マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「インポート」の使い方

概要

弊社指定のテンプレートに情報を入力し、インポートを行うことで、複数の仕訳をまとめて登録できる機能です。

対象ページ

仕訳登録>インポート

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「起票者」の権限をお持ちのお客さま

目次

インポート対象の会計年度

インポートが行えるのは、操作を行う際に表示している会計年度内の仕訳のみです。
取引日が異なる会計年度にかかる仕訳については、年度を切り替えてからインポートを行ってください。

インポートに使用するテンプレートについて

テンプレートのダウンロード

「仕訳登録>インポート」画面にアクセスします。
インポート1

画面上部の「1.テンプレートをダウンロード」から、ご利用環境に合わせた文字コードのテンプレートをダウンロードします。
インポート2

テンプレートの入力ポイント

A列からU列の1行目については、編集を行わないでください
%e4%bb%95%e8%a8%b3%e5%b8%b3_%e6%9c%ac%e4%bd%93_00

入力必須項目について
「取引No」「取引日」「勘定科目」「金額」については、入力必須項目です。
※複合仕訳の登録にあたり「勘定科目」「金額」が空欄となる場合は除く

取引Noの必要性
複合仕訳か、単一仕訳かを区別する際に使用する項目です。
1、2、3、4、5の様に連番で入力してください。

複合仕訳の入力方法
「同一取引日」「同一取引No」「貸借合計が一致している」の3点の条件を満たすと、複合仕訳として取り込みます。
それ以外を単一仕訳として取り込みます。

「タグ」「MF仕訳タイプ」の入力方法
「タグ」欄、および「MF仕訳タイプ」欄に複数入力する場合には、「|」(※半角のバーティカルバー)で区切ってください。

※テンプレートに入力する「勘定科目」「補助科目」「税区分」「部門」欄は、下記の各画面に登録されている名称と完全一致となる必要があります。

・マスタ設定>勘定科目
・マスタ設定>税区分
・マスタ設定>部門

テンプレートのインポートについて

インポート画面

「仕訳登録>インポート」画面下部の「2.インポート」にて「ファイルを選択」ボタンをクリック、またはファイルをドラッグ&ドロップし、「インポート」ボタンをクリックします。
インポートの処理が開始されますので、画面上の説明にそって操作を進めてください。
インポート3

主なエラーリスト

インポートを行った際に、正常に取り込めない場合は以下の表をご確認ください。

事象対応策
「元のデータファイルで貸借が一致しているか、今一度お確かめ下さい。」が表示されている。インポートファイルの貸借金額が不一致の可能性があります。
インポートファイルの確認をお願いします。
「当サービスでのインポートでは、勘定科目の入力は必須になりますので、元のデータファイルにて再度、入力を行ってください。」が表示されている。インポートファイルの勘定科目欄に入力がない、またはインポート時に列の項目の指定を行っていない可能性があります。
インポートファイルとインポート時の設定について確認をお願いします。
「仕訳ファイルインポート」画面で「処理を中止」ボタンしか表示されない。取引日が会計期間外の可能性があります。
インポートファイルの取引日欄と、表示している会計期間の確認をお願いします。
インポートした仕訳が 1 つの複合仕訳となってしまう。取引No欄が空欄の場合、複合仕訳となります。
その際には一行目に入力している取引日が反映されます。
取引Noが同一番号であり、取引日も同一だと、複合仕訳となります。
取引Noが同一番号であり、取引日が相違していると、各単一仕訳となります。
インポートファイルの内容が仕訳として登録されず、メモ欄に登録される。インポートファイルにマネーフォワード クラウド会計Plusに登録のない勘定科目、補助科目、税区分が存在しており、インポート時に選択を求められる「追加」、「変換」の設定を行わないと、未処理分としてメモ欄に入力が行われます。

テンプレート項目リスト

テンプレートの項目については、以下の表をご確認ください。

項目列項目名詳細説明
A列取引No各仕訳に割り振られている取引No。最大9桁。
マネーフォワード クラウド会計Plusでは、「同一取引日」「同一取引No」「貸借合計が一致している」の3点の条件を満たすと、複合仕訳として取り込みます。
それ以外を単一仕訳として取り込みます。
B列取引日各仕訳に割り振られている取引日。
(詳細は「取引No」にて記載)
C列借方勘定科目借方の勘定科目名。
最大文字長は 30 文字です。(全角、半角の区別はありません。)
D列借方補助科目借方の補助科目名。
最大文字長は 30 文字です。(全角、半角の区別はありません。)
E列借方税区分借方の税区分。
税区分には正式な「名称」と「省略名」の二通りの表記があります。
マネーフォワード クラウド会計Plusからエクスポートするときは「名称」で出力しますが、
インポートの際は「名称」「省略名」どちらでも取り込めます。
F列借方部門借方の部門名。子部門の場合は、子部門のみ記載してください。
最大文字長は 20 文字です。(全角、半角の区別はありません。)
G列借方取引先コード借方の取引先コード。あらかじめ「取引先」画面で作成した取引先のコードを記入してください。空欄の場合は、紐づく取引先なしとしてインポートされます。
H列借方取引先名借方の取引先名。あらかじめ「取引先」画面で作成した取引先の名称を記入してください。「借方取引先コード」が入っていれば、空欄でも問題なく読み込まれます。
I列借方金額(円)借方の金額。 税区分とあわせ、経理方式により出力内容が変わります。
【税抜(内税) 】金額:税込金額、税額:0
【税抜(別記)】金額:税抜金額、税額:消費税額
【税込】金額:税込金額、税額:0
J列借方税額借方の税額です。(詳細は「借方金額」にて記載)
K列貸方勘定科目貸方の勘定科目名。
L列貸方補助科目貸方の補助科目名。
M列貸方税区分貸方の税区分。
詳細は借方税区分と同様です。
N列貸方部門貸方の部門名。
詳細は借方部門と同様です。
O列貸方取引先コード貸方の取引先コード。
詳細は借方取引先コードと同様です。
P列貸方取引先名貸方の取引先名。
詳細は借方取引先名と同様です。
Q列貸方金額(円)貸方の金額。
詳細は借方金額と同様です。
R列貸方税額貸方の税額。詳細は借方税額と同様です。
S列摘要最大文字長は 200 文字です。(全角、半角の区別はありません。) 
複合仕訳として複数行存在する場合、各行に対して設定できます。
T列仕訳メモ最大文字長は 200 文字です。一仕訳に対し、メモは一つのみです。
複合仕訳の場合は、先頭行のメモが優先されます。
U列タグタグも一仕訳に対し、枠自体は一つのみですが、一つの枠に複数設定することができます。
「 a|b 」のように記載すると複数タグを設定する事ができます。
V列MF仕訳タイプ仕訳そのものの種別を設定できます。サポートしている種別種類は2022年2月時点で
「償却」
「請求書」
「給与」
「経費」
「債務支払」
「移行」です。
※1 「償却」「請求書」「給与」「経費」「債務支払」は、仕訳の属性の情報であり、これらを記載してインポートを行っても、マネーフォワード クラウドの他サービスとの連動は発生しません。
W列決算整理仕訳何らかの文字が入力されていると「決算整理仕訳」としてインポートします。 決算整理仕訳の場合、取引日は会計期間期末日に設定されます。
X列作成日時仕訳を最初に作成した日時。
インポート処理では無視されます。
Y列最終更新者仕訳を最後に更新したユーザー。
インポート処理では無視されます。
更新日:2022年02月22日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: