マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. マネーフォワード クラウド確定申告の税区分について教えてください。

マネーフォワード クラウド確定申告の税区分については、以下をご確認ください。

本ガイドでは、2023年10月1日から始まるインボイス制度に伴って免税事業者から課税事業者になる方向けに、わかりやすく説明しています。

消費税の「税区分」とは

「税区分」とは、消費税をどのように扱うのかを指定する区分です。

課税事業者の場合は、消費税申告を正しく行うために、日々登録する仕訳の税区分を正しく設定する必要があります。

消費税の取引の分類について

消費税の取引は、大きく「課税取引」「不課税取引」「非課税取引」「免税取引」の4つに分類されます。

各取引の詳細については、以下をご確認ください。

取引区分内容
課税取引以下の4つの要件をすべて満たす取引

  • 国内で行う取引
  • 事業者が事業として行う取引
  • 対価を得て行う取引
  • 資産の譲渡※1、貸付け※2又は役務(サービス)の提供※3をしている
不課税取引課税取引の要件を満たさない取引
(国外での費用や個人事業税の支払いなど)
非課税取引課税取引の要件は満たしているものの、取引の性格上課税対象として馴染まない取引や、社会的配慮から消費税を課税しないと国が定めている取引※4
(住居の家賃収入、および事業所得や不動産所得に関わる損害保険料の支払いなど)
免税取引輸出として行われる商品の取引

※1 「資産の譲渡」とは、「商品の販売」「商品の購入」などの取引のことです。
※2 「資産の貸付け」とは、「土地を貸す」「建物を貸す」などの取引のことです。
※3 「役務(サービス)の提供」とは、「工事」「飲食」「士業」「宿泊」などの取引のことです。
※4 「非課税取引」の詳細は国税庁のページをご確認ください。

課税される取引と課税されない取引(対象外・非課税)については、以下のガイドもご参照ください。
Q. 「対象外(不課税)」と「非課税」の違いを教えてください。

税区分の選択の考え方

<ご注意>
本ガイドでは、一般的な取引の税区分をご紹介しています。
取引によって選択すべき税区分は異なるため、本ガイドに記載している税区分が適切かどうかの保証はできません。
ご不明な点があれば、税理士などの専門家や税務署へご相談ください。

売上取引の場合

売上取引の場合に使用する税区分は、以下をご参照ください。

仕入取引の場合

仕入取引の場合に使用する税区分は、以下をご参照ください。

税区分のよくある質問

税区分に関するよくある質問は以下のとおりです。
仕訳登録時にご活用ください。

「消費税」の設定方法
Q. 税区分の「対象外」「対象外仕入」「対象外売上」の違いを教えてください。
Q. 「対象外(不課税)」と「非課税」の違いを教えてください。
Q. 「非課税仕入」「非課税対応仕入」「非課税資産輸出」の違いを教えてください。
Q. 輸入仕入の取引は仕訳登録時にどの税区分を使用すればいいですか?
Q. 不課税の取引は仕訳登録時にどの税区分を使用すればいいですか?
Q. クラウド会計・確定申告に登録されている税区分を確認できる一覧はありますか?

更新日:2023年10月13日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。