マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

HRMOS勤怠(旧IEYASU)の連携設定方法

こちらのページでは「HRMOS勤怠(旧IEYASU)」からマネーフォワード クラウド給与へ従業員情報を取り込むための方法について説明します。

連携設定を行っていただくことで、マネーフォワード クラウド給与上のボタンをクリックするだけでHRMOS勤怠(旧IEYASU)に登録されている従業員情報と、打刻された勤怠情報を簡単に取り込むことが可能です。

大変恐れ入りますが、HRMOS勤怠(旧IEYASU)の操作に関するご質問は、HERMOS勤怠のサポートまでお問い合わせをお願いします。

利用対象

マネーフォワード クラウド給与とHRMOS勤怠(旧IEYASU)をご利用中のお客さま

対象ページ

連携設定
従業員情報

目次

  1. HRMOS勤怠との連携設定
  2. 従業員情報の取り込み
  3. 勤怠データの取り込み
  4. HRMOS勤怠連携の仕様
  5. 連携の注意点

HRMOS勤怠との連携設定

HRMOS勤怠管理での接続文字列の取得

HERMOS勤怠から、連携をするための接続文字列を取得します。
連携には、「Secret Key」と「ログインURL」の2つの情報が必要です。

1.「Secret Key」の確認方法

HRMOS勤怠にログイン後、①システム管理>②システム設定>③編集をクリックします。
切り替わった画面で「API KEYの設定」に表示される「Secret Key」をコピーしてください。
表示されていない場合には、「API KEYの作成」ボタンより作成後、コピーしてください。

2.「ログインURL」の確認方法

システム管理>会社>ログインURL欄の「https://ieyasu.co/」の後の文字列をコピーしてください。

マネーフォワード クラウド給与の設定

サイドメニューの「連携設定」をクリックします。

「HRMOS勤怠」欄の右側「連携する」をクリックします。

「HRMOS勤怠連携」画面が表示されますので、コピーしておいたログインURLと接続文字列を入力し「登録する」をクリックします。

連携が完了すると「HRMOS連携を更新しました。」とメッセージが表示されます。
連携を解除する場合はごみ箱のアイコン、接続文字列を変更する場合は「編集」を選択します。

従業員情報の取り込み

連携完了後に「従業員情報」画面に遷移し、「従業員の追加/更新▼」>「HRMOS勤怠から従業員データを取り込む」をクリックします。

「従業員データ取り込み」画面が表示されますので、「取り込む」をクリックします。

・マネーフォワード クラウド給与の「従業員コード」とHRMOS勤怠の「社員番号」が一致する場合、その方はサービス間で紐付けられます。一致しない場合は「新しい従業員」として取り込まれますのでご注意ください。
・取り込みの操作は取り消すことができません。各サービス上の登録内容がお客さまの想定通りであるか、事前にご確認ください。

従業員が追加され、HRMOS勤怠と紐付いた従業員(勤怠データが取り込まれる従業員)は「勤怠」列にチェックが入ります。
※氏名、氏名フリガナ、入社年月日など、一部の基本情報は自動反映されますが、基本給の金額や通勤手当等、給与計算に必要な情報は[従業員情報]画面より設定が必要です。
※上記設定で従業員のデータが取り込まれます。勤怠データの取り込み方法は以下にご説明します。

勤怠データの取り込み

勤怠データの取り込みは「給与計算」画面で行います。画面右上「メニュー」>「HRMOS勤怠から勤怠データをインポート」をクリックします。

連携したい対象期間(前月度分、今月度分)を選択し、対象項目をクリックします。
初期設定では「全選択」にチェックが入っています。項目を指定したい場合は、「全選択」のチェックを外し、指定したい項目にチェックを入れて「勤怠をインポート」をクリックします。

※項目ごとに前月分のデータ・今月分のデータを分けて取り込みたい場合は、このインポート作業を前月分、今月分と2回行っていただく必要があります。

※取り込みには最長で5分かかります。取り込み中は「勤怠インポート依頼を受け付けました。」とメッセージが表示されます。
取り込みが完了しても自動で更新はされませんので、定期的にページの更新を行い、確認してください。

HRMOS勤怠連携の仕様

従業員の紐付け

・HRMOS勤怠の従業員データとマネーフォワード クラウド給与の従業員データで照合を行い、従業員情報にデータを追加します。

従業員項目

マネーフォワード クラウド給与項目HRMOS項目備考
従業員コード社員番号
氏名(苗字/名前)氏名
氏名フリガナ(苗字/名前)氏名カナ
性別なし必須項目のため、男で固定
入社年月日入社日

項目の変換

・HRMOS勤怠にて標準で登録されている項目のみが、マネーフォワード クラウド給与の項目に変換され取り込まれます。お客さまが独自にHRMOS勤怠で作成した項目は取りこむことができません。対応については下記の表をご参照ください。

以下の事業者では、マネーフォワード クラウド給与の勤怠項目名が下記の表と異なります。
・2020年11月28日以降に作成した事業者
・「デフォルト勤怠項目名を更新する」の操作を行った事業者
 
変更後の勤怠項目名については、以下のガイドをご参照ください。
勤怠項目の名称を「マネーフォワード クラウド勤怠」と一致させる方法

勤怠項目

MF項目名MF新項目名HRMOS項目
所定労働時間(当月)所定労働時間(当月)所定時間
所定内出勤時間所定時間(平日)所定内労働時間
法定内残業時間所定外時間(平日)法定内時間外労働時間
残業時間法定外時間(平日)法定時間外労働時間
所定休日所定内出勤時間所定時間(所定休日)法定外休日労働時間
法定休日所定内出勤時間所定時間(法定休日)法定休日労働時間
深夜残業時間深夜法定外時間(平日)深夜労働時間
遅刻時間遅刻時間(平日)遅刻時間
早退時間早退時間(平日)早退時間
所定労働日数(当月)所定労働日数(当月)所定日数
出勤日数出勤日数(平日)出勤日数
所定休日出勤日数出勤日数(所定休日)法定外休日出勤日数
法定休日出勤日数出勤日数(法定休日)法定休日出勤日数
欠勤日数欠勤日数(平日)欠勤日数
遅刻回数遅刻回数(平日)遅刻日数
早退回数早退回数(平日)早退日数
有休使用日数有休取得日数有給休暇日数
有休残日数有休残日数有給休暇残数

連携時の注意点

時給制の従業員については、残業手当の計算式をご確認ください。

■マネーフォワード クラウド給与では、残業手当の計算式(初期値)は次のとおりとなっています。
設定画面:「支給項目設定(時給)

残業手当:時給 ÷ 1 × 0.25 × 残業時間

初期設定で用意をしている「基本給」は、かけ合わせる勤怠項目が「所定内出勤時間」(「残業時間」が含まれない時間)で固定されているため、「基本給」で計算される金額は「残業時間」分を含まずに計算されます。

そのため、「残業手当」について、1.25の割増で支給されたい場合は、「0.25」から「1.25」に変更し適切な計算結果になるかを確認してください。

詳しい操作方法や用例については、下記FAQをご参照ください。
Q. 「残業手当」や「深夜残業手当」が、割増された金額で計算されないです。何故でしょうか?

HRMOS勤怠側で勤怠項目名を変更した場合

HRMOS勤怠側で、マネーフォワード クラウド給与と紐付いた勤怠項目名を変更した場合、名称が一致しているにも関わらず、数値を取り込めない場合があります。

上記対応表を参照し、設定を確認してください。

更新日:2022年02月28日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: