マネーフォワード クラウド確定申告 使い方ガイド

「Macの青色申告」からのデータ移行

概要

このガイドでは、「Macの青色申告」からのデータ移行方法についてご説明します。

対象ページ

各種設定>他社ソフトデータの移行>弥生会計

目次

使用ポイント

「Macの青色申告」の仕訳データをマネーフォワード クラウド確定申告へ移行する

「Macの青色申告」からエクスポートした仕訳データを移行することで、マネーフォワード クラウド確定申告をスムーズに利用開始できます。

インポートの順番

クラウド確定申告では、「Macの青色申告」でエクスポートした仕訳データの取り込みが可能です。

一方で、勘定科目(補助科目)と開始残高については、「Macの青色申告」でエクスポートしたデータのインポートには対応しておりません。
手動で登録をするか、クラウド確定申告のフォーマットに入力し、インポートしてください。

なお、下記の順番で操作すると、クラウド確定申告への移行をスムーズに行えます。

  1. Step1 仕訳のインポート
    このガイドでご説明します。
  2. Step2 勘定科目のインポート
    勘定科目の設定方法はこちらをご確認ください。
  3. Step3 開始残高の設定
    開始残高の設定方法はこちらをご確認ください。

移行時のご注意

・固定資産はCSVファイルでインポートすることはできません。こちらを参照し、手動で登録を行ってください。
・クラウド確定申告には請求書作成機能はありません。請求書を作成する場合は、「マネーフォワード クラウド請求書」のご利用をご検討ください。機能の詳細はこちらをご確認ください。

「Macの青色申告」の仕訳データをエクスポートする方法

「Macの青色申告」を起動し、「サポート」メニューをクリックします。
mac_aoiro001.png
「データ移行」の「仕訳データ書出」をクリックし、仕訳データをエクスポートします。
※「Macの青色申告」からエクスポートした仕訳データは、弥生会計形式で出力されます。

データのエクスポート方法を含む「Macの青色申告」の操作に関するご不明点は、提供元のマグレックス株式会社までお問い合わせください。

マグレックス株式会社 サポートセンター
URL:http://www.magrex.co.jp
E-mail:support@magrex.co.jp
受付時間 10:00〜12:00 13:00〜17:00 (土日祝日を除く)

マネーフォワード クラウド確定申告へのインポート方法

1.仕訳データのインポート画面を開く

1.「各種設定」メニューをクリックし、「他社ソフトデータの移行」を選択します。
images_0914_07

2.表示されているソフトの中から「弥生会計」を選択します。
※「Macの青色申告」からエクスポートした仕訳データは、弥生会計形式で出力されます。

3.「Step3仕訳をインポート」の「インポート」ボタンをクリックします。

4.アップロードするCSVファイルを選択し、「インポート」をクリックします。

5.CSVファイルの内容が取り込まれていることを確認し、「確認」ボタンをクリックします。
なお、赤枠の部分にあるプルダウンをクリックすると、列の項目を選択することができます。

2.一致しない勘定科目の「追加」「変換」を行う

CSVファイル内にマネーフォワード クラウド確定申告で未登録の勘定科目が入力されている場合、対象の科目を設定する画面が表示されます。
既存のカテゴリに新しい勘定科目として「追加」するのか、既存の勘定科目に「変換」するのかを選択し、「実行」ボタンをクリックしてください。

na_20180806_04

補助科目についても、クラウド確定申告で未登録の科目を設定する画面が表示されます。
「追加」と「変換」のどちらかを選択し、「実行」ボタンをクリックしてください。

なお、属する勘定科目に「補助科目」が1つもない場合、「変換」を選択することはできません。
na_20180806_05

マッチングができない勘定科目は、「未確定勘定科目」として表示されます。
インポート後に勘定科目の変更を行うか、「処理を中止」をクリックして再度勘定科目の「追加」もしくは「変換」を行ってください。

3.一致しない税区分の「変換」を行う

インポートファイル内にマネーフォワード クラウド確定申告で未使用の税区分が入力されている場合、対象の税区分を分類する画面が表示されます。
「追加」と「変換」のどちらかを選択し、「実行」ボタンをクリックしてください。

なお、属する勘定科目に「補助科目」が1つもない場合、「変換」を選択することはできません。
na_20180806_06

4.一致しない部門の「追加」「変換」を行う

インポートファイル内にマネーフォワード クラウド確定申告で未登録の部門が入力されている場合、対象の部門を「追加」するか「変換」するかを設定する画面が表示されます。
どちらかを選択し、「実行」ボタンをクリックしてください。
なお、部門が入力されていない仕訳は「全部門」として扱われます。
na_20180806_07

5.インポート状況の確認

インポート状況は「ホーム」画面に表示されます。
インポート処理完了のアナウンスを確認したら、「仕訳帳」画面で正しく取り込まれていることをご確認ください。
na_20180806_09

ご注意

  • 仕訳データのインポートは、ファイルに入力されている「取引日」の事業年度内で行う必要があります。
  • 減価償却累計額が「未確定勘定」として取り込まれる場合は、「各種設定」内にある「減価償却」の「償却費の記帳方法」で「間接法」を選択してください。
  • 仮受消費税と仮払消費税が「未確定勘定」として取り込まれる場合は、「各種設定」内にある「消費税」の「経理方式」で「税抜」を選択してください。
  • 「未確定勘定」をそのまま取り込み、あとから修正することも可能です。修正する場合は、「総勘定元帳」画面で「未確定勘定」を検索し、仕訳を修正してください。
更新日:2022年03月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

便利な使い方

マネーフォワード クラウドのチュートリアル

マネーフォワード クラウド確定申告は、チュートリアルに従いながら事業所の設定や金融機関とのデータ連携等、初期セットアップを行うことができます。「個人事業主の確定申告の流れ」からチュートリアルに進んでください。

チュートリアル画面を開く

※リンク先にはログインが必要です

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!