マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「自動仕訳設定」の使い方

概要

インターネットバンキング・クレジットカードなどの外部データや、クラウドシリーズ内での連携を行う際に、マネーフォワード クラウド会計Plus上に取り込まれた仕訳候補に反映させるルールを設定する画面です。

対象ページ

マスタ設定>自動仕訳設定

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「業務管理者」の権限をお持ちのお客さま

目次

使用方法

「マスタ設定>自動仕訳設定」画面にアクセスし、自動仕訳設定を行うサービス種別のリンクをクリックします。
自動仕訳設定1

外部データの自動仕訳設定

インターネットバンキングやクレジットカードなどについては「通帳・カード他」を、レジサービスやECカートなどについては「ビジネスカテゴリ」から設定を行います。
自動仕訳設定2

なお、自動仕訳設定の仕組みは、一部を除き「マネーフォワード クラウド会計」の自動仕訳ルールと同様です。
詳しい設定方法につきましては、以下のガイドをご参照ください。

■「自動仕訳ルール」の使い方(マネーフォワード クラウド会計)
■「自動仕訳ルール(ビジネス)」の使い方(マネーフォワード クラウド会計)

請求書の自動仕訳設定

マネーフォワード クラウド請求書の自動仕訳設定を行う場合は「請求書」をクリックします。
自動仕訳設定3

「請求書の自動仕訳設定」画面が表示されます。

「得意先」タブ画面と「得意先マッピング」タブ画面

マネーフォワード クラウド請求書との仕訳連携機能をご利用になる際に、仕訳候補に反映される勘定科目(補助科目)を決めておくことができます。

(1)「得意先」タブ画面で「検索キー」「得意先名」「勘定科目」「補助科目」「担当部門」を入力・選択し、「登録」をクリックします。

(2)登録した取引先を「得意先マッピング」タブ画面に切り替えると、マネーフォワード クラウド請求書の「取引先」とマネーフォワード クラウド会計Plusの「得意先」を紐付ける画面が表示されます。
プルダウンから該当する得意先を選択し、「登録」ボタンをクリックすると紐付けが完了します。

紐付けが完了した場合、以下のメッセージが表示されます。

「自動仕訳ルール」タブ画面

各設定の内容を編集した後、画面右側の「保存」ボタンをクリックすると設定を上書きすることができます。
また、「削除」ボタンをクリックするとその自動仕訳設定を削除できます。

画面右上の「+新規作成」ボタンをクリックすると新たなルールの作成が可能です。

開かれた「自動仕訳ルール新規作成」ウィンドウに内容を入力し、下部の「作成」ボタンをクリックすると新たなルールが登録されます。

給与の自動仕訳設定

マネーフォワード クラウド給与の自動仕訳設定を行う場合は「給与」をクリックします。
自動仕訳設定4

「給与の自動仕訳設定」画面が表示されます。
自動仕訳設定9

設定方法

①自動仕訳設定の対象となるマネーフォワード クラウド給与の部門をプルダウンから選択し、「表示」ボタンをクリックします。
自動仕訳設定11

②給与項目に対して割り当てる勘定科目・補助科目・税区分・部門を選択します。
自動仕訳設定15

部門は、以下の手順で一括で設定することも可能です。
(1)「部門一括編集」で、「対象」を「全て」「左列(支給項目、負担項目)」「右列(差引支給項目、控除項目、未払項目)」のいずれかから選択します。
(2)「変更先の部門」で一括設定する部門をプルダウンから選択します。
(3)「更新」ボタンをクリックします。
自動仕訳設定14

※もし、すでに自動仕訳設定済みの別の部門の設定を、現在編集中の部門設定に反映させたい場合は、「別の部門の設定を反映して編集を開始」のプルダウンから設定済みの部門を選び、「反映」ボタンをクリックします。
自動仕訳設定12

「反映」ボタンをクリックすると「現在の選択状態を破棄して、指定された部門の設定で画面を更新します。よろしいですか?」というダイアログが表示されるため、確認のうえ、問題がなければ「OK」をクリックし、反映させます。
自動仕訳設定13

③最後に画面下にある「保存」ボタンをクリックすると、編集した設定が保存されます。
自動仕訳設定10
※「削除」ボタンを押すとこれまで保存してきた設定がすべて削除され、初期状態に戻りますので、ご注意ください。

更新日:2021年10月09日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: