マネーフォワード クラウド債務支払(FAQ)

Q. マネーフォワード クラウド会計Plusに仕訳連携することはできますか?

クラウド会計Plusで所定の設定を行うと、クラウド債務支払から登録された申請データを仕訳候補として連携することが可能です。

「クラウド会計」と「クラウド会計Plus」は、別のサービスとなります。

『マネーフォワード クラウド会計』と『マネーフォワード クラウド会計Plus』の違いを教えてください。

クラウド会計Plusの詳細は、こちらをご参照ください。

事前準備

1.マスタに同一の情報を登録します。

マスタ(勘定科目、補助科目、税区分、部門、取引先)は、会計Plusとクラウド債務支払間で、自動連携しておりません。
そのため、双方に同一名称で登録をいただく必要がございます。

マネーフォワード クラウド会計Plus 「勘定科目」の設定方法

マネーフォワード クラウド会計Plus 「税区分」の設定方法

マネーフォワード クラウド債務支払 「勘定科目/補助科目/税区分/製造原価」の設定方法

マネーフォワード クラウド会計Plus 「部門」の設定方法

マネーフォワード クラウド債務支払 「部門」の設定方法

マネーフォワード クラウド会計Plus 「取引先」の設定方法

マネーフォワード クラウド債務支払 「取引先」の設定方法

2.摘要欄に表示する内容を設定します。

「プロジェクト名を表示する」など、摘要欄に表示される内容を編集したい場合には、「摘要欄フォーマット(明細単位)」を編集ください。

※クラウド会計Plusの「債務支払から登録」にて「指定した月の明細を取得」を実施して初めて連携されます。詳細は、以下の連携手順をご参照ください。
※仕訳作成単位(明細単位、申請単位)は、クラウド会計Plusの「クラウドシリーズ連携」の設定で実施いただく必要がございます。
※仕訳作成単位が「申請単位」の場合、「摘要欄フォーマット(明細単位)」の内容を反映することはできません。

連携手順

※クラウド債務支払からクラウド会計Plusへの仕訳連携に関する設定は、以下の条件に該当する方のみ実施可能ですのでご注意ください。

  • 会計Plusで「業務管理者」の権限を持っている。
  • 連携するクラウド債務支払の事業者で「管理」権限を持っている。

1.クラウドシリーズ連携で、「クラウド債務支払の事業者」「仕訳作成単位」「取引先情報の連携」などを設定します。

マネーフォワード クラウド会計Plus 「クラウドシリーズ連携」の使い方

2.「債務支払から登録」に反映された仕訳候補を登録します。

マネーフォワード クラウド会計Plus 「債務支払から登録」の使い方

連携時の注意点

  • 既に仕訳帳に登録済みの仕訳をクラウド債務支払で編集・削除しても、クラウド会計Plus側には反映されません。必要に応じて、クラウド会計Plusで振替仕訳や逆仕訳などの対応を行っていただく必要があります。
  • 会計Plusのマスタは、クラウド債務支払と自動連携しておりません。部門、勘定科目、補助科目などは、双方に同一名称で登録をお願いします。
  • 免税事業者の方が利用される場合は、経費科目のデフォルト税区分を対象外と設定し、ご利用いただく必要がございます。
  • 会計Plusへの連携時、摘要欄フォーマットについては会計Plusの仕訳設定が「明細単位」の場合のみ「摘要欄フォーマット(明細単位)」が反映されます。「申請単位」の場合は、摘要欄フォーマットは反映されません。
更新日:2021年11月02日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: