マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

「取引先管理」の設定方法

概要

このガイドでは、「取引先管理」画面の設定方法についてご案内します。
こちらの画面では「取引先」及び「支払先」を設定できます。
使い分けについては、下記をご確認ください。

  • 取引先:請求書のやり取りを行う企業について、取引先名や口座などを設定できます。
  • 支払先:支払依頼申請に必要な支払期日・源泉徴収税の有無・貸借科目・金額入力方式(税込/税抜)などをあらかじめ設定することができます。基本情報や支払ルールなどを設定できます。

対象ページ

取引先

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債務支払を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

1.設定手順
2.編集について
3.支払依頼申請への反映

手順

設定手順

1.「取引先」をクリックします。

2.「取引先追加」をクリックします。

3.取引先の企業情報を入力し、「登録する」をクリックします。

取引先情報の入力項目は以下をご確認ください。

項目名項目の説明
取引先コード取引先企業のコードを登録します。仕訳を出力する際に「取引先コード」として利用されます。
仕訳エクスポート時に集計単位で出力した場合、取引先コードが同じものは合算されます。
取引先名取引先企業の名称を登録します。
取引先名カナ取引先企業の名称をカタカナで登録します。
法人区分取引先企業の区分を選択します。「不明」「法人」「個人事業主」から選択できます。
マイナンバー / 法人番号マイナンバーまたは法人番号を入力します。13文字以内で入力してください。
住所/国内取引先企業の住所を入力します。
「国内」チェックは支払調書出力のために必要な項目となります。
電話番号取引先企業の電話番号を入力します。
企業サイトURL取引先企業のホームページのURLを入力します。
代表者氏名取引先企業の代表者氏名を入力します。
反社チェック実施反社確認ができたらチェックします。
反社チェックメモ欄反社チェックに関するメモを入力します。
下請法区分下請法確認状況に応じて選択します。
下請法区分チェックメモ欄下請法に関するメモを入力します。

4.「支払先追加」をクリックします。

5.「支払方法」を選択します。

「銀行口座振振込」を選択すると、「取引先口座」の選択が可能です。
新規で登録する場合は「新規追加」より登録できます。
「支払方法」で選択できる支払方法は、以下をご確認ください。

項目名項目の説明
銀行口座振込FBデータの作成や、API連携した金融機関から振込を行う場合に選択します。
「銀行口座振込」を選択した場合、「取引先口座」の選択が可能です。
現金現金で支払う場合に選択します。集計を行っても「振込データ」と「支払仕訳」は作成されません。
納付書払い納付書で支払う場合に選択します。集計を行っても「振込データ」と「支払仕訳」は作成されません。
自動引落し預金口座から自動で引き落とされる支払いの場合に選択します。集計を行っても「振込データ」と「支払仕訳」は作成されません。
※実際の引落しはご利用の金融機関にて操作ください。
その他上記以外の支払方法を利用する場合に選択します。集計を行っても「振込データ」と「支払仕訳」は作成されません。

5.「支払先」に必要な情報を入力します。

「支払先」の入力項目は以下をご確認ください。

項目名項目の説明
支払先コード費用計上仕訳を明細単位で出力する場合、出力時に「支払先コード」として利用されます。
支払先名支払先の名称を登録します。登録した支払先は、「支払依頼申請」画面で選択肢として表示されます。
支払先部署名支払先の部署名を登録します。
表示優先度「支払依頼」画面に表示される「支払先」の表示順を設定します。数値が小さいほど上位に表示されます。
利用可否チェックが入っている支払先は、支払依頼申請時に「支払先」として表示されます。
※プランによって利用できる件数に上限があります。

6.「担当者(先方)」に必要な情報を入力します。

「担当者(先方)」の入力項目は以下をご確認ください。

担当者名取引先の担当者氏名を登録します。
担当者メールアドレス取引先の担当者のメールアドレスを登録します。
先方担当者電話番号担当者の電話番号を登録します。

7.「担当者(当方)」に必要な情報を入力します。

「担当者(当方)」の入力項目は以下をご確認ください。

担当者名従業員」に登録済みの中から選択します。
請求書自動取込用メールアドレスメールアドレス未発行
登録後に先方にお伝えする請求書受領用のメールアドレスが発行されます。
先方担当者電話番号担当者の電話番号を登録します。
発行された請求書自動取込用メールアドレスに先方担当者が請求書を添付してメール送信することで、当方担当者の「申請」>「支払依頼」に下書きが作成されます。

8.「支払ルール」に必要な情報を入力します。

「支払ルール」の入力項目は以下をご確認ください。

項目名項目の説明
支払締日費用計上日の初期値として表示する日付を設定します。一番近い過去の「支払締日」を元に、支払依頼申請の費用計上日の初期値が設定されます。なお、費用計上日は支払依頼申請の申請作成日に一番近い過去の「支払締日」を元に計算されます。

【例】「支払締日」を「31」と設定すると、8月1日~8月31日に申請を作成した場合の費用計上日は7月31日となります。
支払月費用計上日から「●ヶ月後」に支払いを行うかを設定します。「当月」「翌月」「翌々月」「翌々々月」から選択できます。
支払期日「支払月」で設定した月に対して、「1」~「31」の数字を入力して日付を設定します。費用計上日を基準に、「支払月」「支払期日」「期日が休日の時」を踏まえた日付が支払依頼申請時の初期値として設定されます。
支払期日が休日の場合の処理支払期日が土日や祝日の場合に、期日をどのように計上するかを設定します。「前後移動なし」「前倒し」「後倒し」から選択してください。

【例】支払期日が日曜日の場合、「前倒し」では金曜日に、「後倒し」では月曜日に移動します。
振込手数料先方負担「先方」と「当方」のどちらが振込手数料を負担するかを設定します。「先方」を選択した場合、支払合計金額から振込手数料を差し引いた金額で振込データが作成されます。

振込手数料の計算機能はコーポレートプランのみ使用可能です。

7.「源泉徴収設定」に必要な情報を入力します。

「源泉徴収設定」の入力項目は以下をご確認ください。

項目名項目の説明
源泉徴収源泉徴収税の控除を行うか否かを設定します。
源泉徴収貸方科目「源泉徴収」が「あり」の場合、源泉徴収税の仕訳の貸方勘定科目を設定します。
源泉徴収貸方補助科目「源泉徴収」が「あり」の場合、源泉徴収税の仕訳の貸方勘定補助科目を設定します。

8.「支払明細初期値」に必要な情報を入力します。

「支払明細初期値」の入力項目は以下をご確認ください。

項目名項目の説明
品目支払依頼申請時に初期値として表示される品目を設定します。
費用負担部門「支払依頼」画面で初期値として表示される負担部門を設定します。
費用負担プロジェクト「支払依頼」画面で初期値として表示されるプロジェクトを設定します。
経費科目「支払依頼」画面で初期値として表示される「経費科目」を設定します。「経費科目設定」で設定されている「経費科目」から選択してください。
貸方勘定科目「支払依頼」画面で初期値として表示される貸方勘定科目を設定します。
貸方補助科目「支払依頼」画面で初期値として表示される貸方勘定補助科目を設定します。
税込入力「支払依頼」画面で税込入力を行うか否かを設定をします。

9.「登録する」をクリックします。

2.編集について

取引先

取引先名のリンクから、内容の編集が可能です。

支払先

支払先名のリンクから、内容の編集が可能です。

3.支払依頼申請への反映

「支払先」画面で設定した支払先は、支払依頼申請時の「支払先」に表示されます。

支払先を選択すると、「支払先」画面で設定した内容が反映されます。

更新日:2022年03月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: