企業会計

Pocket

企業会計とは、主に営利企業に対し適用される会計手続きの総称。企業の事業活動を定量化した情報の提供、分析を目的として実施される。

なお企業会計は、その目的により財務会計と管理会計、税務会計に分けられる。

財務会計の目的は、企業外部の利害関係者に対し、企業の財務状態などの情報提供を行うことである。その際には、一般的に妥当と認められている会計基準に基づき、会計処理を行なう必要がある。

利害関係者へ報告する際には、貸借対照表や損益計算書が中心となる財務諸表により行うよう定められている。

管理会計の目的は、企業内部の利害関係者による意思決定など、経営管理へ役立てることである。管理会計による情報は、企業の内部での使用を目的としているため、機密情報として扱われることが多い。

また、財務会計において開示する情報の内容が、会社法や金融商品取引法などにより規制されるのに対し、管理会計により提供する情報の内容には各社のルールに基づき作成・運用される。

税務会計とは、法人税法の定めに従い法人税等の申告や納付を行うための会計を指し、課税標準を算定することを目的としている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。