マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「勘定科目」の設定方法

概要

マネーフォワード クラウド会計Plusで使用する勘定科目・補助科目の設定を行う画面です。
この画面では、以下の設定が可能です。

・勘定科目および補助科目の追加
・勘定科目および補助科目の削除(手動で追加した科目のみ)
・標準で登録された勘定科目の非表示設定

また、仕訳登録時に選択する勘定科目や補助科目の「税区分」は本機能で設定されている内容が反映されます。

対象ページ

マスタ設定>勘定科目

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「業務管理者」の権限をお持ちのお客さま

目次

画面説明

勘定科目設定1

番号項目名項目の説明
貸借対照表/損益計算書タブ「貸借対照表」の勘定科目を設定するか「損益計算書」の勘定科目を設定するかを選択します。製造原価科目を使用する設定の場合は、選択肢に表示されます。
科目の有効/無効チェック欄勘定科目の使用有無を選択します。チェックを外した場合は、仕訳入力時の選択肢に表示されません。
科目の表示切替勘定科目の設定画面に表示させる科目の種別を選択します。また、非表示にした科目を再び表示させることができます。
科目追加ボタン各科目を追加します。
他プロダクトでの科目利用チェック欄マネーフォワード クラウド固定資産、マネーフォワード クラウド債権請求で、それぞれ科目を利用するかどうかを選択します。

決算書科目・勘定科目・補助科目の追加

科目の追加

(1)追加する科目のボタンをクリックします。
勘定科目設定2

(2)表示された各項目を入力し「登録」をクリックします。
勘定科目設定3

(3)勘定科目が追加されました。なお、各科目の位置はドラッグアンドドロップで移動が可能です。
勘定科目設定4

注意点

・勘定科目名の左にあるチェックをはずすと、該当の科目は使用しない設定になります。
(補助科目については、個別に使用しない設定に変更することはできません)

・標準登録の科目は削除することができませんが、名称変更は可能です。

勘定科目・補助科目の削除・非表示

勘定科目・補助科目は各科目右側の「削除」ボタンをクリックすることで削除できます。
ただし、初期設定でシステムが保持している勘定科目は削除できません(「削除」ボタンが表示されません)。
使用しない場合は、勘定科目の左側のチェックボックスを外してください。

勘定科目設定7

CSVを使用した勘定科目・補助科目の取り込み

勘定科目のCSVフォーマットは、科目の追加と編集のみが可能です(削除はできません)。
ファイルをエクスポートし、Excel等で勘定科目や補助科目を追加した上でインポートを行ってください。

(1)画面右上の「エクスポート」をクリックします。
勘定科目設定8

(2)「Excel用(Shift-JIS)」か「その他(UTF-8)」を選択し「エクスポート」をクリックすると、ファイルがダウンロードされます。
勘定科目設定9

(3)ダウンロードしたファイルに追加したい科目を記入・保存した後、画面右上の「インポート」をクリックします。
勘定科目設定10

(4)ファイルを指定して「インポート」をクリックすると、科目が追加されます。
勘定科目設定11

他サービスで利用する科目の設定

「マネーフォワード クラウド債権請求」や「マネーフォワード クラウド固定資産」などの他サービスで利用する科目は、チェック欄を選択することで、どのサービスで利用するかを設定できます。
勘定科目設定12

なお、他サービスで利用する科目は、勘定科目コードの設定が必須となります。
勘定科目コードは半角英数字のみを使用し、最大20文字までで登録してください。
勘定科目設定13

コード入力後に「コードの入力が必要です」というメッセージが表示される場合

勘定科目コードを入力しているにも関わらず、チェック欄選択時に「〇〇で利用するためにはコードの入力が必要です」というメッセージが表示される場合は、対象の勘定科目に紐づく補助科目に勘定科目コードが入力されていない可能性があります。
上記のメッセージが表示された場合は、補助科目にも勘定科目コードを入力してください。
※〇〇には「固定資産」や「債権請求」など、他サービスの名称が入ります。
勘定科目設定14

更新日:2021年08月19日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: