フリーランスとして失敗しないために読んでおくべき20個の記事

読了まで約 4

自分のやりたいことをしたい、
もっと自由に働きたい、
自分の限界を試したい、

様々な理由からフリーランスとして独立をしたいと考えたことがある方も多いかと思います。しかし、独立すると様々な課題に直面します。今回は、フリーランスになった時に失敗しないために役立つ記事を集めました。

独立前

会社設立のメリットとデメリットを理解しておく

会社を辞めて事業をはじめようと決意したとき、会社を設立するか個人事業主としてやっていくのか考えなければなりません。メリットとデメリットを理解した上で判断しましょう。

フリーランスの仕事を理解する

既にフリーランスとして働く人はどのような仕事をしているのでしょうか。「フリーランスとして働く」ことが本当にワークバランスを実現する手段なのか、改めてよく考えてみましょう。

所得税を計算する

フリーランスは税額の計算から申告、納付まですべてを自分で行う必要があります。収入と所得の違いや課税所得金額が左右する税率など、基本的な点はしっかり押さえておきましょう。

独立後

国民年金の手続き

正社員として会社に勤務していない個人事業主は、厚生年金に加入することができませんが、日本年金機構の国民年金に加入することで、国民年金第1号被保険者になることができ
ます。

国民健康保険に加入する

自営業者は国民健康保険に加入するのが一般的です。ただし、社会保険から移行する場合、退社の翌日から国民健康保険の保険料請求が発生するなど、速やかな加入手続きが必要です。

青色申告承認申請書を提出する

自分が払う税金を確定させるための確定申告。青色申告をすることによって利益が出た場合の特別控除、赤字のときの納税免除などのメリットを得ることができます。

助成金を申請する

大企業や中小企業のみならず個人事業主も国や地方自治体から助成金を受け取ることができます。返済が必要ないものが主です。

印鑑を制作する

法的に義務付けられてはいませんが、個人事業主は「個人の印鑑」と「事業主としての印鑑」を使い分けることが望ましいです。法人となんら変わりない印鑑を使用することはステータスの面でも信頼の面でも重要な要素となります。

節税のポイントを押さえる

個人事業主が会社設立によって節税の恩恵にあずかることができるのは、課税所得が500万円に到達したときからです。将来売り上げが伸びる可能性があれば、節税効果の見込める準備を始めるとよいでしょう。

マーケティング力を鍛える

フリーランスは自分で自分を売り込まなくては仕事を得ることができません。「収入が安定しない」「仕事が見つからない」という人は「営業マーケティング力」を強化しましょう。

「断る方法」を知っておく

フリーランスの場合、舞い込む仕事をなんでもかんでも「ありがたく引き受ける」というわけにはいきません。自分の身一つで仕事をこなすのですから、割に合わない金額を示される依頼を避けたり、他の仕事の分量や納期を加味して依頼を引き受けることを考えなければなりません。「断る力」は理想のワークバランスを実現するために必要となる重要なものです。

失敗しないためのノウハウ

順調なスタートを切れても、個人事業主がその後直面する困難は多くあります。継続して安定した利益を得るために知っておきたいノウハウです。

まとめ

フリーランスを志望するからには、独立前に知っておかなければいけないことが多くあります。「知らなかった」では済まされない意外な落とし穴も… 基礎知識はしっかり把握して順調なフリーランスライフをスタートさせましょう。

BIZ KARTE編集部

「BIZ KARTE Powered by マネーフォワード クラウド」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



関連するマネーフォワード クラウドシリーズはこちら
マネーフォワード クラウド会計(法人会計ソフト)



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料