マネーフォワード クラウド年末調整 使い方ガイド

ステップ5 住宅ローン控除に必要な情報の入力(従業員用)

概要

このガイドでは、マネーフォワード クラウド年末調整の従業員用画面で「住宅ローン控除」に必要な情報を入力する手順についてご案内します。

全体の流れは、「【2021年度版】マネーフォワード クラウド年末調整の流れ(従業員用)」をご参照ください。

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド年末調整をご利用中のお客さま

目次

全体の流れ

1.「5. 住宅ローン」をクリックする

「年末調整トップ」画面で「5. 住宅ローン」をクリックします。

2.住宅ローン控除の申告の有無を確認する

  1. 「住宅ローン控除の確認をはじめます」という画面が表示されます。
  2. 画面に表示された内容を確認し、該当する場合は「はい」を選択します。
    ※住宅ローン控除は、2年目以降の控除について年末調整で申告できます。

    なお、「はい」を選択した場合は、住宅ローン控除の登録画面に進みます。
    事前に以下のような資料を用意しておくとスムーズに進められます。

    ・住宅借入金等特別控除申告書
    ・住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
    ・住宅借入金等特別控除計算明細書 ※令和元年(平成31年)中に住宅ローンの適用を受けた方

  3. 「はい」「いいえ」という選択肢の下に、税務署や金融機関等から届く証明書のサンプルが表示されます。
    サンプルの下にある「次へ」をクリックします。

3.住宅ローン控除を確認する

  1. 「住宅ローン控除の確認」画面では、住宅借入金等特別控除申告書と借入金残高証明書を見ながら、各項目を入力します。
  2. 入力例については、このガイドの「マネーフォワード クラウド年末調整での入力項目」をご参照ください。

    ※登録する住宅ローンを追加する場合は、「住宅ローンを追加」をクリックして入力欄を追加してください。

  3. 必要な情報を入力したら、「保存して次へ」をクリックします。

マネーフォワード クラウド年末調整での入力項目

お手元の「住宅借入金等特別控除申告書」と「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」を参照し、必要事項を入力します。

住宅借入金等特別控除申告書(見本)
【新様式】

出典:給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書兼(特定増改築等)住宅借入金等特別控除計算明細書の記載例|国税庁

【旧様式】

出典:給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書の記載例|国税庁

住宅借入金等特別控除区分

適用を受けている住宅借入金等特別控除の区分を、「住」「認」「増」「震」から選択します。

「住宅借入金等特別控除申告書」の欄外にある印字「(●年中居住者用)」を参照して選択してください。
※旧様式の場合、「(●年居住者用)」は右下の欄外に印字されています。

欄外の印字区分
「●年中居住者用」の印字がない場合
「●年中居住者用」の印字はあるが、「特定増改築等の費用の額」欄に金額の記入がない場合
「●年中居住者・特例用」と印字されている場合
「●年中居住者・長期優良住宅用」と印字されている場合
「●年中居住者・認定住宅用」と印字されている場合
「●年中居住者用」が印字され、「特定増改築等の費用の額」欄に金額が記入されている場合
「●年居住者・震災再取得等用」と印字されている場合

特定取得区分

特定取得区分では、「対象外」「特定取得」「特別特定取得」のいずれかを選択します。

「住宅借入金等特別控除申告書」の「居住開始年月日」欄に印字された「(特定)」または「(特別特定)」の区分を参照して選択してください。
※「(特定)」または「(特別特定)」が記載されていない場合は、「対象外」を選択してください。

(イ)居住開始年月日

「(イ)居住開始年月日」では、居住を開始した日付を入力します。

「住宅借入金等特別控除申告書」の「(イ)居住開始年月日」欄に印字された日付を入力してください。

住宅借入金等の金額(年末残高)

「住宅借入金等の金額(年末残高)」では、金融機関から発行された「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」を参照して入力します。

なお、こちらは、源泉徴収票の「住宅借入金等年末残高」に反映されます。

(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額

「住宅借入金等特別控除申告書」で計算した「住宅借入金等特別控除額」の金額を入力します。

お手元で「住宅借入金等特別控除額」を計算し、入力してください。
なお、こちらは、源泉徴収票の「住宅借入金等特別控除の額」欄などに反映されます。

<ご注意>
・「住宅借入金等特別控除額」は、お客さまにて計算していただく必要があります。
・令和元年(平成31年)中に住宅ローンの適用を受けた場合、『住宅借入金等特別控除計算明細書』を元に入力と提出が必要です。詳細は以下の国税庁サイトをご参照ください。
年末調整で(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受ける方へ | 国税庁

合計

「合計」には、「控除合計額」が表示されます。
表示された「控除合計額」が控除限度額を超えている場合は、「控除合計額が控除限度額を超えている」にチェックを入れ、「控除限度額」を手入力します。
※控除限度額については、こちらをご参照ください。

借入が複数ある場合について

借入先が複数ある場合は、借入金を合算して「住宅借入金等の金額(年末残高)」に金額を入力します。
「住宅借入金残高証明書」には、それぞれの証明書画像を追加してください。
※「住宅ローンを追加する」の必要はありません。

画像の添付について

「住宅ローン控除の確認」画面では、「住宅借入金等特別控除申告書」や「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」の画像を添付することが可能です。

  1. 各証明書ごとに表示されている「画像を追加」をクリックします。
  2. 「ファイルを選択」をクリックし、添付する画像を選択します。
    複数の画像を追加する場合は、「画像を追加」をクリックしてください。
    ※不要な画像は「削除」ボタンで削除することができます。


以上で「住宅ローン控除」に必要な情報の入力は終了です。

「【2021年度版】マネーフォワード クラウド年末調整の流れ(従業員用)」を参照の上、申告書の提出を行ってください。

更新日:2022年03月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: