マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド

「ACELINK NX-Proの勘定科目インポート」機能の使い方

機能説明

株式会社ミロク情報サービス社製の「ACELINK NX-Pro」から出力した勘定科目および補助科目をインポートすることができます。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計・マネーフォワード クラウド確定申告ユーザー

対象ページ

他社ソフトデータの移行

使用ポイント

ACELINK NX-Proと同じ勘定科目名称で利用したい

マネーフォワード クラウドと名称の異なる勘定科目で利用している場合、勘定科目インポートを行うことで同じ名称で利用ができます。
(会計大将、会計Plusをご利用のお客さまが対象です)

インポートの順番

ACELINK NX-Proからは、勘定科目、開始残高、仕訳データのインポートが可能です。
下記の順番でご操作をいただくことでスムーズにマネーフォワード クラウド会計・確定申告への移行が可能です。
まずは最初に勘定科目のインポートから行いましょう。

  1. Step1 勘定科目のインポート
    当ページでご案内します。
  2. Step2 開始残高のインポート
    「ACELINK NX-Proの開始残高インポート」機能の使い方(使い方ガイド)
  3. Step3 仕訳のインポート
    「ACELINK NX-Proの仕訳インポート」機能の使い方(使い方ガイド)

1.ACELINK NX-Proからのエクスポート

ACELINK NX-Proより、マネーフォワード クラウドへインポートする勘定科目(補助科目)のデータをファイルとして出力します。

(1)ACELINK NX-Proのソフトを開き、科目設定の「勘定科目」を選択してください。
(お使いのパッケージにより操作手順は多少異なります)
※会計Plusの場合は、画面左メニューの「8.導入登録処理」より選択できます。

【科目設定】
勘定科目を選択

(2)科目分類を選択し、「印刷」ボタンを押してください。科目分類はどの項目を選んでいただいても構いません。

【勘定科目】
印刷ボタンを押す

(3)印刷条件を選択できるウインドウが開きますので、「実在科目登録リスト(詳細)」を選択しファイルを出力します。

登録リストを表示させる

CSV形式でファイルを出力させる

(4)「科目体系登録リスト」と「科目別補助登録リスト」についても(3)と同様に出力を行ってください。

ミロクの勘定科目インポートに対応6

2.マネーフォワード クラウドへのインポート

次に、マネーフォワード クラウドでインポートを行います。
各種設定>他社ソフトデータの移行>ミロクを開きます。
Step1の勘定科目のインポートボタンをクリックします。

na_20190829_05

勘定科目をアップロードします。補助科目をアップロードするときもこの項目からアップロードをおこないます。
※ 勘定科目のアップロードの際は、「実在科目登録リスト(詳細)」と「科目体系登録リスト」をアップロードする必要があります。補助科目用ファイル(科目別補助登録リスト)のアップロードは任意ですが、必ず勘定科目を先にアップロードしてください。
na_20190829_06

インポートが完了します。各種設定>勘定科目よりインポートが行えているかを確認してください。
勘定科目3

更新日:2021年08月27日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド