マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「取引先」の設定方法

概要

「取引先」を設定すると、振替伝票入力時に取引先を紐づけることや、取引先ごとの推移表を確認することが可能になります。

なお、当機能の実装に伴い、マネーフォワード クラウド請求書連携で利用する「取引先(得意先)」画面は、「マスタ設定>自動仕訳設定>請求書」画面へ移動しています。
「マスタ設定>自動仕訳設定>請求書」画面の詳細については、下記使い方ガイドをご確認ください。
「自動仕訳設定」の使い方

対象ページ

マスタ設定>取引先

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「業務管理者」の権限をお持ちのお客さま

目次

使用方法

取引先の追加

画面上で直接取引先を追加する方法をご案内します。

(1)「マスタ設定>取引先」画面で、右上の「+追加」ボタンをクリックします。

(2)追加する取引先情報を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

  1. コード…入力必須項目となります。取引先を管理するためのコードです。半角英数字で入力してください。入力可能な桁数は20桁です。
  2. 取引先名…入力必須項目となります。取引先の会社名等を入力します。最大で255文字入力可能です。すでに登録済みの取引先名と同名の取引先名は入力できません。
  3. 検索キー…任意の入力項目となります。最大で255文字入力可能です。登録しておくことで、仕訳登録時などで取引先を検索する際に、検索キーで絞り込むことができます。
  4. 表示設定…仕訳登録時に、その取引先を入力候補として表示するか、非表示にするかを選択します。初期設定は「表示」になっています。

取引先のインポート

インポートによって、複数の取引先を一気に登録することが可能です。

インポートファイルひな型の出力方法

インポートファイルのひな型は、画面上で「エクスポート」ボタンをクリックすることでダウンロード可能です。
※「マスタ設定>取引先」画面に一件も取引先が登録されていない状態でも、ひな型を出力できます。
その場合、ファイル内の「表示設定」には、「0(表示しない)」もしくは「1(表示する)」を入力してください。

(1)「マスタ設定>取引先」画面で、右上の「エクスポート」ボタンをクリックします。

(2)表示された「取引先設定のエクスポート」画面で、「Excel用(Shift-JIS)」か「その他(UTF-8)」かの様式を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックすると、ひな型をダウンロードできます。

(3)ダウンロードしたひな型の中身を適宜編集し、インポートする取引先のファイルを作成します。
※ファイルの形式やデザインは変更せずにお使いください。これらを変更された場合、インポート時にエラーが発生する可能性があります。

インポート手順

(1)「マスタ設定>取引先」画面で、右上の「インポート」ボタンをクリックします。

(2)表示された「取引先設定のインポート」画面が表示されるので、「ファイルを選択」ボタンをクリックし、インポートファイルを選択します。

(3)インポートファイルを選択した状態で、「インポート」ボタンをクリックし、インポートを開始します。

(3)「取引先のインポートが完了しました」というメッセージが表示され、インポートファイルに入力した取引先が画面上に反映されていれば、インポート完了です。

※取引先のインポートでは、取引先コードが一致していれば、取引先名・検索キー・表示/非表示の設定を、インポートファイルの内容で上書きすることが可能です。

取引先のエクスポート

登録済みの取引先をCSV形式でエクスポートすることが可能です。

(1)「マスタ設定>取引先」画面で、右上の「エクスポート」ボタンをクリックします。

(2)表示された「取引先設定のエクスポート」画面で、「Excel用(Shift-JIS)」か「その他(UTF-8)」かの様式を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックし、取引先ファイルを出力します。

取引先の編集・削除

登録済みの取引先設定の編集や、不要な取引先の削除が行えます。

編集

(1)情報を編集したい取引先の「編集」ボタンをクリックします。

(2)編集内容を入力し、「保存」ボタンをクリックします。この画像では、これまで検索キーが登録されていなかった取引先に、「test」という検索キーを設定するように編集しています。

(3)「取引先情報を更新しました」というメッセージが表示され、編集内容が反映されていれば編集完了です。

すでに仕訳登録に使用されている取引先の取引先コードは編集できません。

削除

(1)削除したい取引先の「削除」ボタンをクリックします。

(2)「取引先を削除します。よろしいですか?」というメッセージが表示されるので、確認のうえ、問題がなければ「OK」ボタンをクリックします。

(3)「コード〇〇の「〇〇〇〇」を削除しました」というメッセージが表示され、取引先が削除されていれば削除完了です。

すでに仕訳登録に使用されている取引先は削除できません。

更新日:2021年12月22日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: