計」「マネーフォワード クラウド確定申告」に仕訳連携する際の摘要欄内容を編集できます。

取引日
前月末日が初期値として連携(表示)されますが、日付を編集後「仕訳再作成」をクリックすると、変更後の取引日で再連携されます。

振込データ
集計に含まれる支払先毎の精算額が表示されます。
従業員名/振込先情報/振込金額がcsvでダウンロードできます。
振込データに表示がされない場合は取引先>支払先画面にて、「支払い方法」を「銀行口座振込」に変更することで振込データに含めることができます。

「支払先>振込手数料先方負担」で「あり」を選択している場合は、集計内に「振込手数料」欄が表示され、金額の「編集」が可能となります。
任意の金額を入力することで、「金額」から「振込手数料」が引かれた金額が「差引振込金額」として計算されます。
※振込手数料の計算機能はコーポレートプランのみ使用可能な機能となります。

振込依頼
「銀行振込API」を利用して、振込データを金融機関に送信します。

総合振込データ出力
全銀フォーマットで総合振込(FB)データを出力できます。
詳細な手順等は「総合振込(FB)データの出力」をご参照ください。

支払依頼
集計に含まれている申請の確認が可能です。

合計明細csvダウンロード
集計に含まれる明細をcsvでダウンロードできます。

ご不明点がございましたら、下記もご参照ください

Q. 集計(支払処理)にある「仕訳作成」ボタンはどういったときに使用するものですか
Q. 「振込依頼人名に使用できない文字が含まれています。」とエラーが表示されます。どうすればよいでしょうか?
Q. 仕訳エクスポートで支払の仕訳を出力することはできますか?

更新日:2022年07月04日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: