マネーフォワード クラウド勤怠使い方ガイド

日次勤怠データのインポート方法について

概要

日次勤怠データ(打刻データ)をCSVファイルでインポートする操作をご説明します。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド勤怠をご利用中のお客さま

対象ページ

全権管理者メニュー>連携>インポート>日次勤怠データインポート

インポートを行う際の注意点

・インポートするデータと同じ日付に打刻がある場合、既存の打刻データはインポートされたデータに上書きされます。
・インポートが完了すると、インポート前の状態に戻すことはできません。操作は慎重に行ってください。
・勤務パターンが設定されていない場合、「所定」「深夜所定」を集計することはできません。
・勤務パターンにおいて、時間帯を指定する「休憩時間自動適用設定」が設定されている場合、休憩打刻をインポートすると、アラートが発生することがあります。

※一定期間より前のアラートを、ホーム画面に表示させない方法については、こちらのページをご参照ください。

操作方法

  1. 全権管理者メニュー>連携>インポートの画面から、「日次勤怠データ」の「インポート」ボタンをクリックします。

  2. 「インポート追加用のCSVのダウンロード」から、専用のフォーマットをダウンロードします。
    Windowsの場合は「Shift-JIS」を、macの場合は「UTF-8」を選択してください。

  3. 「CSVインポート」の「ファイルを選択」ボタンをクリックし、編集したCSVを選択後、「インポート」ボタンをクリックします。

  4. 確認画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

インポートできる内容について

※すべて必須項目です

項目名詳細
従業員番号すでに登録されている「従業員番号」と一致させる必要があります
苗字すでに登録されている「苗字」と一致させる必要があります
名前すでに登録されている「名前」と一致させる必要があります
打刻所属日打刻日の前日を入力すると、その「前日」に打刻したことになります
YYYY/mm/dd形式で、打刻日2日前から2日後までの範囲で入力してください
ex.「2019/10/1」
打刻日YYYY/mm/dd形式で、打刻を行う年月日を入力してください
ex.「2019/10/1」
打刻時刻「時間」と「分」の間に半角「:」を含めた、hh:mm形式で入力してください
ex.「10:00」「19:30」
打刻種別「出勤」「退勤」「休憩開始」「休憩終了」のいずれかを入力してください

インポート内容の確認

上長メニュー> 「勤怠確認」にて、対象従業員の「日次勤怠」をクリックすると、インポートした打刻情報を確認できます。
※自身のデータをインポートした場合には、「ホーム」でも確認できます。

例:下記内容のデータをインポートした場合、以下【勤怠確認(日次勤怠)】の画像のように反映されます。

【勤怠確認(日次勤怠)】

更新日:2022年08月22日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: