マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

休暇の付与方法

概要

「休暇管理」画面の設定と利用方法についてご案内いたします。
従業員に各種休暇を手動で付与する際は、「休暇管理」画面から操作を行います。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド勤怠をご利用中のお客さま

対象ページ

「休暇管理」

目次

休暇を付与する方法

「休暇管理」>「従業員別休暇残数一覧」から、従業員に休暇を付与することができます。

  1. 付与したい休暇を検索し、対象従業員の「付与」をクリックします。

  2. ①「付与日」、②「日数」、③失効日を入力して保存します。
    ※失効日は、「日付を指定する」と「付与日から◯日後に失効」のどちらかを選択します。

休暇を一斉付与する方法

付与する休暇の情報(付与日・日数・失効日)が同一であれば、複数の従業員に一斉付与することが可能です。
付与したい休暇を検索し、対象従業員にチェックマークを入れて「+休暇を付与」をクリックすることで、複数の従業員にまとめて休暇を付与します。

付与した休暇を削除する方法

「休暇管理」>「従業員別休暇残数一覧」画面から、付与した休暇を削除することができます。

  1. 削除したい休暇を検索し、対象従業員の「詳細」をクリックして休暇の付与履歴を開きます。
  2. 対象となる付与履歴の「取消」をクリックします。
  3. 確認メッセージが表示されます。内容を確認後「OK」をクリックすると、休暇が削除されます。

「すでに休暇を消費しており、残数が足りなくなるため変更できません」というエラーについて

すでに休暇を消費していて付与履歴を削除できないときに、該当のエラーが表示されます。
「休暇ルール」>「有給休暇」画面の設定を変更することで削除が可能となるため、以下の操作をお試しください。

  1. 「休暇ルール」>「有給休暇」の画面で、従業員に適用している有給休暇パターンの「編集」をクリックします。
  2. 「残数が0でも取得できるか否か」の項目で、「許可する」を選択して保存します。
  3. 「休暇管理」>「従業員別休暇残数一覧」画面から、もう一度休暇履歴を削除します。
    ※削除が完了しましたら、必要に応じて有給休暇パターンの設定をお戻しください。

付与した休暇の付与日・付与数・失効日を変更する方法

付与日と付与した日数の変更方法

付与日と付与した日数を編集することはできません。
登録内容を変更したい場合は、事前に付与した休暇を削除し、変更後の内容でもう一度休暇を付与します。
休暇の削除方法は、こちらの項目をご参照ください。(※ページ内リンク)

失効日を変更する方法

「休暇管理」>「従業員別休暇残数一覧」画面から、失効日の編集が可能です。

  1. 対象従業員の「詳細」をクリックし、休暇の履歴を開きます。
  2. 対象となる付与履歴の「編集」をクリックします。

  3. 変更後の失効日を入力し、設定を保存します。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: