マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

支払依頼申請

概要

このガイドでは、支払先への支払申請を作成・申請する方法についてご説明します。

なお、支払先情報は、「管理」権限を持つユーザーがあらかじめ「取引先」画面で登録する必要があります。
支払先情報が登録されていない場合は、事業者の管理者にご相談ください。

対象ページ

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド債務支払をご利用中のお客さま

目次

  1. 支払依頼申請の個別登録
  2. 申請内容の確認
  3. CSV一括インポートによる下書き作成手順
  4. 請求書一括アップロードよる下書き作成手順
  5. 請求書自動取込による下書き作成手順
  6. マネーフォワード クラウド請求書からの連携

手順

支払依頼申請の個別登録

  1. 「ホーム」>「支払依頼」をクリックします。

    ※「申請」>「支払依頼」>「申請一覧」>「新規申請」>「個別登録」から作成することも可能です。

  2. 「支払先」を選択します。
    選択したい支払先が登録されていない場合は、管理者に登録をご依頼ください。
  3. 「支払期日」や「明細情報」など、管理者が設定した支払先情報が反映されます。
    必要に応じて手入力で編集を行ってください。
  4. 必要に応じて請求書画像をアップロードします。
  5. 必要項目を入力します。*は必須項目のため、必ず入力してください。
    ※明細については、「品目」「単価」「数量」が必須項目です。

    請求書に複数明細の記載がある場合は、「+明細の追加」をクリックして品目を追加してください。
    既存の明細の複製や削除を行いたい場合は、操作列の「︙」をクリックし必要なものを選択ください。
    操作
    なお、選択した経費科目によってはエラーやアラートが設定されていますので、ご注意ください。
  6. エラー:入力や選択を行い、解消しないと申請できません。

    アラート:注意喚起となり、対応しなくとも申請は可能です。

  7. 「次に、承認者を選択する」をクリックします。
    上記の操作により、支払依頼申請が完了します。

申請内容の確認

申請した支払依頼は、「支払依頼」>「申請一覧」画面で確認できます。

CSV一括インポートによる下書き作成手順

  1. 支払依頼>申請一覧画面の「CSV一括インポート」よりCSVサンプルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたCSVファイルのA列(行形式)に、「支払依頼」または「明細」のいずれかを入力します。
    • 「支払依頼」行
    • 「支払依頼」行には、「支払先」「支払期日」「費用計上日」などの支払依頼申請の内容を入力します。
      支払先の特定については「支払先コードのみ」「支払先名称のみ」でも取込み可能です。
      なお、「支払先コード」と「支払先名称」を両方入力した場合、「支払先名称」の内容が優先されます。

      支払先コードを入力する際、ご利用の表計算ソフトによっては先頭の「0」がなくなり、システムに登録している支払先コードと一致しない場合がありますので、ご注意ください。

      部門やプロジェクトを入力する場合は、あらかじめ事業者の管理者が設定した内容以外はエラーとなりますので、ご注意ください。

      【申請例】

      ※項目内容は事業者によって変更されている場合があります。

    • 「明細」行

    「明細」行には、「品目」「経費科目」「合計金額」などの明細内容を入力します。
    ※下記画面で「+明細の追加」をクリックした際に入力する内容です。

    なお、金額を入力する際は、合計金額が優先されます。
    そのため、「単価」×「数量」が「合計」と合致しなかった場合、「合計」を正として「数量」から割り戻した値が自動的に「単価」に反映します。

    【例】

    単価(税抜)数量合計(税抜)消費税
    CSV入力時1,000円58,000円200円
    インポート後1,600円58,000円200円

請求書一括アップロードよる下書き作成手順


「申請」>「支払依頼」>「申請一覧」>「新規申請」>「一括アップロード」から作成します。
取引先から受領した請求書を「OCR入力」(自動読み取り)か「オペレーター入力」で登録する方法です。
「オペレーター入力」は「チームプラン」をご利用の場合、1請求書あたり20円の有料となります。
「コーポレートプラン」をご利用の場合は、使い放題となります。

  • 請求書処理種別
請求書処理種別説明
オペレーター入力取引先から受領した請求書画像を取り込むと、約1営業日程で支払依頼申請の下書きが作成されます。
下書きは、オペレーターが請求書に記載されている支払先名を確認し、支払依頼申請内の「支払先」を選択します。
また、「支払先」選択と同時に、あらかじめ「支払先」に設定されている以下の内容をセットします。

  • 品目
  • 費用負担部門
  • 経費科目
  • 費用負担プロジェクト
  • 貸方勘定科目
  • 貸方補助科目
  • 税込入力
  • 支払期日

※請求金額は、オペレーターが合計金額のみ読み取り、明細の1行目に入力します。
※税区分については、「支払先」に経費科目の設定がある場合、経費科目に紐づく税区分を入力します。
経費科目設定がない場合、メールに記載があればその税区分を反映します。
いずれも記載がない場合は「課税仕入10%」を入力します。

OCR入力取引先から受領した請求書画像を取り込むと、支払依頼申請の下書きが作成されます。
請求書に記載されている「支払先名」をもとに、支払依頼申請内の「支払先」を選択します。
また、あらかじめ「支払先」に設定されている以下の内容を明細の初期値としてセットします。

  • 品目
  • 費用負担部門
  • 経費科目
  • 費用負担プロジェクト
  • 貸方勘定科目
  • 貸方補助科目
  • 税込入力

同時に、OCRにて、以下を読み込みます。

  • 支払期日

※請求金額は合計金額のみ読み取り、明細の1行目に入力いたします。
※税区分については、「支払先」に経費科目の設定がある場合、経費科目に紐づく税区分を入力します。
経費科目設定がない場合、メールに記載があればその税区分を反映します。
いずれも記載がない場合は「課税仕入10%」を入力します。

  • PDFファイルのページ分割

チェックを入れると、1つのPDFファイルに複数のページがある場合、ページごとに分割して申請の下書きを作成します。
※1ページ1請求書で作成されたPDFファイルの場合のみ有効です。1ページに複数の請求書がある場合、OCR読み取りやオペレーター入力は行われませんのでご注意ください。

請求書自動取込による下書き作成手順

  1. 支払先より、「支払先」ごとに設定した「請求書受領用メールアドレス」宛にメールが送付されると、請求書ファイルを取得します。
  2. OCR機能により送信元メールアドレスから「支払先」を特定し、「支払先」に登録されている情報を明細の初期値として入力します。
    • 品目
    • 費用負担部門
    • 経費科目
    • 費用負担プロジェクト
    • 貸方勘定科目
    • 貸方補助科目
    • 税込入力

    同時に、OCRにて、以下を読み込みます。

    • 支払期日
    • 請求金額
  3. 支払依頼申請の下書きが作成されます。
    必要に応じて編集を行い、申請します。
<ご注意>

  • 圧縮ファイルやExcel形式のファイル、パスワード付きのファイルは読み取りできません。
  • 読み取りできる情報は、合計金額のみです。明細の1行目に合計金額が入力されるので、必要に応じて明細の追加や編集を行ってください。
  • 税区分については、「支払先」内の「支払明細初期値」に経費科目の設定がある場合、経費科目に紐づく税区分を入力します。
    「支払明細初期値」に経費科目設定がない場合、受領したメール添付された請求書記載のの税区分を反映します。
    いずれも記載がない場合は「課税仕入10%」を入力します。

マネーフォワード クラウド請求書からの連携

マネーフォワード クラウド請求書から連携した場合、明細なども精度高く読み取ることができます。
詳しくは以下ガイドをご参照ください。
「マネーフォワード クラウド請求書」から受信したメールからの申請方法

ご不明点がございましたら、下記もご参照ください

Q. OCR入力(自動読み取り)機能とはどんな機能ですか?
Q. オペレーター入力とはどんな機能ですか?

更新日:2022年09月15日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: