マネーフォワード クラウド給与使い方ガイド

「マネーフォワード クラウド人事管理」との連携方法

このガイドでは、「マネーフォワード クラウド人事管理」からマネーフォワード クラウド給与へ従業員情報を取り込む方法についてご説明します。

連携の設定を行うと、クラウド給与上のボタンをクリックするだけで、クラウド人事管理の従業員情報を取り込むことが可能です。

<ご注意>
こちらの操作は、クラウド人事管理で「全権管理者」の権限が付与されているアカウントで行う必要があります。

対象のお客さま

  • マネーフォワード クラウド給与をご利用中のお客さま
  • マネーフォワード クラウド人事管理をご利用中のお客さま

対象ページ

目次

「マネーフォワード クラウド人事管理」との連携設定

  1. マネーフォワード クラウド給与にログインし、 「連携設定」>「労務」画面を開きます。
  2. 「マネーフォワード クラウド人事管理」の「連携する」をクリックします。
  3. 「マネーフォワード クラウド人事管理と連携しました。」というメッセージが表示されたことを確認します。

従業員情報の取り込み

「マネーフォワード クラウド人事管理」に登録した従業員情報は、マネーフォワード クラウド給与の「従業員情報」画面から取り込むことができます。
操作方法は新規で取り込む場合と更新する場合で異なるため、ご注意ください。

なお、クラウド給与とクラウド人事管理の連携では、従業員コード(従業員番号)を参照して従業員を紐づけます。
そのため、連携操作は両方のサービスで従業員コードを一致させてから行ってください。

両方のサービスで従業員氏名が異なる場合でも、従業員コードが一致していれば紐づけが行われます。
従業員コードが一致している場合は情報が上書きされ、一致していない従業員は新規で作成されます。
※従業員コードは、クラウド人事管理において「従業員番号」と表示されます。

クラウド人事管理での従業員情報の登録方法は、こちらをご確認ください。

マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)

初めてクラウド人事管理から従業員を取り込む場合や、クラウド人事管理に新たに従業員を登録した際に行う操作です。

  1. 従業員情報」>「従業員一覧」画面の「従業員の追加/更新▼」をクリックし、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)」を選択します。
  2. 「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)」画面で「取り込む」をクリックします。
  3. 「従業員情報の取り込みを開始しました。しばらくお待ちいただいた後ページ更新を行ってください。」というメッセージが表示されたら、ブラウザの更新ボタンやF5キーをクリックしてページの更新を行ってください。

    「マネーフォワード クラウド人事管理から●●名中●●名分の従業員情報を連携対象として追加しました。」というメッセージが表示されたら、従業員情報の取り込みは成功です。
    なお、クラウド人事管理で「従業員番号」「入社年月日」「従業員姓」「従業員名」が設定されていない従業員は取り込まれません。

ご注意

  • クラウド人事管理からクラウド給与への従業員情報の取り込みは、何度でも行うことができます。クラウド人事管理で新しい従業員を登録した場合は、クラウド給与で取り込み操作を行うことで、新しい従業員情報を取り込めます。なお、一度取り込まれた従業員は、再取り込みを行っても新規従業員としては追加されません。
  • すでにクラウド給与に連携済みの従業員の情報は、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)」をクリックしても上書きされません。クラウド人事管理で変更した従業員情報をクラウド給与に反映する場合は、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」から更新操作を行う必要があります。
  • 「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)」では、連携操作時点の従業員情報がクラウド給与に連携されます。クラウド人事管理の特定の日(基準日)時点の情報をクラウド給与に連携する場合は、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」で「基準日」を指定して更新操作を行う必要があります。詳しくはこちらをご参照ください。

マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)

「マネーフォワード クラウド人事管理」で変更した従業員情報をマネーフォワード クラウド給与に連携する際に行う操作です。
クラウド人事管理の特定の日(基準日)時点の情報をクラウド給与に連携することができます。

  1. 「従業員情報」>「従業員一覧」画面の「従業員の追加/更新▼」をクリックし、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」を選択します。
  2. 「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」画面にて、「更新対象」と「基準日」を選択して「次へ」をクリックします。
  3. 取り込む項目を選択し「更新」をクリックします。
  4. 「従業員情報の取り込み依頼を受け付けました。」というメッセージが表示されたら、しばらく時間を置いてからブラウザの更新ボタンやF5キーを押下してページの更新を行ってください。

    従業員情報の更新が完了した旨のメッセージが表示されると連携成功です。

ご注意

従業員情報の更新は、すでにクラウド人事管理から取り込まれている従業員が対象です。
「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」が表示されていない場合は、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(新規)」を行ったあとに、更新を行ってください。

「単価」カテゴリに追加した項目の連携設定

お客さまが独自でマネーフォワード クラウド人事管理で追加された「単価」カテゴリの項目を取りこむことができます。

「単価」カテゴリの項目を取り込む際は、あらかじめマネーフォワード クラウド人事管理で使用している「単価」カテゴリの項目と同じ名称の支給項目の登録が必要です。
なお、「基本給」など初期値としてマネーフォワード クラウド給与に登録のある項目については、追加で登録いただく必要はありません。

【「マネーフォワード クラウド人事管理」の「従業員情報」画面】

【「マネーフォワード クラウド給与」の「基本設定」>「支給項目」画面】

上記登録後は、こちらの手順で取り込みを行ってください。
「単価」カテゴリの項目を取り込むと、マネーフォワード クラウド給与の「従業員情報」>「給与情報」画面の「支給項目」にマネーフォワード クラウド人事管理で各従業員に登録されている単価が反映されます。

ご注意

  • 「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」画面で選択可能な支給項目は、「基本設定」>「支給項目」画面で計算式に「従業員情報で設定」が使用されている項目のみです。
  • マネーフォワード クラウド人事管理の「給与区分」とマネーフォワード クラウド給与の「給与形態」が一致している場合のみ単価が取り込まれます。
    例えば、マネーフォワード クラウド人事管理で「月給」で項目が登録されている場合、マネーフォワード クラウド給与でも「月給」の支給項目として登録が必要です。
  • 「通勤手当/課税」「通勤手当/非課」「現物通勤手当/課税」「現物通勤手当/非課」の4項目については、単価の取り込みはできません。
    なお、マネーフォワード クラウド人事管理の「通勤」カテゴリに登録されている情報は連携可能です。連携できる情報は、こちらをご参照ください。

連携できる項目

「マネーフォワード クラウド人事管理」と連携できる項目は以下のとおりです。

一般情報

MF給与MF人事管理備考
従業員コード従業員番号
苗字(氏名)
名前(氏名)
苗字(氏名フリガナ)姓(フリガナ)
名前(氏名フリガナ)名(フリガナ)
性別性別
生年月日生年月日
電話番号電話番号
郵便番号郵便番号(現住所)
都道府県都道府県(現住所)
住所1市区町村+番地(現住所)
住所2マンション/ビル等(現住所)
住所1フリガナ市区町村(フリガナ)+番地(フリガナ)(現住所)
住所2フリガナマンション/ビル等(フリガナ)(現住所)
入社年月日入社年月日
退職年月日退職年月日
退職区分退職区分
退職理由退職理由
契約種別契約種別業務委託については「その他」として連携
給与形態給与区分
役職役職「所属」で「主務」として設定されている役職
税額表区分税額表区分
ひとり親区分寡婦・ひとり親区分「ひとり親」を選択した場合に連携
寡婦区分寡婦・ひとり親区分「寡婦」を選択した場合に連携
障がい者区分障害者区分
勤労学生区分勤労学生区分
未成年者区分未成年者区分
災害者区分災害者区分
外国人区分外国人区分
居住者区分居住者区分「居住者でない」と選択した場合に「非居住者」として連携

扶養情報

クラウド給与の「従業員情報」には、クラウド人事管理の「家族情報」の登録情報が連携されます。

MF給与MF人事管理備考
氏名(苗字)
氏名(名前)※1
氏名フリガナ(ミョウジ)姓(フリガナ)
氏名フリガナ(ナマエ)名(フリガナ)
生年月日生年月日※1
性別性別
同居区分同居区分
同居区分国内外区分
扶養区分・同一生計配偶者区分所得税扶養区分・年間所得見積額※2
障がい者区分障害者区分
健保区分社会保険扶養区分※2
    ※1:扶養情報の連携の際、クラウド人事管理側に姓・名・生年月日が登録されていることを確認してください。
    姓のみの入力などの場合には、うまく取り込みができずエラーとなりますのでご注意ください。

    ※2:クラウド給与の「扶養区分」および「同一生計配偶者区分」は、クラウド人事管理の「家族情報」で以下のすべての条件を満たす場合に「対象」と表示されます。

  • 配偶者(源泉控除対象配偶者区分)
  • ・家族の基本情報の続柄が「夫」または「妻」である
    ・家族の所得税扶養情報の「所得税の扶養区分」が「扶養する」である
    ・家族の所得税扶養情報の「所得見積額」が95万円以下である
    ・本人の所得税情報の「所得見積額」が900万円以下である

  • 扶養親族
  • ・家族の基本情報の続柄が「夫」または「妻」以外の場合
    ・家族の所得税扶養情報の「所得税の扶養区分」が「扶養する」の場合
    ・家族の所得税扶養情報の「所得見積額」が48万円以下の場合

  • 同一生計配偶者区分
  • ・家族の基本情報の続柄が「夫」または「妻」の場合
    ・家族の所得税扶養情報の「所得税の扶養区分」が「扶養する」の場合
    ・家族の所得税扶養情報の「所得見積額」が48万円以下の場合

続柄

続柄に関しては、以下の表のとおりに連携されます。
なお、表に記載されていない続柄はクラウド人事管理と同じ名称で連携されます。

MF給与MF人事管理
息子子(男)
子(女)
孫息子孫(男)
孫娘孫(女)
その他曾祖父
その他曾祖母
その他従兄弟
その他従姉妹
その他内夫
その他内妻
その他連子

給与情報

MF給与MF人事管理備考
日給日給※「給与区分」にて「日給」を選択している場合
日給2日給2※「給与区分」にて「日給」を選択している場合
時給時給※「給与区分」にて「時給」を選択している場合
時給2時給2※「給与区分」にて「時給」を選択している場合
資格取得日(健康保険・厚生年金保険)資格取得年月日(健康保険・厚生年金保険)
被保険者整理番号被保険者整理番号
基礎年金番号基礎年金番号
資格喪失日(健康保険・厚生年金保険)資格喪失年月日(健康保険・厚生年金保険)
喪失原因資格喪失原因「対象外」と「退職」については「その他」として連携
従業員区分(労働保険)従業員区分(労働保険)従業員は「常用」、従業員(臨時)は「臨時」、役員兼従業員は「役員で労働者扱いの者」として連携
資格取得日(雇用保険)資格取得年月日(労働保険)
被保険者番号被保険者番号
離職等年月日離職等年月日
資格喪失原因資格喪失原因対象外は「離職以外の理由」、事業主の都合による離職は「事業主都合の離職」、事業主の都合以外の離職・変更は「事業主都合以外の離職」として連携

通勤手当

MF給与MF人事管理備考
支給方法(交通機関)金銭で固定
通勤経路(交通機関)出発駅/到着駅(電車)乗車停留所/降車停留所(バス)
支給額(交通機関)「定期代」、または「片道運賃」×2「定期代」が0円だった場合は「片道運賃」×2の金額が連携
交通用具を使用する距離合計(交通用具)片道の通勤距離(車)「片道の通勤距離」の合計距離から区分が反映
支給方法(交通用具)金銭で固定
通勤経路(交通用具)開始地点/終了地点(車)
支給額(交通用具)支給額(車)

※「支給条件」や「支給間隔」、「支給月」はクラウド給与での設定が必要です。

支払情報

支払情報は、クラウド人事管理で「金融機関名」「支店名」「口座名義人」「口座名義人(フリガナ)」「口座番号」がすべて登録されている場合のみ取り込みが行われます。
いずれか1つでも登録されていない場合は、エラーとなりますのでご注意ください。

MF給与MF人事管理備考
口座名新規で追加の場合には「口座〇〇」の形式で数字が自動入力されます。
金融機関名金融機関名
支店名支店名
名義人口座名義人
名義人フリガナ口座名義人(フリガナ)
口座番号口座番号

※口座番号が一致している場合は、同じ口座として更新されます。
※クラウド人事管理で口座情報を削除した場合、「マネーフォワード クラウド人事管理から従業員データを取り込む(更新)」を行うとクラウド給与の口座情報も削除されます。

更新日:2022年08月19日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: