マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

仕訳エクスポートの設定方法

概要

このガイドでは、仕訳をエクスポートするための設定について説明します。
設定を行うことで、ご利用の会計ソフトやERP、自社システムに合わせて、マネーフォワード クラウド経費からcsvの仕訳データを出力することができます。
受け入れ側のフォーマットに合わせて出力項目が設定できますので、多くの会計ソフトやERPと連携が可能です。
会計ソフトやERP側の受け入れフォーマットのマニュアルに合わせて設定を行ってください。

対象ページ

管理設定>経費機能設定>仕訳

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド経費を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

設定手順

あらかじめ、ご利用の会計ソフトやERPの受け入れフォーマットをご用意ください。
会計ソフトマニュアルの「外部データ受け入れ」「汎用データ受け入れ」のような内容のページをご参照ください。

設定は、「管理設定」>「経費機能設定」>「仕訳」画面から行います。

  1. 「管理設定」>「経費機能設定」>「仕訳」画面の「仕訳エクスポート設定」の「費用計上仕訳の作成単位」の「編集」をクリックします。

    経費精算の作成単位(仕訳データの出力が可能になるタイミング)を選択し、「保存」をクリックします。
    ※事前・各種申請については「申請単位」のみとなります。

    項目詳細
    明細単位明細を登録したタイミング
    申請単位申請が最終承認されたタイミング
    集計単位「経理業務」>「集計(支払処理)」で集計を作成したタイミング
  2. 「テンプレート」の「新規追加」をクリックします。
  3. テンプレートの設定画面で、テンプレートの名称など基本的な設定を行います。

    名称
    仕訳テンプレートの名称を入力します。

    申請種類
    仕訳テンプレート設定をどの申請種類で使用するかを選択します。

    申請種類利用できる申請書
    共通(費用計上仕訳)「経費申請」「事前・各種申請」
    経費申請(費用計上仕訳)「経費申請」のみ
    事前・各種申請(費用計上仕訳)「事前・各種申請」のみ
    共通(支払仕訳)「経費申請の集計」「仮払申請の集計」
    経費集計(支払仕訳)「経費集計」のみ
    仮払集計(支払仕訳)「仮払申請の集計」のみ

    出力単位
    仕訳をどの単位で集計して出力するかを選択します。

    申請種類出力単位
    明細単位明細単位で仕訳を作成します。
    申請単位申請単位、部門(負担部門)、勘定科目、補助科目、税区分、プロジェクトで集計されます。
    入力単位が「申請単位」または「集計単位」の場合のみ利用できます。
    集計単位経費集計単位、部門(負担部門)、勘定科目、補助科目、税区分、プロジェクトで集計されます。
    入力単位が「集計単位」の場合のみ利用できます。
    ※支払仕訳の場合は、集計単位のみ選択可能

    設定サンプル
    勘定奉行や弥生会計等の設定サンプルがあります。
    あくまでサンプルですので、ご利用の会計ソフトに合わせてカスタマイズをお願いします。

    貸借の分割
    仕訳を出力する際に貸借で1行ずつ出力する場合は、「分割する」にチェックを入れます。

    表示優先順
    表示優先順の値が小さい仕訳テンプレートから表示されます。

    利用可否
    仕訳エクスポート画面の選択肢として利用するか選択します。

    区切り文字
    仕訳出力時の区切り文字「カンマ(csv)」「タブ(tsv)」を指定します。
    多くの会計ソフトは「カンマ(csv)」となります。

    ダブルクォートで囲む
    仕訳出力時にセルごとに値をダブルクォートで「囲む」「囲まない」を設定します。
    セル内にカンマや改行が存在する場合に、ダブルクォートで囲むことでエラーを防ぐことができます。

  4. 「出力項目の選択」欄にて、出力項目を設定します。
    出力する項目にチェックを付けると右側の「エクスポートするデータ」に追加されます。

    カスタム
    設定後に「オプション」をクリックし、「自由書式」欄にて出力する情報を設定します。
    主に「摘要欄」で利用します。
    出力できる項目は「カスタムで出力できる項目」をご参照ください。

  5. 会計ソフトやERPの受け入れフォーマットに合うよう設定します。

    並び順の変更
    上記部分をドラッグしますと、ドラッグ&ドロップで変更が可能です。

    ヘッダを出力する
    ヘッダ(1行目の項目名)を出力する場合は、「ヘッダーも出力する」にチェックを入れます。
    出力項目の名称も設定できます。

    オプション
    出力する項目の「文字数制限」(桁数制限)や「出力内容」「フォーマット」を設定できます。

    文字数制限
    出力する際に指定の文字数で出力します。
    文字数を超える場合は、登録した文字数でカットされます。

    フォーマット
    出力項目の種類ごとに形式の設定ができます。

    項目種類設定できる形式
    文字列改行コードを半角スペースに変換
    改行コードをから文字に変換
    日付yyyy/mm/ddや mm/dd 等
    数値カンマ区切り :カンマを付ける際は設定します。
    ゼロ埋め   :「文字数制限」で設定した文字数に足りない場合は、ゼロで埋めます。
    100倍表示(%)  :0.08のような数値の場合は、100倍して8とします。

    自由書式
    「${ }」で項目名を囲むと、「{ }」で囲んだ部分を出力できます。
    例として、「${従業員名}${経費明細番号}」と設定すると「テスト太郎 32」のように出力されます。({ }は半角)
    出力できる項目は「3.カスタムで出力できる項目」をご参照ください。

    削除
    不要な項目は「×」をクリックすると削除できます。

  6. 設定が完了したら「保存する」をクリックします。

カスタムで出力できる項目

「カスタム」で「${経費明細番号}」のように設定すると出力できる項目の一覧になります。また、任意の固定値を出力することも可能です。
以下は、「出力単位」が「明細単位」の場合に出力できる項目です。
「出力単位」が「申請単位」「集計単位」の場合、明細が合算されるため、一部の項目は出力できなくなります。

借方勘定科目名貸方部門名従業員名
借方勘定科目コード貸方部門コード従業員番号
借方補助科目名貸方プロジェクト名従業員部門コード
借方補助科目コード貸方プロジェクトコード登録従業員名
借方税区分名貸方税込金額登録従業員番号
借方税区分コード貸方税抜金額最終更新従業員名
借方税率貸方税額最終更新従業員番号
借方部門名明細日付明細月末日付
借方部門コード支払先・内容支払日
借方プロジェクト名メモ最終更新日時
借方プロジェクトコード事前申請番号申請番号
借方税込金額経費明細番号申請タイトル
借方税抜金額経費科目名申請承認日時
借方税額通貨申請承認月末日付
貸方勘定科目名為替レート連番
貸方勘定科目コード出席者合計人数入力単位連番
貸方補助科目名出席者社内人数複合仕訳枝番
貸方補助科目コード出席者社外人数出席者社内参加者
貸方税区分名出席者社外参加者貸方税区分コード
貸方税率借方最上位プロジェクト名借方最上位プロジェクトコード
更新日:2022年07月05日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: