マネーフォワード クラウド会計使い方ガイド

「仕訳帳」画面の使い方

概要

このガイドでは、「仕訳帳」画面の操作方法についてご説明します。

「仕訳帳」画面では、登録したすべての仕訳を確認できます。
また、仕訳の検索・重複チェック・一括編集・インポート・エクスポートも可能です。

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド会計をご利用中のお客さま

※有料プラン未契約の場合、CSV出力は利用できません。
※有料プラン未契約または「スモールビジネス」プランでご利用中の場合、「削除済仕訳履歴」は利用できません。

目次

画面の説明

左メニューの「会計帳簿」をクリックして「仕訳帳」を選択すると、「仕訳帳」画面が表示されます。
「仕訳帳」画面では、登録した仕訳を一覧で確認したり、検索・編集・削除することができます。

検索条件

「仕訳帳」画面上部の検索条件では、「取引No」「種類」「タグ」「摘要」などを指定して仕訳を検索できます。

番号項目名項目の説明
取引No 仕訳の取引Noを指定できます。
半角数字で入力してください。
「,」で区切ると複数の仕訳を、「-」で区切ると範囲を指定できます。
開始日・終了日仕訳の取引日を指定できます。
半角数字で「yyyy/MM/dd」「yyyy/M/m」「MMdd」「M/d」の形式で直接入力するか、カレンダーで日付を指定してください。
操作している会計期間内の日付のみ指定できます。
種類「請求書」「給与」「決算整理」「未実現」等、仕訳の種類を指定できます。
種類についてはこちらをご参照ください。
タグ仕訳に設定されているタグを指定できます。
タグ」画面に登録されているタグから選択が可能です。
金額仕訳の金額を指定できます。
0以上の値で下限と上限を指定してください。
摘要仕訳に登録されている摘要を部分一致で指定できます。
and検索やor検索には未対応です。
証憑証憑添付の有無を「全て」「あり」「なし」から指定できます。
メモ仕訳に登録されているメモの内容を指定できます。
借方勘定科目・補助科目・部門・取引先・税区分仕訳の借方に設定されている項目を指定できます。

  • 勘定科目」画面で表示する設定になっている勘定科目・補助科目
  • 部門」画面に登録されている部門
  • 取引先」画面に登録されている取引先
  • 税区分」画面で使用する設定になっている税区分
インボイス借方インボイスを「全て」「適格」「適格以外(80%控除)」から指定できます。
「全て」の場合は「適格」「適格以外(80%控除)」および課税仕入系以外(仕入税額控除の対象外となる税区分)の仕訳を表示します。
貸方勘定科目・補助科目・部門・取引先・税区分仕訳の貸方に設定されている項目を指定できます。

  • 勘定科目」画面で表示する設定になっている勘定科目・補助科目
  • 部門」画面に登録されている部門
  • 取引先」画面に登録されている取引先
  • 税区分」画面で使用する設定になっている税区分
インボイス仕訳に設定した「貸方インボイス」を「全て」「適格」「適格以外(80%控除)」から指定できます。
「全て」を選択すると、「適格」「適格以外(80%控除)」が設定されている仕訳、および仕入税額控除の対象外となる課税仕入系以外の税区分が設定されている仕訳が表示されます。
検索検索条件を指定してからクリックすると、指定した条件に該当する仕訳を検索できます。

詳細は以下のガイドをご参照ください。
Q.登録した仕訳の検索方法を教えてください。

仕訳の確認・編集・出力機能

「仕訳帳」画面では、仕訳履歴の確認や仕訳の編集・出力等が行えます。

番号項目名項目の説明
削除済仕訳履歴事業者」画面で「仕訳履歴保存機能を利用する」にチェックが入っている事業者にのみ表示されます。
クリックすると、削除した仕訳の履歴を確認できます。
詳細はこちらをご参照ください。
重複チェッククリックすると、「仕訳重複チェック」機能を利用できます。
詳細はこちらをご参照ください。
一括編集クリックすると、「一括編集」画面に切り替わります。
詳細はこちらをご参照ください。
インポートクリックすると、各種帳簿のインポート操作ができます。
詳細はこちらをご参照ください。
エクスポートクリックすると、仕訳帳のエクスポート操作ができます。
詳細はこちらをご参照ください。

仕訳

「仕訳帳」画面では、登録した仕訳の内容を確認できます。

番号項目名項目の説明
ページ切り替えボタン 「<」「>」をクリックすると、表示するページを切り替えられます。
「●ページ」のプルダウンで表示するページを指定することも可能です。
「●件/ページ」のプルダウンでは、表示件数を変更できます。
検索結果検索条件に該当した仕訳の件数が表示されます。
検索条件を指定していない場合は、操作中の会計年度に登録されている仕訳件数が表示されます。
取引No仕訳の取引Noが表示されます。
「取引No」をクリックすると、昇順・降順を切り替えられます。
取引日仕訳の取引日が表示されます。
「取引日」をクリックすると、昇順・降順を切り替えられます。
一部の仕訳には、取引日の下に種別のスタンプが表示されます。
借方勘定科目仕訳の借方に設定した勘定科目が表示されます。
借方補助科目仕訳の借方に設定した補助科目が表示されます。
部門
取引先
上段は仕訳の借方に設定した自社の部門が表示されます。
下段には、仕訳の借方に設定した取引先が表示されます。
税区分
インボイス
上段は仕訳の借方に設定した税区分が表示されます。
下段には、仕訳の借方に設定したインボイス区分が表示されます。
下段に「80%控除」と表示されている仕訳は、2023年10月1日から2026年9月30日の期間に「適格」チェックボックスのチェックを外して登録した仕訳です。
金額仕訳の借方に設定した金額が表示されます。
貸方勘定科目仕訳の貸方に設定した勘定科目が表示されます。
貸方補助科目仕訳の貸方に設定した補助科目が表示されます。
部門
取引先
上段は仕訳の貸方に設定した自社の部門が表示されます。
下段には、仕訳の貸方に設定した取引先が表示されます。
税区分
インボイス
上段は仕訳の貸方に設定した税区分が表示されます。
下段には、仕訳の貸方に設定したインボイス区分が表示されます。
下段に「80%控除」と表示されている仕訳は、2023年10月1日から2026年9月30日の期間に「適格」チェックボックスのチェックを外して登録した仕訳です。
金額仕訳の貸方に設定した金額が表示されます。
摘要仕訳に登録した摘要が表示されます。
証憑/タグ/メモ証憑が添付されている仕訳ではクリップのアイコンが青色になり、タグやメモが登録されている仕訳には各アイコンが表示されます。
各アイコンをクリックすると、仕訳に登録されている証憑・タグ・メモを確認できます。
編集クリックすると、仕訳を編集できます。
縦三点リーダークリックして「削除」を選択すると、仕訳を削除できます。

削除済仕訳履歴

「仕訳帳」画面で「削除済仕訳履歴」ボタンをクリックすると、削除された仕訳の履歴を確認できます。
詳細は以下のガイドをご参照ください。
「仕訳履歴保存」機能の使い方

「削除済仕訳履歴」ボタンは、「各種設定」>「事業者」画面で「仕訳履歴保存機能を利用する」にチェックを入れている場合のみ表示されます。

重複チェック

重複した仕訳の絞り込み

  1. 仕訳帳」画面で「重複チェック」ボタンをクリックします。
  2. 「仕訳重複チェック」画面で「開始日」「終了日」「取引No」「日数誤差」「金額誤差」を指定し、「検索」ボタンをクリックします。
  3. 条件に該当する仕訳が表示されたことを確認します。
仕訳重複チェック」画面の検索条件では、「,」で区切ると複数指定、「-」で区切ると範囲指定ができます。
【例】「1,2,3,4,5」と入力した場合は複数指定、「1-5」と入力した場合は範囲指定が可能

重複した仕訳を削除する

チェックボックスにチェックを入れて「一括削除」ボタンをクリックすると、チェックを入れた仕訳を削除できます。
「取引No」の左側にあるチェックボックスにチェックを入れると、重複した仕訳のうち一番古い仕訳以外を選択することが可能です。

重複した仕訳の編集

  1. 重複チェックを実施し、表示された仕訳の取引日をクリックします。
  2. 仕訳帳」画面で該当の仕訳の右端にある「編集」ボタンをクリックし、仕訳を編集します。

一括編集

仕訳帳」画面で「一括編集」ボタンをクリックすると、複数の仕訳をまとめて編集できます。

操作方法については、以下のガイドをご参照ください。
「一括編集」機能の使い方

インポート

「仕訳帳」画面では、仕訳帳・現金出納帳・総勘定元帳・補助元帳・多桁式出納帳・インフォマート・flamのCSVファイルをインポートできます。

各種帳票のインポートについては、以下のガイドをご参照ください。

「仕訳帳」をインポートする
「現金出納帳」をインポートする
「総勘定元帳」をインポートする
「補助元帳」をインポートする
「多桁式出納帳」をインポートする
「インフォマートの仕訳インポート」機能の使い方
「flamの仕訳インポート」機能の使い方

エクスポート

仕訳帳」画面で「エクスポート」ボタンをクリックすると、仕訳帳をPDF・CSV・MF形式で出力できます。

「CSV形式」と「MF形式」の違い

「CSV形式」と「MF形式」はどちらもCSV形式のファイルを出力できますが、出力される項目が異なります。
各形式で出力できる項目については、以下をご確認ください。

  • CSV形式:取引No・取引日・勘定科目・補助科目・部門・取引先・税区分・インボイス・金額(円)・摘要・タグ・メモ
  • MF形式:すべての項目
他社会計ソフト形式のインポートやエクスポートを行う場合は、、「各種設定」>「他社ソフトデータの移行」画面で操作する必要があります。
詳細は以下のガイドをご参照ください。
他社ソフトとのデータ移行
更新日:2024年05月20日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド