マネーフォワード クラウド債務支払使い方ガイド

経費科目

概要

このガイドでは、マネーフォワード クラウド債務支払で使用する「経費科目」の設定について、ご説明します。
「経費科目」とは、「贈答品費」のように、勘定科目に詳しくない従業員が選択しやすい名称を登録することで、意識せずに申請が可能です。
従業員が選択しやすい名称を登録することで、仕訳に詳しくない方でも「借方勘定科目」を意識せずに経費明細の登録が可能となります。
また、設定次第で「エラーやアラートを表示する」ことが可能です。

対象ページ

管理設定>債務機能設定>科目・税区分>経費科目

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債務支払を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

  1. 基本設定
  2. アラート・エラー設定

1.基本設定

  1. 「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「経費科目」をクリックします。
  2. 「新規作成」をクリックします。
  3. 「経費科目名」の入力や、紐づける「借方勘定科目」の選択などを行います。

    項目名項目の説明
    1経費科目名経費明細登録画面に表示される「経費科目」の名称となります。
    「電車」「バス」「コピー代」等、わかりやすい名称でご設定ください。
    2コード経費科目にコード(50文字以内)を設定することが可能です。
    3経費科目の利用可否経費科目として利用するかどうかを設定します。利用する経費科目については、「有効にする」を選択してください。
    ※支払依頼申請時に選択可能な状態にするには、別途部門ごとの「利用経費科目」の設定が必要です。
    4借方勘定科目経費科目に紐づける勘定科目を選択します。
    勘定科目の設定については、こちらをご参照ください。
    5補助科目「借方勘定科目」選択後に、必要に応じて補助科目を設定してください。
    6デフォルト税区分経費科目選択時に初期値として選択される税区分を選択します。
    あらかじめ勘定科目・補助科目に紐づけている税区分で良い場合は、「勘定科目・補助科目に紐づく税区分」を選択してください。
    7報酬区分支払調書設定」で、表示フラグが「表示する」と設定している報酬区分から選択できます。
    8表示順値が小さいほど優先度が高くなり、経費明細登録時のプルダウンで上に表示されます。
  4. 必要事項の入力が完了したら「保存する」をクリックします。

    「作成時に全従業員の表示設定もオンにする」にチェックを入れると、全部門の「利用経費科目」画面でもチェックされた状態になります。
    特定の部門のみ利用可としたい場合はチェックせずに「保存する」をクリックし、別途「利用経費科目」をご設定ください。

2.アラート・エラーの設定

支払依頼申請の明細登録を行う時に、「経費科目」を選択すると設定に応じてアラートやエラーを表示することができる設定です。
以下のように明細登録時にメッセージが表示されます。

  1. 基本設定」後に、経費科目の「詳細」をクリックします。
  2. 「アラート・エラー設定」の「編集」をクリックします。
  3. 必要に応じて各項目ごとに「アラート」、「エラー」、「なし」からいずれかにチェックします。
選択肢選択肢の説明
アラート不備がある場合注意喚起として「アラート」が表示されますが、申請や下書き保存は可能です。
エラー不備がある場合、申請や下書き保存はできません。
なしアラートやエラーは発生しません。

アラート・エラー設定の各項目の説明

項目名項目の説明
費用負担部門支払依頼申請の明細で、「費用負担部門」の選択を行っていないときの設定です。
プロジェクト支払依頼申請の明細で、「プロジェクト」の選択を行っていないときの設定です。
源泉徴収額支払依頼申請の明細で、「源泉徴収税額」の入力を行っていないときの設定です。
メモ支払依頼申請の明細で、「メモ」に入力がない場合の設定です。
更新日:2023年01月13日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: