マネーフォワード クラウド請求書使い方ガイド

帳票の複製・変換

概要

このガイドでは、帳票を複製・変換する方法についてご説明します。

本ガイドでは以下を例に説明しますが、その他帳票の複製・変換方法も操作は同じです。

  • 請求書の複製
  • 納品書から請求書への変換

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド請求書をご利用中のお客さま

※「合算請求書」機能は、「パーソナル」「パーソナルプラス」「スモールビジネス」「ビジネス」プランのいずれかをご契約中のお客さまのみ利用できます。

目次

帳票の複製方法

帳票を複製することで、複製元の帳票と同じ内容の帳票を簡単に作成できます。
以下の手順では、請求書の複製方法を例にご説明します。

複製手順

  1. 請求書一覧」画面で複製する請求書を選択します。
  2. 「複製/変換」ボタンをクリックして「請求書を複製」を選択します。
  3. 複製元の請求書情報が反映した状態で、請求書の作成画面が表示されます。
    必要に応じて品目などを編集し、作成画面下部の「保存」ボタンをクリックします。

複製時に引き継がれる情報について

複製元の帳票から引き継がれる情報・設定は以下のとおりです。

複製元複製先
送付元情報(自社情報)引き継がない※1
取引先/取引先詳細引き継ぐ
帳票番号引き継がない
請求日/支払い期限引き継がない※2
件名引き継ぐ
明細引き継ぐ
振込先/備考引き継ぐ※3
タグ/メモ引き継ぐ
売上計上日引き継がない※4
詳細設定(売上計上日を除く)引き継ぐ
テンプレート引き継ぐ

※1 複製時点で「事業者設定」画面に登録されている内容が反映します。
※2 複製の操作を行った日をもとに各日付が反映します。詳細はこちらをご参照ください。
※3 デジタルインボイスの送信時は、送信時点で「振込先」画面に登録されている口座情報を使用します。請求書に記載されている振込先ではありません。
※3 デジタルインボイス送信の際は、請求書に記載されている振込先ではなくデジタルインボイス送信時点で「振込先」画面に登録している口座情報が使用されます。
※4 複製時点で「帳票設定」画面に設定されている内容に基づき反映します。

帳票の変換方法

帳票を変換することで、変換元の帳票情報を反映した異なる帳票を簡単に作成できます。
以下の手順では、納品書から請求書への変換方法を例にご説明します。

手順

  1. 納品書一覧」画面で変換する納品書を選択します。
  2. 「複製/変換」ボタンをクリックし、「請求書」を選択します。

変換できる帳票について

「変換」機能で変換できる帳票は以下のとおりです。

「旧形式の帳票」を変換する

変換元対応可否変換先
見積書
  • 旧形式および新形式の納品書
  • 旧形式および新形式の請求書
  • 発注書※2
  • 検収書※2
旧形式の納品書※1
  • 旧形式の請求書
  • 検収書※2
旧形式の請求書※1
  • 旧形式の納品書
  • 旧形式の領収書
  • 毎月自動作成のひな形(旧形式)※3
領収書

※1 新形式の納品書・請求書には変換できません。
※2 発注書・検収書の作成方法はこちらをご参照ください。
※3 「毎月自動作成」機能のひな形については、こちらをご参照ください。

「新形式の帳票」を変換する

変換元対応可否変換先
新形式の請求書
  • 旧形式および新形式の領収書
  • 新形式の納品書
新形式の納品書新形式の請求書
新形式の領収書

変換時に引き継がれる情報について

変換元の帳票から引き継がれる情報・設定は以下のとおりです。

変換元変換先
送付元情報(自社情報)引き継ぐ
取引先/取引先詳細引き継ぐ
帳票番号引き継がない
請求日/支払い期限引き継がない※1
件名引き継ぐ
明細引き継ぐ
振込先/備考引き継がない※2
タグ/メモ引き継ぐ
詳細設定(マネーフォワード クラウド会計・確定申告との仕訳連動設定)引き継がない※2
詳細設定(表示の設定)引き継がない※3
詳細設定(税の設定)引き継ぐ
テンプレート引き継がない※4

※1 変換の操作を行った日をもとに各日付が反映します。詳細はこちらをご参照ください。
※2 変換時点で「帳票設定」画面に設定されている内容に基づき請求書に反映します。
※3 請求日や支払い期限などの日付の表示可否は引き継がれません。変換時点で「帳票設定」画面に設定されている内容が反映します。また、ロゴ・印影の表示可否の設定は引き継がれますが、表示画像は引き継がれず、変換時点で「帳票設定」画面に登録されている画像が反映します。
※4 請求書に変換する場合は「帳票設定」画面で設定しているデフォルトのテンプレートが反映します。請求書以外ではデフォルトのテンプレートの設定機能がないため、常に「スタンダード」テンプレートが反映します。

<ご注意>

  • 新形式の請求書に記載されている各明細の「納品日」と「納品書番号」は、変換先の納品書には反映しません。
  • デジタルインボイスの送信時は、送信時点で「振込先」画面に登録されている口座情報を使用します。請求書に反映している振込先ではありません。

「合算請求書」について

「合算請求書」機能では、複数の納品書を合算して1枚の請求書を作成できます。
詳細は、以下のガイドをご参照ください。

「合算請求書」機能

「関連書類」について

「変換」機能を利用すると、変換元と変換先の帳票にある「関連書類」タブに各帳票へのリンクが表示されます。
詳細は、以下のガイドをご参照ください。

「関連書類」の使い方

更新日:2024年03月29日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: