マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「税区分」の設定方法

概要

マネーフォワード クラウド会計Plusで使用する税区分の設定画面です。
この画面では、以下の確認・設定が可能です。

・税区分の名称と省略名の一覧を確認
・税区分の利用可否を設定
・CSVによる税区分の利用可否や並び順の一括設定

対象ページ

マスタ設定>税区分

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「業務管理者」の権限をお持ちのお客さま

目次

税区分の設定(画面上)

(1)「マスタ設定」から「税区分」を選択します。
税区分1

(2)利用したい税区分の「使用」にチェックを入れ、不要な税区分からはチェックを外します。
税区分2

(3)課税形式や税率・使用の可否を検索条件として、表示する税区分を絞り込むことも可能です。
税区分3

留意事項

「マスタ設定>勘定科目」画面や、登録済みの仕訳で利用されている税区分はチェックを外すことができません。
チェックを外したい場合は、該当の税区分に紐付く科目や仕訳がないかをご確認のうえ、再度操作をお試しください。
税区分4

税区分のインポート・エクスポート

(1)「税区分」画面右上にある「エクスポート」をクリックすると「税区分設定のエクスポート」用ウィンドウが表示されます。プルダウンからご希望の文字コードを選択のうえ、「エクスポート」をクリックします。
税区分5

(2)現在の「検索キー」「並び順」「使用」の設定が反映されたCSVがダウンロードされますので、適宜編集・保存します。
・「使用」は「1」の場合に有効、「0」または「空白」の場合に無効となります。
・「並び順」は画面上での表示順を設定できます。
・「名称」「省略名」は固定となり、編集はできません。
税区分7

(3)「税区分」画面右上にある「インポート」をクリックすると「税区分設定のインポート」用ウィンドウが表示されます。「ファイルを選択」をクリックし、(2)で編集したファイルを選択してください。最後に「インポート」をクリックすると、アップロードが完了します。
税区分6

他サービスで利用する税区分の設定

「マネーフォワード クラウド債権請求」や「マネーフォワード クラウド固定資産」などの他サービスで利用する税区分は、税区分コードの設定が必須となります。
税区分コードは半角英数字のみを使用し、最大20文字までで登録してください。
勘定科目設定13

更新日:2021年10月09日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: