マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

「仕訳連携」の操作方法

概要

このガイドでは、「仕訳」画面の操作方法についてご説明します。 「仕訳」画面は、「クラウドシリーズ連携」画面の「連携先プロダクト」で「マネーフォワード クラウド会計Plus」を選択している場合のみ表示されます。
仕訳の連携結果や内容確認に利用することが可能です。

「連携先プロダクト」で「マネーフォワード クラウド会計」や「連携しない」を選択している場合、「仕訳」画面は表示されません。

対象ページ

経理業務>仕訳連携

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド債務支払を「管理」権限でご利用中のお客さま

目次

連携結果の確認方法

「経理業務」>「仕訳連携」画面では、「マネーフォワード クラウド会計Plus」への仕訳連携の結果を確認することができます。

経理業務>仕訳

画面上部にある「検索条件」を利用することで、指定した条件に応じた絞り込み検索も可能です。

仕訳の検索条件

連携結果について

「連携結果」に表示されるステータスは以下のとおりです。

表示内容
成功 クラウド会計Plusへの連携が成功している状態です。
連携後にクラウド会計Plusで仕訳を削除した場合も表示され続けます。
送信中クラウド会計Plusに連携するためのデータを送信している状態です。
連携失敗連携が失敗している状態です。
対象外連携に失敗した仕訳を「対象外」にしている状態です。

連携失敗時の操作方法

  1. 「仕訳」画面で「連携失敗」の文字にカーソルをあわせます。
    連携失敗
  2. 表示されたメッセージを確認し、原因に応じて「明細・申請の編集」「再連携」「対象外」のいずれかの操作を行います。

「明細・申請の編集」で解消する場合

明細や申請の内容を編集して失敗の原因を解消します。
「編集」をクリックして編集を行うと仕訳が再連携されるので、最新の連携結果を確認してください。

  • 失敗の原因が解消すると、「連携結果」欄が「成功」に更新されます。
  • 明細・申請の編集可否は、「申請フォーム」の「編集権限設定」に準じます。

「再連携」が必要な場合

勘定科目や税区分・部門との紐づけができていない場合、紐づける項目の確認が必要です。
以下のFAQを参照して各設定を確認し、「再連携」をクリックしてください。
マネーフォワード クラウド会計Plusに仕訳連携することはできますか?

また、サーバーエラーが発生した場合も、時間を置いて「再連携」をクリックしてください。

「対象外」とする場合

「対象外」をクリックすると、連携の対象外とすることが可能です。
「対象外」にすると仕訳が連携されないため、必要に応じてクラウド会計Plusで仕訳を登録してください。
※「解除」をクリックすると「対象外」を解除できます。

更新日:2022年07月11日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: