マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

「勘定科目」の設定方法

概要

このガイドでは、勘定科目および補助科目の設定についてご説明します。

なお、科目を設定するためには、あらかじめ「クラウドシリーズ連携」画面で連携設定を行う必要があります。
「クラウドシリーズ連携」の設定方法については、以下ガイドをご参照ください。
「クラウドシリーズ連携」の設定方法

対象ページ

管理設定>債務機能設定>科目・税区分>勘定科目

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債務支払を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

クラウド会計と連携する場合

「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「勘定科目」画面には、「マネーフォワード クラウド会計」で設定済みの勘定科目および補助科目が表示されます。
表示されている科目ごとに、マネーフォワード クラウド債務支払で利用するための設定を行ってください。

設定手順

  1. 「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「勘定科目」画面で編集する勘定科目の「編集」をクリックします。
  2. 「経費科目」および「支払明細 貸方」の利用可否を設定し、「保存する」をクリックします。

項目の詳細

科目の編集画面に表示される項目は以下のとおりです。

項目名詳細
コードクラウド会計で設定した検索キー(勘定科目コード)が表示されます。
勘定科目クラウド会計で設定した勘定科目名称が表示されます。
税区分クラウド会計で設定した勘定科目に紐づく税区分が表示されます。
利用可否:経費科目経費科目への紐づけを可能とする場合は「利用する」にチェックを入れます。
クラウド会計連携時に借方勘定科目として連携されます。
利用可否:支払明細 貸方支払依頼申請の明細登録時に貸方勘定科目として利用可とする場合は「利用する」にチェックします。

クラウド会計との連携

クラウド会計で勘定科目や補助科目の設定を変更した場合は、「会計の勘定科目と税区分を連携」ボタンをクリックして連携処理を行う必要があります。

連携処理を行う場合は以下の点にご注意ください。

  • クラウド会計の科目に「検索キー」が設定済み:コードおよび勘定科目名称の両方が完全一致している場合に取り込まれる
  • クラウド会計の科目に「検索キー」が未設定:勘定科目が完全一致している場合に取り込まれる
  • ※クラウド会計の検索キーが未設定の場合、クラウド債務支払の勘定科目コードはブランクで更新されます。

クラウド会計での勘定科目の設定方法については、以下ガイドをご参照ください。
「勘定科目」の設定方法

クラウド会計Plusと連携する場合

「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「勘定科目」画面には、「マネーフォワード クラウド会計Plus」で設定済みの勘定科目および補助科目が表示されます。
表示されている科目ごとに、マネーフォワード クラウド債務支払で利用するための設定を行ってください。

設定手順

  1. 「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「勘定科目」画面で編集する勘定科目の「編集」をクリックします。
  2. 「経費科目」および「支払明細 貸方」の利用可否を設定し、「保存する」をクリックします。

項目の詳細

科目の編集画面に表示される項目は以下のとおりです。

項目名詳細
コードクラウド会計Plusで設定した勘定科目コードが表示されます。
勘定科目クラウド会計Plusで設定した勘定科目名称が表示されます。
税区分クラウド会計Plusで設定した勘定科目に紐づく税区分が表示されます。
利用可否:経費科目経費科目への紐づけを可能とする場合は「利用する」にチェックを入れます。
クラウド会計Plus連携時に借方勘定科目として連携されます。
利用可否:支払明細 貸方支払依頼申請の明細登録時に貸方勘定科目として利用可とする場合は「利用する」にチェックします。

クラウド会計Plusとの連携

クラウド会計Plusで勘定科目や補助科目の設定を変更した場合は、「会計Plusの勘定科目と税区分を連携」ボタンをクリックして連携処理を行う必要があります。

連携処理を行う場合は以下の点にご注意ください。

  • クラウド会計Plusの科目に「勘定科目コード」が設定済み:コードおよび勘定科目名称の両方が完全一致している場合に取り込まれる
  • クラウド会計Plusの科目に「勘定科目コード」が未設定:勘定科目が完全一致している場合に取り込まれる
    ※クラウド会計Plusの勘定科目コードが未設定の場合、クラウド債務支払の勘定科目コードはブランクで更新されます。

クラウド会計Plusでの勘定科目の設定方法については、以下ガイドをご参照ください。
「勘定科目」の設定方法

他社会計ソフトをご利用の場合

新規追加手順

  1. 「管理設定」>「債務機能設定」>「科目・税区分」>「勘定科目」画面で「新規追加」をクリックします。
  2. 「勘定科目」または「補助科目」を選択し、必要事項を入力して「保存する」をクリックします。
  3. 勘定科目と補助科目の新規追加時に必要な入力項目については、それぞれ以下をご確認ください。

    勘定科目の新規追加

    勘定科目を新規で追加作成する場合は、以下の必須項目を入力します。

    項目名詳細
    コード勘定科目コードを入力します。
    他社会計ソフトをご利用の場合、会計ソフトのコードと同一になるように入力してください。
    勘定科目勘定科目名称を入力します。
    他社会計ソフトをご利用の場合、会計ソフトの名称と同一になるように入力してください。
    税区分勘定科目に紐づく税区分を選択します。
    利用可否:経費科目経費科目への紐づけを可能とする場合は「利用する」にチェックを入れます。
    利用可否:支払明細 貸方支払依頼申請の明細登録時に貸方勘定科目として利用できるようにする場合は「利用する」にチェックを入れます。

    補助科目科目の新規追加

    勘定科目に紐づく補助科目を追加作成する場合は、以下の必須項目を入力します。

    項目名詳細
    勘定科目紐づける勘定科目を作成済みの勘定科目から選択します。
    コード補助科目コードを入力します。
    他社会計ソフトをご利用の場合、会計ソフトのコードと同一になるように入力してください。
    補助科目補助科目名称を入力します。
    他社会計ソフトをご利用の場合、会計ソフトの名称と同一になるように入力してください。
    税区分補助科目に紐づく税区分を選択します。
    利用可否:経費科目経費科目への紐づけを可能とする場合は「利用する」にチェックを入れます。
    利用可否:支払明細 貸方支払依頼申請の明細登録時に貸方補助科目として利用できるようにする場合は「利用する」にチェックを入れます。
    補助科目の利用可否設定は、紐づく勘定科目と連携しています。
    利用可否にチェックできない場合は、紐づけた勘定科目の利用可否設定をご確認ください。
更新日:2022年06月28日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: