マネーフォワード クラウド請求書 使い方ガイド

メール定型文の設定方法

概要

マネーフォワード クラウド請求書では、請求書などの帳票をメールで送信することができます。
その際に入力する件名や本文は、定型文として事前に設定しておくことも可能です。

このガイドでは、請求書を例にメール定型文の設定方法をご説明します。
※どの帳票でも操作手順は同一です。

対象ページ

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド請求書をご利用中のお客さま

目次

メール定型文の設定方法

帳票設定を開きます。

帳票設定の「メール」をクリックし、「メール定型文」を選択します。

「定型文を追加」をクリックし、定型文の新規追加画面を開きます。

タイトルや本文などを入力し、「登録する」をクリックすると、定型文の設定が完了します。

作成した帳票をメールで送信する方法は、こちらをご参照ください。

各項目の詳細

メール定型文設定で入力する項目の詳細は、以下のとおりです。

項目名備考
名称定型文を判別できるようにタイトルをつけます。
半角・全角文字に関わらず50文字以内で設定してください。
帳票どの種類の帳票に使用する定型文かを設定します。
「請求書、見積書、納品書、領収書」のいずれかを選択します。
デフォルトにする「デフォルトにする」にチェックを入れると、該当の定型文がメール送信時の送付画面に初期値として反映されます。
各種類の帳票に設定できるデフォルトの定型文は、1つのみです。
件名半角・全角文字に関わらず40文字以内で設定してください。
本文半角・全角文字に関わらず650文字以内で設定してください。
署名半角・全角文字に関わらず500文字以内で設定してください。

メール本文の構成

メール定型文では、以下の②・④を任意の文言に変更できます。

番号詳細
帳票に記載された取引先情報が自動的に反映されます。
メール定型文設定で登録した本文が反映されます。
取引先が帳票をダウンロードできるURLが必ず挿入されます。また、ダウンロードの説明やマネーフォワード クラウド請求書の説明も必ず反映されます。
メール定型文設定で登録した署名が反映されます。
現状、③の文章は事前に変更・削除しておくことができません。③の文章を変更・削除する場合は、メール送信時の送付画面にて1件ずつ本文を手動で編集してください。
更新日:2021年08月19日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: