マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 「他社会計ソフト」からの移行を検討しています。手順を教えてください。

移行に対応している他社会計ソフトについては、「各種設定」>「他社ソフトデータの移行」画面で確認が可能です。

対応している会計ソフトか否かにより、移行方法が異なります。
詳しくは以下をご確認ください。

対応している会計ソフト

マネーフォワード クラウド会計・確定申告では、「他社ソフトデータの移行」画面に記載されている他社会計ソフトからの移行に対応しています。
対応している会計ソフトからの移行であれば、他社会計ソフトから出力したデータをクラウド会計・確定申告にインポートすることが可能です。

なお、会計ソフトによっては、開始残高や勘定科目のインポートにも対応しています。
他社ソフト名をクリックし、ステップごとに公開している操作方法を参照してインポートを行ってください。

対応していない会計ソフト

対応していない会計ソフトから移行する場合、他社会計ソフトから出力したファイルをマネーフォワード クラウド会計・確定申告の様式に編集し、インポートする必要があります。
仕訳帳」画面にある「インポート」ボタンをクリックして「仕訳帳」を選択し、サンプルフォーマットをダウンロードしてください。

クラウド会計・確定申告のフォーマット使用時の留意事項

  • 仕訳のインポートには取引Noの入力が必要です。連番で取引Noを設定してください。
  • 同一の取引Noが上下の行に入力されている場合は複合仕訳として認識されます。複合仕訳を登録する場合は、同じ番号を入力してください。
  • 取引Noについては、クラウド会計・確定申告とあわせる必要はありません。番号が重複する場合は自動的に重複しない番号で登録されます。
  • インポートはCSV形式で行ってください。
更新日:2022年08月02日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。