マネーフォワード クラウド会計

【電帳法かんたんガイド】電子帳簿保存法について

概要

このガイドでは、「電子帳簿保存法ってなに?どのような要件があるの?」などの疑問をわかりやすく説明しています。

「そもそも電子帳簿保存法に関する用語がわからない!」という方は、以下の用語集をご参照ください。
【かんたんガイド】インボイス制度・消費税・電子帳簿保存法に関する用語集

目次

「電子帳簿保存法」とは?

「電子帳簿保存法」とは、国税関係の帳簿や書類を電子データで保存する際のルールを定めた法律です。
法律の名前に「帳簿」と入っていますが、帳簿以外の「書類」も対象となっています。

どんな帳簿や書類が対象なの?

電子帳簿保存法の対象となる書類には、「国税関係帳簿」「国税関係書類」「取引関連書類」があります。
具体的な帳簿や書類は以下のとおりです。

「電子帳簿保存法」の3つの保存区分とは?

「電子帳簿保存法」には、「電子帳簿等保存」「スキャナ保存」「電子取引データ保存」の3つの保存区分があります。

それぞれ対象となる書類や要件が異なります。
まずはお手元の書類がどの区分に該当するものなのかを確認しましょう!

「電子帳簿等保存」とは

「電子帳簿等保存」とは、自身がPCなどで作成した帳簿や書類を電子データのまま保存する際のルールです。

要件の詳細やマネーフォワード クラウドでの対応方法については、以下のガイドをご参照ください。
【電帳法かんたんガイド】「電子帳簿等保存」に対応するために必要な設定・操作について

「スキャナ保存」とは

「スキャナ保存」とは、紙で受領・作成した書類を電子化して保存する際のルールです。

要件の詳細やマネーフォワード クラウドでの対応方法については、以下のガイドをご参照ください。
【電帳法かんたんガイド】「スキャナ保存」に対応するために必要な設定・操作について

「電子取引データ保存」とは

「電子取引データ保存」とは、Webやメールで授受した請求書や領収書を電子データのまま保存する際のルールです。

要件の詳細やマネーフォワード クラウドでの対応方法については、以下のガイドをご参照ください。
【電帳法かんたんガイド】「電子取引データ保存」に対応するために必要な設定・操作について

「電子帳簿保存法」なぜ対応するの?

「電子帳簿保存法」は、対応することで得られるメリットや対応しないことで課されるペナルティーがあります。
ペナルティーを避けメリットを得るために、「電子帳簿保存法」を理解して正しく保存しましょう!

国税庁が作成している以下の一問一答もご参照ください。
電子帳簿保存法一問一答(Q&A)~令和4年1月1日以後に保存等を開始する方~|国税庁

「インボイス制度」と「電子帳簿保存法」の違いについて

「インボイス制度」と「電子帳簿保存法」は、それぞれ異なる制度です。

しかし、2024年1月から電子帳簿保存法の「電子取引データ保存」が義務化されると、電子データで受領した適格請求書を電子データのまま保存することが必須となります。
そのため、インボイス制度と電子帳簿保存法はあわせて対応する必要があります。

電子帳簿保存法についてのサポートページまとめ

電子帳簿保存法に関するサポートページは以下にまとめています。
こちらもぜひご参照ください。
電子帳簿保存法について

弊社では、マネーフォワード クラウドを使用している税理士の紹介サービスを無料で提供しています。
必要に応じて、以下ページで条件等を指定し、お申し込みください。
税理士・社労士無料紹介サービス
更新日:2023年12月22日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。