マネーフォワード クラウド会計Plus使い方ガイド

「部門」の設定方法

概要

このガイドでは、「部門」画面の使い方についてご説明します。
部門を設定することで、以下が可能になります。

  • 残高試算表で部門ごとに金額を確認できる
  • 仕訳帳や各種元帳で部門ごとに確認できる
  • 部門別集計表で部門ごとの金額を比較できる
ご注意

  • 部門別を設定しても部門ごとの決算書は作成できません。試算表での確認は可能です。
  • 部門別管理は損益計算書科目での利用を想定しています。貸借対照表科目でも利用できますが、「外部データから登録」画面で貸借対照表科目を利用した仕訳登録を行った場合、部門設定は保存されません。必要に応じて「自動仕訳設定」画面で設定してください。

対象ページ

マスタ設定>部門

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド会計Plusを「業務管理者」権限でご利用中のお客さま

目次

部門の新規追加

親部門の追加

  1. 「マスタ設定>部門」画面右上の「+部門を追加」ボタンをクリックします。
    部門1
  2. 「部門を追加」画面で、「部門コード」「部門名」を入力します。
    ※「検索キー」は任意入力項目です。
    部門2
  3. 入力を終えたら「登録」ボタンをクリックします。
    部門3
  4. 親部門の追加が完了したことを確認します。
    部門4

子部門の追加

  1. 子部門を追加する親部門の「+子部門を追加」をクリックします。
    部門5
  2. 「部門を追加」画面で親部門と同じように各種項目を入力し、「登録」ボタンをクリックします。
    部門2
  3. 子部門の追加が完了したことを確認します。
    部門6

親部門の位置移動

親部門はドラッグアンドドロップで位置を移動することが可能です。
部門7

子部門の位置移動はできません。
また、子部門を別の親部門の下に移動させることはできません。

部門のインポート

CSVファイルをインポートすることで、複数の部門を一度に登録・更新できます。
インポート用のテンプレートファイルは、部門情報を「エクスポート」して使用してください。
※エクスポート手順の詳細は、後述の「部門のエクスポート」をご参照ください。

  1. 「部門」画面右上の「インポート」ボタンをクリックします。
    部門10
  2. 「部門をインポート」画面が表示されます。
    「ファイルを選択」ボタンをクリックし、インポートするCSVファイルを選択します。
    部門11
  3. 「インポート」ボタンをクリックします。
    部門12
  4. 「部門のインポートが完了しました」というメッセージが表示され、インポートした部門が登録されたことを確認します。
    部門13

部門のエクスポート

登録されている部門情報をCSVファイルとして出力することができます。
部門が登録されていない場合は、インポート用のテンプレートファイルを出力可能です。

  1. 「部門」画面右上の「エクスポート」ボタンをクリックします。
    部門8
  2. 「部門設定のエクスポート」画面が表示されます。
    出力するファイルの文字コードを「Excel用(Shift-JIS)」「その他(UTF-8)」のいずれかから選び、「エクスポート」ボタンをクリックします。
    部門9

部門の編集

  1. 情報を編集したい部門の「編集」ボタンをクリックします。
    部門14
  2. 「部門を編集」画面で内容を編集し、「登録」ボタンをクリックします。
    部門15
  3. 「部門」画面で編集した内容が反映されていることを確認します。
    部門16
ご注意
仕訳に登録されている部門の部門コードは編集できません。

部門の削除

  1. 削除する部門の「削除」ボタンをクリックします。
    部門17
  2. 注意画面で内容を確認し、問題がなければ「OK」ボタンをクリックします。
    部門18
  3. 「部門」画面で削除した部門が消えていることを確認します。
    部門19
ご注意

  • 子部門が紐づいている親部門は削除できません。
  • 仕訳に登録されている部門は削除できません。

部門コードの一括追加

主に、運用中のコード未設定部門に、一括で部門コードを設定する場合に利用する機能です。
※部門コード機能のリリース以前から、クラウド会計Plusで部門機能をご利用いただいているお客さま向けの機能となります。

  1. 「部門」画面で「コード一括追加」ボタンをクリックします。
    部門21
  2. 「コード一括追加」画面の「編集用ファイルをダウンロード」の項で、「Excel用(Shift-JIS)」もしくは「その他(UTF-8)」をクリックし、インポート用テンプレートファイルをダウンロードします。
    部門22
  3. ダウンロードしたテンプレートファイルを編集し、設定する部門コードを入力します。
    ※「変更不可」と記載がある列の内容は編集しないでください。
    部門23
  4. 「コード一括追加」画面の「ファイルを選択」をクリックし、編集したインポート用ファイルを選択した状態で、「インポート」ボタンをクリックします。
    部門24
  5. 「部門コードのインポートが完了しました」というメッセージが表示され、「コード」列にコードが反映されていれば、コードの一括追加は完了です。
    なお、コードが反映された後は「コード一括追加」ボタンは画面上に表示されなくなります。
    部門25

部門コードのリセット

本機能は2024年8月15日(木)に提供終了予定です。

部門コードリセット画面で「部門コードをリセットする」ボタンをクリックすると、部門に設定されているコードがすべてリセットされ、コード未設定の状態になります。
部門20

ご注意

  • 部門に付与したコードがすべてリセットされます。リセット後は、リセット前の状態に戻すことはできません。再度「コード一括追加」ボタンから部門コードを設定する必要があります。
  • 過去年度も含めた、仕訳の部門のコードがすべてリセットされます。必要に応じて、過去年度の帳票のバックアップをリセット前に取得してください。
  • コードの変更履歴は「監査」>「ログ」>「マスタログ」>「部門」に出力されます。変更前のコードを確認する際にはマスタログをご確認ください。
更新日:2024年07月16日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: